Read Article

アラモアナセンターの2つのフードコートの使い分け方

アラモアナセンターの2つのフードコートの使い分け方

今回は、初めてのハワイ旅行でオアフ島のアラモアナセンターを訪れる人にお伝えしたい情報です。

そのような人の中でも、「アラモアナセンターのフードコートで食事を取りたい」と考えている人をイメージしています。

そ今回お伝えしたいのは、「アラモアナセンターには、フードコートが2つあるので、こう使い分けるといいよ」と言うノウハウです。

大きなフードコートが2つある

この記事を書いている2017年2月現在、アラモアナセンターには、大きなフードコードとして次の2つがあります。

  1. MAKAI MARKET FOOD COURT
  2. Shirokiya ジャパン・ビレッジ・ウォークの屋台村

MAKAI MARKET FOOD COURT(以下、単にMAKAI MARKET)は、アラモアナセンターの1Fの中心部にあるフードコートで、中華料理、タイ料理、ハワイ料理、ハンバーガー店など様々な料理が楽しめるほか、Coco壱や長崎ちゃんぽんのような日本のチェーン店なども出店しています。

一方、Shirokiya ジャパン・ビレッジ・ウォークの屋台村(以下、単に屋台村)は、アラモアナセンターのEWA WINGという端っこの1Fに立地しています。

そして、飲食店としては、日本食を中心に出店しています。ただ、ここで言う、「日本食」とは、うどんやそば、寿司と言った「和食」に限定した意味ではありません。

屋台村には、それらのほか、ラーメン屋、カレー屋、ピザ屋、パン屋、ステーキ屋などもあります。ただ、そのような店も、日本で食べられる感じの料理が期待できる飲食店というわけです。

ハワイ旅行中、何度かアラモアナセンターを訪れる場合は、この2つのフードコートのどちらも利用するチャンスがあります。が、実際のところ、4泊や5泊の旅程であることが多い初ハワイ旅行では、そう何度も行けませんよね。

なので、これらの使い分け方を知っておくと役立ちます。

また、この2つのフードコート間の距離ですが、歩くと意外にあります。なので、例えば「屋台村の店をチェックしてから、MAKAI MARKETを見てみよう」とすると、結構な距離を歩くことになって大変です。

そのため、どちらに行くか事前にある程度目星をつけておくと良いです。

MAKAI MARKETがオススメな人

では、MAKAI MARKETと屋台村の使い分け方をご紹介します。まず、MAKAI MARKETがオススメな人をご紹介すると、次の通りです。

  • 初めてアラモアナセンターを訪れる人
  • ハワイ旅行の序盤にアラモアナセンターを訪れる人

なぜこれらの人に、MAKAI MARKETをオススメするのかと言いますと。まず、初アラモアナセンターの人に、MAKAI MARKETをオススメしたいのは、その立地がわかりやすいからです。

アラモアナセンターは、とても広いショッピングセンターです。加えて、MAKAI MARKETのある1Fは、直接繋がっていないエリアがあるなど、ちょっと入り組んだ複雑な構造をしています。そのような中でも、MAKAI MARKETは、アラモアナセンターの中心部にあるため、初めてでも訪れやすいです。

一方、屋台村は、2Fに上ってEWA WINGまで移動し、そこから下る必要があります。そのため、初アラモアナセンターの人には、MAKAI MARKETほど簡単にアクセスできません。

次に、ハワイ旅行の序盤にアラモアナセンターを訪れる人に、MAKAI MARKETをオススメしたい理由をご紹介しますと。

MAKAI MARKETの方が、日本で見たことがない感じの料理を扱う店が多いからです。そのため、フードコートを利用するとはいえ、MAKAI MARKETを利用した方が、「ハワイ旅行をしている感」があります。

一方、屋台村は、そこに出店している店の料理が、「日本にいるのか」と錯覚するくらい、本当に日本っぽいんですね。

そのため、ハワイ旅行の序盤で、まだ、日本の記憶が鮮明な状況で訪れてしまうと、例えば、「ハワイに来てまでラーメンというのも、どうなんだろうか?」と感じてしまいます。

屋台村がオススメな人

つまり、屋台村がオススメな人は、ハワイ旅行の後半にアラモアナセンターを訪れる人です。

ハワイ旅行の後半では、MAKAI MARKETに出店しているようなハワイのチェーンの飲食店は、多かれ少なかれ見慣れている状況になります。なぜなら、旅行中、別の場所でも、そのような飲食店を見かけることになるからです。

場合によっては、そのような店の料理を食べている可能性もありますよね。なので、ハワイ旅行の後半には、MAKAI MARKETの飲食店から感じる物珍しさが減り、「ハワイ旅行をしている感」も得にくくなっているわけです。

また、ハワイ旅行の後半には、「日本の料理が食べたいな」と、日本の食事が恋しくなってくるものなんですね。ハワイ旅行中に、味付け濃いめ、油多めの外食をする頻度が高くなるからです。

そのような時に、屋台村で、うどんやおにぎりと言ったあっさりした料理が食べれるとありがたいわけです。

このような事情から、屋台村は、ハワイ旅行の後半にアラモアナセンターを訪れる人にオススメします。

Return Top