はじめてのハワイ旅行

ダイヤモンドヘッド山頂の迂回ルート側の魅力

ダイヤモンドヘッド山頂の迂回ルート側の魅力

今回は、ハワイ旅行でオアフ島のダイヤモンドヘッド登山を初めてする人に伝えたい情報です。

お伝えしたいのは、ダイヤモンドヘッド登山において、山頂近くの迂回ルート側には、「こんな撮影スポットがありますよ」というその魅力です。

迂回ルートを全く歩かない可能性

私は、直近では、2018年1月にダイヤモンドヘッド登山をしました。その時は、土曜日の午前10時台に訪れたためか、ダイヤモンドヘッド登山において、特に山頂付近がとても混雑する状況となりました。

そして、その混雑ぶりから、「ダイヤモンドヘッド山頂において、迂回ルートを全く歩かない人がいる可能性があるな」と感じました。というのも、ダイヤモンドヘッド山頂近くにおいて、迂回ルートではなく、急な階段の方のルートの階段に長い行列ができているのを見かけたからです。

具体的には、次のGoogleストリートビューで確認できる階段のところです。

Googleストリートビューでダイヤモンドヘッド山頂近くの急な階段のルートを見る

私が2018年1月に訪れた時は、この階段で上り方向に長い行列ができているのを見かけました。この記事のトップの写真の通りです。そして、「初ダイヤモンドヘッドの人であれば、この行列を見ると、急な階段のルートだけが正しい順路と思ってしまうのではないか」と思ったわけです。

つまり、「迂回ルートを通れる可能性に気づかず、急な階段側のルートだけでダイヤモンドヘッド登山を終えてしまう人がいるのではないか」と感じました。

迂回ルート側独自の撮影スポットがある

実際には、ダイヤモンドヘッド山頂では、急な階段のルートでも迂回ルートでも、どちらを通っても山頂まで行けます。ご参考に、次のリンクは、上でご紹介した急な階段ルートの真後ろを見た様子です。

Googleストリートビューで迂回ルート側の様子を見る

こちらから行くと、ちょっと回り道にはなりますが、急な階段ルートよりは楽なペースで、ダイヤモンドヘッド山頂までアクセスできます。

そして、今回特にお伝えしたいのは、「この迂回ルート側にも、途中、撮影スポットとなる良い景色がある場所がありますよ」ということです。その景色のいくつかをGoogleストリートビューでご紹介すると次の通りです。

このように、ダイヤモンドヘッド山頂の迂回ルートでは、東側の景色をバーンと見られる場所がいくつかあります。加えて、急な階段のルートよりは一般的に混雑しにくいので、このような景色を背景に記念写真を取りやすい撮影スポットとなります。実際、「ダイヤモンドヘッド迂回ルートの良い景色の場所の様子2」では、そのように記念撮影している人の様子が確認できますよね。

進入禁止の場所に注意

また、迂回ルートで山頂を目指している途中、次の場所で記念写真を撮っている人を見かけるかもしれません。

ダイヤモンドヘッド迂回ルートで記念撮影している人をたまに見かける場所

上のストリートビューを見るとよくわかるのですが、柵を越えた先にあるコンクリートのところがあります。そこで、記念撮影している人が意外といます。

迂回ルート途中にある進入禁止の柵の先で記念撮影をする人の様子
迂回ルート途中にある進入禁止の柵の先で記念撮影をする人の様子、危険なのでやめた方が良い

このコンクリートのところは、周りに遮るものが全くなく、ここで撮影したくなる気持ちは良くわかるのですが、それはやめたほうが良いです。というのも、手前の柵のところに、「この先に進むな。戻るべし。」という看板があるからです。

おそらくですが、滑落する危険があり、それで侵入が禁止されているのだと思われます。ので、無理せず、柵のうちの安全な範囲で記念撮影するのがオススメです。

スポンサーリンク




関連コンテンツ



スポンサーリンク




Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly