Read Article

ハワイでお酒を楽しむ時に気をつける事とその対策

ハワイでお酒を楽しむ時に気をつける事とその対策

今回は、初めてハワイ旅行に行く人にお伝えしたい注意点です。具体的には、ハワイでお酒を楽しむ時に気をつける事とその対策をご紹介します。

「ハワイでお酒を飲む時は日本と違うこんなルールがあるから、こうすると良いよ」と言うのが、今回お伝えしたいことですね。

お酒は21歳から

ハワイでは、まずお酒を飲むためには21歳以上である必要があります。日本では20歳から飲めますが、ハワイでは20歳以下の人はお酒を飲めません。なので、まずはこの点に気をつけて下さい。

このようにハワイでの飲酒には年齢制限があるため、外見が若く見られる人は、意外とマメに年齢を確認されるます。ちなみに「自分はもう40近いから大丈夫」と思っている人でも、日本人は若く見られることが多いので、確認される可能性があります。

具体的にどのような時に年齢を確認されるかと言うと、お酒を買う時や、飲食店でお酒を飲む時に確認されます。たとえばABCストア(ハワイのコンビニのような店)でお酒を買う時やワイキキの飲食店でお酒を注文する時です。その際、お店のスタッフから年齢を確認するために「IDを見せて」と言われます。

この時に日本からの旅行者としては、IDとしてパスポートを見せるのが普通です。なので、お酒を買う、またはお店で飲む可能性がある時は、パスポートを持っていた方がよいわけです。

パスポートのコピーを持ち歩くと楽

ですが、パスポートはあまり持ち歩きたくないものでもあります。なぜかと言うと、ポケットにしまうにしては、パスポートは微妙に大きく、厚いため、持ち歩くのに嵩張るからです。また紛失した時のリスクを考えると、パスポートはあまり持ち歩くべきではありません。

そこで、便利なのがパスポートのコピーを持ち歩く方法です。この場合、紙1枚で済むので、折りたたんで嵩張らずに持ち歩けますし、紛失した時のリスクも小さく済みます。

私の実体験では、ハワイのお店でお酒を買う時や飲食店でのお酒の注文時に、IDの確認をされた際には、このパスポートのコピーを提示して問題ありませんでした。ただお店やそのスタッフによっては、ダメな場合も考えられます。なので、実際に試す際は、そのリスクを踏まえた上で行ってください。

ほか、年齢を確認された時に「私はもう○○歳ですよ」と、英語で答えることで、IDの提示をしなくて済んだこともあります。ですが、この方法が通じるかどうかは時と場合によりますね。

ビーチでお酒を飲みたい時はビーチサイドのバーに行く

次に。ハワイでは、公共の場所での飲酒が禁止されています。具体的には、公園やビーチなどですね。

で、このビーチで飲酒ができないのは、日本人の感覚からすると特に残念ですね。日本ではビーチでの飲酒が問題ないので、「ビーチでお酒を飲みながら日光浴」のような楽しみ方ができるからです。

そこで、ハワイのビーチで、合法的にお酒を楽しむ方法として、オススメなのがビーチサイドのバーに行くことです。具体的には、ロイヤルハワイアンホテルのマイタイバーやモアナ・サーフライダーのビーチバー、ハレクラニのハウス・ウィズアウト・ア・キーと言ったお店ですね。

これらのお店は、ビーチサイドにあるのでワイキキビーチを眺めがならお酒を楽しむことができます。これらのお店では日本のように「砂浜に寝っ転がりながらお酒」と言うわけには行きませんが、ビーチでお酒を楽しむことはできます。

また、このようなビーチサイドの店では特に夕日の時間を狙って訪れると、より素晴らしい体験ができます。と言うのも、夕焼けに染まる美しい空を見ながらお酒を楽しめるからです。

またこのようなビーチサイドのバーは、高級ホテルの店としては、カジュアルな服装で楽しめますし、その料理やお酒の価格帯も驚くほど高くはないので、その点も嬉しいポイントとなります。

飲みすぎない

最後に。ハワイの公共の場所は、実は泥酔するほど酔っ払った状態で訪れるのも禁止されています。

なので。お店で「ちょっとお酒を飲み過ぎたので、酔い覚ましにビーチでもふらっとするか・・・」のようなことができないわけです。この対策としては、お酒はほどほどにして、飲みすぎないようにするしかありませんね。

実体験として、私はお店で飲んだ後、かなり酔っ払った状態でビーチを訪れてしまい捕まったこと・・・はありませんが、旅行中の全財産を入れた財布を落とした経験があります。おかげで一気に酔いが醒めることになりました。

このような目に遭わないためにも、やはり飲みすぎないのがオススメですね。くれぐれも公共の場所での飲酒や、そこを泥酔して訪れることには気をつけてください。

Return Top