Read Article

ハワイにairbnbで泊まりたい人が知っておくべきポイント

ハワイにairbnbで泊まりたい人が知っておくべきポイント

今回は、ハワイにairbnbで泊まりたい人に向けてのお役立ち情報をご紹介します。

これまでこのサイトでは、airbnb利用したハワイ滞在について、複数の記事でご紹介しています。それらの記事を踏まえつつ、airbnbを初めて利用したい人が知っておくべきポイントをご紹介します。

airbnbでハワイに泊まる魅力

では早速始めましょう。まずairbnbでハワイに泊まる魅力からご紹介しますと。その魅力は、やはり何と言っても、ホテルに泊まるのとは違った体験ができる点にありますね。

例えば、カイルアの一軒家に泊まってみたり、カカアコの高級コンドに泊まってみたりです。それぞれ、次の記事でその魅力をご紹介しています。

これらの記事のうち、カカアコの方の記事では、「お得に泊まれる」というお得感もairbnbの魅力としてご紹介しています。具体的には、ワイキキだったら考えられないような予算で、高級グレードの部屋に泊まれているんですね。

加えて。その物件のホストとの相性次第ではありますが、そのホストとのコミュニケーションをとれる楽しさも、airbnbの魅力としてご紹介しています。

このように、airbnbで宿泊するハワイ旅行は、ホテルに泊まるとは違った体験ができ、それが魅力なんですね。

実際、airbnbでハワイに泊まっている日本人旅行客はかなり多く、その数を調べてまとめたのが次の記事です。

こんなにあった!airbnbで日本人が泊まったワイキキのお得な部屋

短期貸しの貸切物件にはリスクがある

このように、ホテルとは違った魅力があるairbnbでのハワイ旅行ですが、一方でリスクもあります。より正確には、短期貸しの貸切物件に滞在する場合に、ハワイの法的な背景からリスクがあります。

詳しく述べますと。まずairbnbでは、ホームステイ的に共有して滞在できる物件の他、貸切で借りられる部屋もあるんですね。で、airbnbでハワイの物件を見ると、貸切で使えるコンドミニアムの部屋が結構たくさん出てきます。

一方で。ハワイでは、Zoningという法律で、そのエリアに泊まれる最低宿泊期間が厳しく管理されているんですね。なので、全ての物件の部屋が、旅行者向けに「1週間」のような短い期間で貸せるわけではないんですね。ところが、その法律を守らず、違法にairbnbで貸しちゃっているコンドミニアムの部屋があるわけです。

で。これはマウイ島での話ですが、実際にairbnbで違法に短期間で貸し出しをしていた物件が、営業停止の命令を受けたこともあります。

他、ワイキキのコンドミニアムでは、次のような体験をしている人もいます。

「実際に訪れてみると、まず予約した最初の部屋は、改装中で使えない。その後、同じオーナーが持つ別部屋を案内され、その部屋利用しようとしたら、そのブロックの管理責任者に警察を呼ばれる。」

ちなみに管理責任者が警察を呼んだ理由は、「その物件が違法貸し出し物件だから」とのことでした。英語となりますが、次のリンクからStephenさんのレビューを読むと、その体験を読めます。

airbnbでのStephenさんの体験を読む

ハワイでairbnbを利用する場合、以上のようなリスクがあることを知っておいたほうが良いです。なので、ホストのいる部屋を共有して泊まるほうが、この点では安心して利用できます。

それ以外に安心して利用する方法としては、短期貸しOKの物件を利用するという方法もあります。例えば、トランプタワーのように元々旅行者向けに短期貸しがOKとわかっている物件であれば、airbnbで貸切で借りてもリスクは少ないだろう、という考えですね。

詳しくは次の記事でご紹介しています。

airbnbでハワイのコンドミニアムに安心して泊まれる物件の見分け方

レビュー数が多く、平均点が高い物件がオススメ

以上のようなリスクはあるものの、やはりairbnbで泊まるハワイ旅行には魅力があります。で、良い物件の選び方をご紹介しますと、レビュー数が多く、平均点が高い物件がオススメです。

当然と言えば当然のことなので、その理由を改めて説明するまでもないですよね。

ただ、中にはレビュー数が多いのに平均点が5点満点という、スペシャルな物件があります。上でご紹介したカカアコの高級コンドミニアムがまさにそのような評価の物件だったのですが、実際に宿泊した体験も素晴らしいものとなっています。

ハワイの場合は予約から英語、けど難しくない

で。airbnbで実際に予約する時ですが、その物件のホストとは、英語でコミュニケーションをとるのが基本です。

中には、日本人オーナーが管理する物件で、日本語で連絡が取れるオーナーの物件もありますが、そのような物件の数は限られます。なので、英語でやりとりする前提で考えたほうが良いです。

で。その時に使う英語ですが、実はそれほど難しくありません。中学生レベルの英語で十分コミュニケーションをとることができます。そのあたりを、具体的な英文例を示しつつご紹介しているのが次の記事です。

中学校レベルで大丈夫!ハワイにairbnbで泊まるのに必要な英語力

また、この記事では、予約だけではなく、実際にハワイを訪れた時に必要になる英文例もご紹介しています。なので、英語が苦手だけど、airbnbでハワイに泊まりたい人に役立ちます。

チェックイン前の連絡用に携帯・スマホを準備するべき

最後に。airbnbでハワイ旅行をする時ですが、チェックイン前の連絡用に携帯電話やスマホを準備するべきです。

なぜかというと、airbnbでは、原則として、ホストと決めたチェックイン時間を守る必要があるからです。ホテルの場合は、予定のチェックイン時間からずれても問題ありませんが、airbnbの場合は問題があるんですね。

なぜかというと、ホテルと違い対応してくれる人が、ホストだけだからです。そのため、万が一予定のチェックイン時間に遅れそうな場合は、マメにホストに連絡をする必要が出てきます。その手段として、ハワイで使える携帯電話やスマホがあると便利なんですね。

逆に、携帯などの連絡手段がなく、チェックイン時間に遅れそうな状況になると、「無断でホストを待たせることになる・・・」とハラハラした心境になるんですね。なので、airbnbを利用する場合は、ハワイ現地で使える携帯電話やスマホを準備するべきです。

ヒデ

2008年の初ハワイ旅行をきっかけに、家族旅行、仕事のために一人で出張、短期滞在、長期滞在、など様々なシチュエーションでハワイを訪れています。その経験を共有し、これから初ハワイ旅行の人に役立てたいと考え、このサイトを立ち上げました。
ヒデよりご挨拶

Return Top