Read Article

ハワイでプリペイドSIMを使うリピーターに伝えたい注意点

ハワイでプリペイドSIMを使うリピーターに伝えたい注意点

今回は、ハワイ旅行にSIMフリーの携帯やスマホを持ち込む人のうち、以前、それをしたことがある人に伝えたい注意点です。

要するに、ハワイ旅行のリピーターで、それまでの旅行に、ハワイ現地のプリペイドSIMを使ったことがある人をイメージしています。

で、お伝えしたいのは、「前回と同じ端末、プリペイドSIMの組み合わせでも、次のハワイ旅行では、機能しないことがあるから気をつけて」ということです。

なぜかというと、アメリカのキャリア側が提供する、サービス内容が変わっていることがあるからです。そのため、「前回使えたから」という理由で安心せずに、キャリア側の最新情報を把握しておくことをオススメします。

キャリア側がサービス内容を変更した具体例

では、具体的に、アメリカのキャリア側がサービス内容を変更した具体例として、どのようなものがあるかというと。

例えば、ハワイで使える大手キャリアの1つであるAT&Tは、2016年12月31日で、2G GSM 850/1900MHzの周波数帯を利用できないように、そのサービス内容を変更しました。

その詳細は、次のAT&Tの公式サイトの記事で確認できます。

AT&T 2G GSM 850/1900MHz network shutdown

これによって、当然ですが、この周波数帯しか使えない端末は、AT&TのSIMを利用できなくなります。

実際、そのような端末は、この記事を書いている現在、旧機種のものと言えます。一方で、「通話だけで十分」などの理由から、そのような端末をハワイ旅行で使っていた人もいますよね。

そのキャリアを使うMVNOも影響を受ける

で、このようなキャリア側のサービス内容の変更は、そのキャリアが提供するサービスだけではなく、そのキャリアを利用するMVNOのサービスにも影響があるのでご注意ください。

引き続き、AT&Tで例をあげますと。まず、AT&Tで、日本人旅行者が使えるプリペイドSIMのサービスとしては、GoPhoneというサービスがあります。これは、アラモアナセンターやカハラモールのAT&Tの窓口に行けば、日本人旅行者でも契約できます。

次に、このAT&TのMVNOとして、日本人旅行者が利用しやすいプリペイドSIMとしては、H2O Wirelessというものがあります。なぜ日本人が利用しやすいかというと、このサービスは、日本において、そのSIMを入手しやすいからです。

そして、このH2O Wirelessは、AT&Tのサービス内容の変更の影響を受けてしまいます。AT&Tの電波を利用するMVNOだからです。

H2O Wirelessのカバーエリアを見る

上のリンク先は、H2O Wirelessの公式サイトで確認できる、その電波のカバーエリアです。で、「View Coverage by Device Type」を選択すると、2Gの電波のエリアが確認できるのですが、今現在は、アメリカのどこでもサポートしていないことがわかります。

つまり、AT&Tと同様、H2O Wirelessでも、2Gが使えなくなっていることがわかります。

アクティベーション方式を変えたZIP SIM

ここまでは、AT&TとそのMVNOであるH2O Wirelessの話でしたが、別のキャリアでも、サービス内容の変更があった例があります。

具体的には、T-MobileのMVNOであるZIP SIMで、「アクティベーション方式が変わる」ということが、2016年の11月にありました。それによって、以前のアクティベーションの仕方に慣れていた人は、ちょっと混乱する事態が起きています。

ZIP SIMでは、その2016年11月の変更以前は、自分が訪れるアメリカのエリアのZIP CODEをSMS(TEXT)で送信し、それでアクティベーションする方式をとっていました。オアフ島のワイキキを訪れるなら、ZIP CODEとして、例えば「96815」と送ればよかったわけです。

このようにZIP CODEを送るだけで、アクティベーションされる手軽さが、サービス名のZIP SIMの由来だったと言えます。

そして、2016年11月からは、そのZIP CODEの送信作業さえ不要になり、SIMフリーのスマホにSIMを差し込んだら、自動的に認識される仕組みになっているんですね。

一方で。このように変更される以前に製造されたSIMのパッケージには、ZIP CODEを送信するという、古いアクティベーション方法が記載されています。ので、この変更の事実を知らない人は、混乱することになるんですね。

以上、ご紹介してきたように、アメリカのモバイル事情は、キャリア側がサービス内容を変更していることが、意外とあります。なので、「前回の旅行で使えたから」と安心せずに、「その端末とSIMの組み合わせで、ハワイで使えるのか」を常に確認することをオススメします。

Return Top