Read Article

ハワイ旅行の帰りを羽田着にするメリット

ハワイ旅行の帰りを羽田着にするメリット

2017年2月14日追記 ここから

2017年4月1日以降、JALのJL080/JL089(羽田-ホノルル)便が、成田-ホノルルに変更されます。

参考: 羽田-ホノルル(JL080/JL089便)、および成田-ニューヨーク(JL006/JL005便)の日本発着空港の変更について

この記事は、羽田ーホノルル便が運行している前提で書かれた記事ですので、ご注意ください。

2017年2月14日追記 ここまで

はじめてのハワイ旅行にあたり、帰りの飛行機を成田着の便と羽田着の便のどちらにしようか悩んでいませんか?特にハワイがはじめての場合、その違いについて、よくわからないので「空港の立地の違いだけ?」のように思ってしまいますよね。

そこで、今回は、羽田着の飛行機でハワイから帰ってきた実体験を元に、帰りの飛行機を羽田着にすると得られるメリットをご紹介します。

羽田着の場合は最終日も観光できるのがメリット

ハワイ旅行において、帰りの便を羽田着にすると得られる最大のメリットとして、羽田着の場合は最終日も観光できることがあります。

なぜなら帰りの飛行機を羽田着にすると、ホノルル空港を現地の午後5:30ころに出発することになるからです。そのため、国際線の目安である搭乗の2時間前に空港に着くことを考えても、午後3:00くらいまでは時間があります。なので、最終日の朝9時に行動を開始したとしても6時間は行動できる時間があるわけです。

一方で、成田着にした場合。この場合はホノルル空港を現地の午前から午後一までに出発することになります。そのため、搭乗の2時間前までに空港に着くことを考えると、朝起きて朝食を食べてちょっとしたら空港に向かうことになります。

さらに。航空会社をJALにしていた場合は、もっと時間がなくなります。なぜなら、ホノルル空港を出発する便のスケジュールが重なっており混雑するからです。なので、JAL場合は、搭乗の2時間前よりも早く3時間前に着いた方が安心です。なので、より朝の時間がなくなることがわかりますね。

羽田着の便は、ホノルル空港が混まない点がメリット

上で述べた通り、ハワイからの帰りの便は、成田着の便を選ぶと空港のチェックインカウンターの前に行列ができるほど混みます。これはJALだけではなく、他の航空会社の便でもこうなる傾向が多いです。

そして。成田着の便は、荷物を預けた後の国際線ターミナルに入る前の保安検査も同様に長い行列ができることになります。そのため、荷物預ける行列並ぶ時間、保安検査に並ぶ時間を合わせると、30分〜60分も掛かる場合があります。そのため。成田着の便を選んだ場合は、最終日には余裕を持って早めにホノルル空港に着いた方が慌てずに済みます。

一方で羽田着の場合。私の実体験では、まずチェックインカウンター前に行列ができているのを見たことがありません。成田着の場合は、チェクインカウンターに並ぶ行列と、さらに手荷物の重量オーバーで荷物の詰め直しをする人で溢れかえっているのが、よくある風景です。

ですが、この風景が羽田着の便ではありません。なので、サクッと手荷物を預けられます。その後の保安検査も、成田着の便と比較すると本当に空いており、10分かかるかどうか、と言うところでした。

このように羽田着の便は、帰りのホノルル空港が混まない点がメリットとなります。そのため、最終日に使える時間により余裕が生まれます。

羽田着の便で最終日に実際にできたこと

以上のメリットから、ハワイからの帰りの便を羽田着とすると、最終日に観光する時間の余裕があるわけです。では、具体的に最終日にどのような観光ができたのかを、実体験を元にご紹介します。

まず、『これからハワイに行く人へ!2015年1月末にハワイを訪れて感じたこと』の記事で詳しくご紹介しているのですが、私は2015年1月末に羽田発着の便でハワイを訪れました。で、最終日の過ごし方としては、次のように過ごしたことをご紹介しています。

【8日目】
・午前中に荷造りしチェックアウト
・ランチにLos Chaparrosで在住者の方とメキシコ料理を食べる
・ヌウアヌ・パリ展望台の見学に行く
・ハワイ平等院の見学に行く
・ホノルル空港まで送ってもらう
・帰国

この過ごし方を補足しますと。まず、宿泊していたホテルをチェックアウトしたのが11:30です。そして午前中は帰りの荷造りに当てました。前日の晩にも簡単に荷物はまとめてはいたのですが、本格的にパッキングをしたのは最終日の午前中です。このように羽田着の場合は、最終日に荷造りをする余裕があります。

続いて、Los Chaparrosと言うワイキキから車で10分くらいのところにあるメキシコ料理店にランチを食べに行きました。余談となりますが、この店の料理は本当に美味しいので、ぜひ食べて欲しいですね。で、ランチを終えたのが13時くらいです。

そして、一緒に行動していたハワイ在住者の方と「15時までもうちょっと時間があるね〜」と話した結果、行くことにしたのが、ヌウアヌ・パリ展望台とハワイ平等院です。ヌウアヌ・パリ展望台は、ワイキキからもそれほど遠くないのですが、ハワイ平等院はそこそこ距離があります。それは、次のリンクからGoogleマップでその場所を見るとよくわかります。

Googleマップでハワイ平等院の場所を見る

ですが。この時は、この2つの観光スポットをゆっくり見る余裕さえありました。

以上から、羽田着にすると、最終日に観光する時間の余裕があることが、わかるのではないでしょうか。もっともこの時は、ハワイ在住者の方の車で案内してもらっていたので、その点でより時間的余裕がありました。ですが、レンタカーで行動していたとしても、同じような過ごし方が十分できたはずです。

最終日も観光できる

以上、ハワイ旅行において、帰りの飛行機を羽田着にすると得られるメリットをご紹介しました。ご紹介した通り帰りに羽田着の便を選ぶと、最終日にも観光できるほど時間の余裕があり、それが最大のメリットと言えます。

また、最終日に実際のところどのような観光ができるのか、その過ごし方の実例をご紹介しました。ご紹介した過ごし方の実例は、車がある前提での過ごし方です。ですが、その実例から、最終日でもワイキキからそこそこ距離のある場所までも行けることがわかったのではないでしょうか。

このように羽田着の飛行機にすると、成田着と比べ時間があるので、最終日も観光することができますよ。

Return Top