はじめてのハワイ旅行

5歳児と1歳児連れのハワイ島旅行の航空券をどのように手配したか?

5歳児と1歳児連れのハワイ島旅行の航空券をどのように手配したか?

今回は、小さい子供連れでのハワイ島へのハワイ旅行を検討している人に伝えたい情報です。

私は、2019年8月に、5歳児と1歳児(5ヶ月)と妻の4人でハワイ島に滞在ました。

ご参考として、この時の航空券をどのように手配したかをご紹介します。

手配にあたっての条件

では、このハワイ島旅行での航空券の手配にあたり、私がどのような条件を前提としていたかからご紹介ます。

まず、利用する空港として、日本側の空港は、成田か羽田発の便の希望でした。またハワイ島では、西側にあるコナ空港まで行く必要がありました。宿泊先となる、コナ・コースト・リゾートから最寄りの空港がこの空港だったからです。

今回、この「成田または羽田-コナ空港間の航空券」を手配するにあたり、最優先の条件と考えていたのが、「エコノミークラスの先頭座席を確保できるか」ということでした。

というのも、その場合、1歳児がバシネットを使える可能性があるからです。また、仮に身長・体重の条件などで使えなかったとしても、1歳児がぐずった時に、先頭座席だとパッと立ってあやしやすいことを、これまでのハワイ旅行で学んでいました。

この「先頭座席を確保できるか」という条件を最優先し、その中で一番価格が安い航空会社の航空券を手配することにしました。つまり、「東京ーコナ間において、希望する日程で、私・妻・5歳児の3席分のエコノミークラスの先頭座席が確保できる航空会社の航空券」という条件で探したわけですね。

なので、「どの航空会社か」や「コナ空港まで直行便か」などは、こだわらずに探しました。

コールセンターで探してもらうのが簡単

以上の条件を満たす航空券を探すにあたり、希望する日程で一番価格が安い航空会社を探すには、Googleフライトで調べると簡単でした。

Googleフライトでは、出発地点を東京に、目的地をコナ空港にすると、成田・羽田発着のコナ空港までのフライトを航空会社を横断して検索できるからです。そして、2019年8月の私の希望する日程では、ハワイアン航空が一番安い航空券を提供していることがわかりました。

そこで、ハワイアンで、エコノミークラスの先頭座席を3席確保できる便があるかを確認することにしました。確認するにあたり、私は、ハワイアン航空のホームページではなく、コールセンターに電話して、オペレーターの人に探してもらう方法を取りました。

というのも、ハワイアン航空において、2歳児未満の子供と同乗する場合、コールセンターに電話をする必要が元々あったからです。その事実は、ハワイアン航空公式サイトのお子様連れのお客様ページの次の記述から確認できます。

2歳未満のお子様(幼児)が同伴者の膝の上に座る場合でも航空券が必要になります。その際は、必ずハワイアン航空コールセンターまでご連絡ください。

「どうせ電話をすることになるなら、バシネットが使える席が確保できる便があるかから探してもらおう」と考えたわけですね。そして、実際にコールセンターに電話をしてよかったです。

というのも、私の希望する条件の「成田か羽田発着のコナ空港までの往復、エコノミークラスの先頭座席が並びが確保できる、しかも、バシネットが使えるはずの機材」という便をオペレーターの方が、サクッと見つけてくれたからです。しかも、複数見つかった条件に合う便の中でも、一番航空券代が安く済むものをご提案してくれました。

一方、これをハワイアン航空の公式サイトで自力で探すとなると、意外と手間がかかることをこれまでの経験から私は知っていました。空席を一便一便確認する必要があるからです。というわけで、コールセンターのオペレーターに電話してよかったです。

ハワイアン航空のホノルル経由の便となる

ハワイアン航空のコールセンターに電話をし、最終的に見つけてもらった便は、直行便ではなく、オアフ島のホノルル空港経由の便となりました。

利用する空港としては、行きは、羽田ーホノルルーコナ、帰りは、コナーホノルルー成田、という結果になりました。

行きは羽田発で、帰りは成田着という面白い組み合わせになりましたが、私の希望する条件で、「エコノミークラスの先頭座席を3席確保できる」という条件を優先すると、このような便しか見つからない状況となりました。

スポンサーリンク




関連コンテンツ



スポンサーリンク




Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE