Read Article

ハワイでは日本人旅行者だとバレやすいのか?

ハワイでは日本人旅行者だとバレやすいのか?

今回は、初めてのハワイ旅行にあたり、旅行中の治安が心配な人に伝えたい情報です。

お伝えしたいのは、ハワイにおいて「日本人旅行者だとバレやすいのか?」と言う点です。結論から言うと、バレやすいので、犯罪者に狙われないように気をつけて行動した方が良いです。

ハワイで旅行者が狙われる理由

2017年11月、オアフ島にて、日本人旅行者が被害にあった衝撃的な事件がありました。それは、ワイキキからダイヤモンドヘッドの近くにあるカピオラニ・コミュニティ・カレッジまで自転車で向かっている日本人旅行者5人が、強盗致傷被害を受けたものです。

その事件を受けて、在ホノルル日本国総領事館から、「ワイキキにおける強盗致傷事件発生に伴う注意喚起」と言う緊急メールが発行されました。そして、そのメールの中に、ハワイにおいて、旅行者が狙われやすい理由が記述されていました。引用すると次の通りです。

犯罪者らは、外観から旅行者かどうかをすぐに見抜き、旅行者が確率的に高額な金品を所持している可能性が高いことや、犯行後に逮捕されても、煩雑で再度のハワイ訪問を要する裁判手続を旅行者が嫌って法廷証言に出頭せず、結果として無罪判決を得やすいことを承知のうえ、旅行者をターゲットとして狙う傾向があります。

つまり、旅行者は、高額な金品を持っている可能性が高い上、逮捕されても裁判になる可能性が低いため、狙われやすいと言うことですね。

日焼けしていなさでバレる

そして、犯罪者らは、外観から旅行者かを判断している、と言うこともわかります。この事実を知ると、心配になるのが、「果たして、自分は、ハワイ旅行中、日本人旅行者だとバレやすいのか?」と言う点です。バレやすければ、狙われやすくなるからです。

結論から述べると、ハワイにおいて日本人は、その外観から日本人旅行者だとバレやすいです。そのバレやすくなる外観の特徴として、例えば、「日焼けのしてなさ」があります。

私が出張でハワイを訪れた時に、久々にあったハワイ在住者の方々に言われることとして、「いや〜、白いね」と言うことがあります。実際のところ、日本において私は、特別、肌が白いほうではありません。ですが、ハワイにおいては、そう言われます。

実際、私が仕事上で付き合いのあるハワイ在住の日本人男性は、例外なく、日焼けしています。なので、男性で日焼けしていないと、旅行者だとバレやすいです。女性の場合は在住者でも、中には日焼けしないように気をつけている人もいますが、やはり日本から来る旅行者の女性に比べると日焼けしている人が多いです。

というわけで、ハワイでは、「アジア系の外見で日焼けしていない」と言う時点で、旅行者だとバレやすくなります。

ファッションの違いでバレる

また、肌の日焼け具合以外にも、着ている服のファッションの違いでも、バレやすいです。

オアフ島のワイキキを訪れ、メインストリートとなるカラカウア通りを歩いてみると、「あっ、この人は、おそらく日本人旅行者だろうな」という人は、すぐにわかります。例えば、女性の場合は、おしゃれで質の良い服を着ていることから、そう判断しやすいです。また、「日焼けしたくない」と言う心理から、長袖を羽織っている女性も多く、その様子からもわかりやすいです。

この記事のトップの写真は、ダイヤモンドヘッドのゲートに向かう道路を歩いている人の様子です。服装から、後ろ姿でも「おそらく、この人は日本人女性だろうな」と言う人が、わかりますよね。

男性の旅行者の場合は、Tシャツにハーフパンツなどカジュアルな服装の人も多いのですが、やはりわかります。カジュアルな服装でも、日本人旅行者は、細身でシュッとした感じのデザインの服を着ていることが多いからです。

私の知っている日本人在住者の男性の服装は、同じTシャツとハーフパンツでも、もっとダボダボと言うか、ゆったりした感じの服装をしています。もっとも、これは年代やその時の流行で変わることではありますが、傾向としては、日本人旅行者の男性はシュッと細身の服を着ており、それで判断がつきやすいです。

場所にそぐわない服装でバレる

また、場所にそぐわない服装をしていて、日本人旅行者だとバレやすくなることもあります。

例えば、ダイヤモンドヘッド登山をする時で考えますと。ダイヤモンドヘッドは、登山と言っても、標高が低く、頂上まで歩道が整備されているため、普段着で登れない山ではありません。ただ、それでも、それなりの上り坂を歩き続けることになるので、普通は、動きやすい服装で訪れたほうが良い場所です。

実際、この記事のトップの写真でも、右手前の人たちは、そのような服装をしていますよね。

一方、この時に私が見かけて驚いたのが、マキシ丈のリゾートワンピース姿で、ダイヤモンドヘッド登山に向かおうとしている、日本人女性です。ご参考に、次のリンクから、私のイメージしている、マキシ丈のリゾートワンピースを確認できます。

Googleの画像検索でマキシ丈のリゾートワンピースを見る

ダイヤモンドヘッドは、登りやすい山とはいえ、登って行くと、細かい石や土が歩道上に出て来ます。そのため、マキシ丈の服で歩いたら、裾が汚れたり、引っ掛けて転ぶリスクがあるんですね。ので、普通は、避けたほう良い服装です。

一方で、ダイヤモンドヘッド登山と言えど、このようなリゾートファッションをしたくなる気持ちも、私は、わかる気がします。と言うのも、日本人旅行者からすると、ハワイ旅行中は、どこに行こうとリゾート気分になるからです。

ただ、どこでもそのような服装で出かけると、「日本人旅行者だとバレて狙われやすくなる」と言うリスクがあります。結局のところは、どのような服装をしても、日本人旅行者だとバレやすいわけですが、多少なりとも、状況に合わせた服装をしたほうがリスクを減らせます。

Return Top