Read Article

見学して感じたアラモアナ・ホテルの日本語対応具合

見学して感じたアラモアナ・ホテルの日本語対応具合

今回は、ハワイ旅行の宿泊先として、アラモアナ・ホテル・バイ・マントラ(以下、アラモアナ・ホテル)を初めて検討している人に伝えたい情報です。

私は、2018年1月に仕事でオアフ島を訪れた際に、このホテルのスタッフのご案内の元、ホテル内を見学させてもらう機会を得ました。その時に感じた、このホテルの日本語対応具合をご紹介します。

ただ、あくまで見学しただけで、実際に宿泊したわけではありません。ですが、見学だけでも、このホテルの日本語対応具合について、大分わかりました。

ロビーのベルデスクは英語が必要

このホテルのロビー階には、フロントとは別に、ベルデスク(コンシェルジュ?)があります。

場所としては、ホテルの正面玄関を入ってすぐ右手くらいです。このホテルのロビーには、スタバが入っているのですが、そのスタバの向かいくらいにそのベルデスクがあります。

そして、私がこのホテルを見学に訪れた際ですが、そのベルデスクにいたホテルのスタッフに、近くにあるビルまでの行き方をたずねる機会がありました。ホテルの見学前に、ホテルの近くでちょっと寄りたい場所があったからです。

その時のベルデスクのスタッフとのやりとりは、すべて英語が必要になりました。英語で質問し、英語で回答が来る結果となったということですね。

フロントには日本語対応スタッフがいる

その後、このホテルのスタッフのご案内の元、ホテル内を見学させてもらうことになりました。ちなみに、ご案内いただいた方は、日本語がバッチリな方でした。つまり、ホテル内のご案内は、日本語で行っていただけました。

このご案内は、ロビー階のフロント前から始まり、レストラン、共用設備(ジムやプール)を見学しつつ、空いている客室を見せていただく、というツアー形式でした。

そして、ロビーをご案内いただいた時にわかったのが、「このホテルのフロントには、日本語対応スタッフがいる」という点です。私が、見学したときは、フロントのカウンターに、日本語対応の女性スタッフがいました。

そのスタッフが、常駐しているのかまでは確認しなかったのですが、おそらく、常駐しているような雰囲気でした。というわけで、チェックイン、チェックアウトなどをフロントでする際には、そのスタッフがいるときは、日本語でも心配ないことがわかりました。

また、フロントに日本語対応スタッフがいるということは、客室からフロントに電話で何かお願いしたい際も、「ジャパニーズスピーカープリーズ」で、日本語で対応してもらえることを意味します。この点でも嬉しいサービスと感じました。

どちらかというと英語が必要

そして、フロント前から、ロビー階にあるレストランや、共用設備のジムやプールなどを見学したわけですが、以降の印象は、特別に日本語対応があるようには感じませんでした。

ちゃんと見ると、例えば、日本語で書かれた案内などがあったのかもしれません。ですが、少なくとも、共用設備の各所に日本語ができるスタッフがいるという印象は、受けませんでした。

つまり、フロントの日本語対応スタッフ以外は、基本、英語でやりとりする必要があると感じました。なので、このホテルの全体としては、「どちらかというと英語が必要」と感じました。ただ、この辺りの事情は、日本人旅行者が多いワイキキのホテルでも同じです。

むしろ、ワイキキを離れたこのホテルで、フロントに日本語対応スタッフがいることは、とても嬉しいとも感じました。ワイキキを離れたホテルでは、全く日本語対応がないとしても、不思議ではないからです。

Return Top