Read Article

要注意!ハワイでクレジットカードが使えないケース

要注意!ハワイでクレジットカードが使えないケース

今回は、初めてのハワイに行く人へのお役立ち情報として、ハワイでクレジットカードが使えないケースをご紹介します。

ハワイ旅行でオアフ島のワイキキ滞在する場合は、ほとんどのお店でクレジットカードでの支払いが可能です。むしろカードを使えない店を探すのが難しいくらいカードが普及しています。

その一方で。中には現金しか使えない店、使えないサービスがあるのも事実です。今回ご紹介するのは、そのような現金しか使えない具体例です。

小さめの飲食店や屋台形式の店

まず、ハワイで現金しか受け付けないお店として、小さめの飲食店や屋台形式の店があります。たとえばワイキキの中でも、現金しか受け付けないお店はあります。

そのようなお店の例を挙げると次のとおりです。

ほか、マカダミアナッツソースのパンケーキで有名なカイルアのブーツ&キモズなども、クレジットカードが使えず現金払いのみとなっています。

屋台形式の店には、いくつか種類があります。たとえばファーマーズマーケットに出店しているブースや、大型バンのキッチンカーです。そのような屋台形式の店では、カードが使えない場合が多いです。

大型バンのキッチンカーでは、たとえば、ノースショアのGiovanni’s Shrimp Truckが有名ですね。この店では、やはりクレジットカードを使うことができません。

ハワイの飲食店でカードが使えるかを確認する方法

で、実際にお店を訪れてから、「カードが使えないの?」となると困りますよね。そこで、「ハワイの飲食店でカード払いができるかどうか」を簡単に確認する方法があります。

それは、「Yelpを使ってお店の情報を調べる」と言う方法です。実は上で挙げたお店の名前のリンク先は、Yelp上のそのお店のページとなっています。どのお店でもいいので、1つ上で紹介したお店のリンクを開いてみてください。

すると、そのお店のYelpのページが開きますよね。そしたら、そのYelpのページの右側のサイドバーを見てください。そこに、「クレジットカード使用可」と言う項目があるはずです。

そして、その項目が「いいえ」となっているお店では、クレジットカードを使えないことがわかります。

枕銭と手渡しするチップ

次に。宿泊先のホテルで、ベットメイキングのお礼として置く枕銭や、「荷物を部屋まで運んでもらった」などのサービスに対するチップは、クレジットカードで支払うことができません。

この場合は、ホテルの格に応じた相場の枚数分、現金の1ドル札でチップを払うことになります。一方で飲食店でのサービスに対するチップの場合。クレジットカードが使える店では、現金を準備する心配はありません。チップもクレジットカードで支払えるからです。

ちなみに、チップ用の1ドル札を簡単に準備する方法があります。それは、自分が宿泊しているホテルのフロントで両替してもらうことです。たとえば、10ドル札をホテルのフロントに持って行き、「10 dollars, please. (テン ダラーズ プリーズ)」と言えば、1ドル札10枚に両替してもらえます。

一部のタクシーの運賃

次に。タクシーを利用した場合、その運賃の支払いに現金しか使えない場合があります。

一方で。一部のタクシーはクレジットカードに対応しているそうです。「そうです」と言うのは、私自身は、ハワイのタクシーの運賃をクレジットカードで支払った経験が今の所ないからです。

なので、もしカードでタクシーの運賃を払いたい場合は、乗る前に「カードが使えるか」をそのドライバーに確認すると良いですね。

一部のコインランドリー

次に。ハワイ旅行中に洗濯をしたい場合、ワイキキでは街中のコインランドリーや、ホテル内のランドリールームを利用することができます。

で、その名の通りコインランドリーなので、それを利用するためには基本的に、25セント硬貨で支払うことになるわけです。

洗濯1回の利用料は、最低でも$1.5を下回ることはありません。また乾燥機も同じくコインで利用するので、それなりの枚数の25セント硬貨を準備する必要があります。

25セント硬貨の準備方法は、1ドル札と同じようにホテルのフロントで簡単にできます。オススメなのは、10ドル札をフロントに持って行き、「Quarters, please. (クォーターズ プリーズ)」と伝えることです。

こうすると40枚の25セントコインを1まとめにした筒に両替してくれます。コインが余った場合は、フロントで逆に紙幣にも両替できますので、心配ありません。

ちなみに。最近のハワイのコインランドリーですが、一部では、クレジットカードで洗濯機や乾燥機を利用できるようになっています。なので、その場合は、今回ご紹介したようにわざわざコインを用意する必要がありません。

ダイヤモンドヘッドの入場料とハナウマ湾の駐車料

次に。これはもしかするとカードで払えるのかもしれませんが、小額なので私はカードで払う気にならなかったものとして。ダイヤモンドヘッドの入場料とハナウマ湾の駐車料があります。

ダイヤモンドヘッドの入場料は、車の場合1台5ドル、徒歩の場合1人1ドルです。ハナウマ湾の駐車料は、1台1ドルです。

ダイヤモンドヘッドもハナウマ湾も駐車場の入場口にゲートがあり、そこの受付のスタッフにこれらの料金を支払うことになります。ご紹介した通り、$1や$5と小額なので、私は現金でしか払ったことがありません。

ただ、なんとなくですが、これらの料金はカードで支払えなさそうな雰囲気ではあります。

一部のガソリンスタンド

次に。ハワイの一部のガソリンスタンドでは、日本で発行されたクレジットカードが使えない場合があります。

ただ、これは正確には、支払いにクレジットカードが使えないのではなく、「セルフ式の給油スタンドのポンプを有効にする」行為に日本のクレジットカードが使えないと言うことです。

なので。日本のクレジットカードで、ポンプを有効にできなかった場合は、お店のスタッフに「日本のクレジットカードだからポンプが有効にならない」と伝えて、使いたいポンプの番号を伝える必要があります。

ポンプを有効にしてもらい給油が終わったら、支払いはお店のスタッフがいるレジにて行うことになります。この時には、日本で発行したクレジットカードでも支払うことができます。

TheBusの運賃・コインパーキング・サーフボードのレンタル料

最後に、細々としたところで。TheBusの運賃はカードで支払うことができません。

またコインパーキングの料金も、当然ですがカードで支払うことができません。ただ、最近では、ハワイでもクレジットカード払いに対応したスマートメーターが導入されている場所もあります。

ほか、サーフボードのレンタル業者のうち、ワイキキビーチのテントで板を貸し出している業者では、おそらくカードで支払うことができないはずです。

ただ、これは私がそう思い込んでいるだけで、実際にはカードも受け付ける可能性もあります。なので、カードで支払いたい場合は、借りようとする前に、直接スタッフに聞いてみるのが良いですね。

ヒデ

2008年の初ハワイ旅行をきっかけに、家族旅行、仕事のために一人で出張、短期滞在、長期滞在、など様々なシチュエーションでハワイを訪れています。その経験を共有し、これから初ハワイ旅行の人に役立てたいと考え、このサイトを立ち上げました。
ヒデよりご挨拶

Return Top