Read Article

ハワイ旅行中に本当に気をつけるべき天気予報の調べ方

ハワイ旅行中に本当に気をつけるべき天気予報の調べ方

今回は、初めてのハワイ旅行中の天気が心配な人にお伝えしたい注意点です。

以前、ハワイの天気予報が悪くてもがっかりしなくてOKな理由の記事では、次のことをお伝えしています。

  • ハワイの週間の天気予報は当てにならない
  • その理由は、ハワイは1日の間にコロコロと天気が変わりやすいから
  • 見るなら時間単位の天気予報だが、それも必ず当たるとは限らない
  • 極論を言うと、ハワイ旅行であまり天気予報を気にしても意味がない

なので、ハワイの天気予報がたとえ雨だったとしても、「がっかりしなくてOKですよ」ということをお伝えしています。

気をつけたほうが良いのは、嵐の予報

一方で。ハワイ旅行中の気象に全く気をつける必要がないかというと、そうではありません。中には注意が必要な天候があります。

具体的には、強風や大雨を伴う嵐の天候です。この嵐の予報に関しては、ハワイ旅行中に注意をしておいた方が良いです。

なぜかというと、大雨によって、特定の道路が通行止めになったり、高波のために海沿いの道路が抉られ車両規制があったり、またビーチで遊べなくなったりするからです。

で、ハワイで嵐というと、夏場に来るハリケーンが有名です。ですが、冬場も、ちょこちょこと嵐のような天気になることがあります。つまり、通年で嵐の予報には気をつけた方が良いです。

ハワイの嵐の予報の調べ方

ただ、日本人旅行者が、ハワイ旅行中の天候に「嵐が起きそうかどうか」を調べるのは、ちょっと難しいです。なぜかというと、ハワイの大雨・洪水警報、高波・波浪警報などを、日本語でわかりやすく説明してくれる情報源が少ないからです。

一方で、英語が苦手な人にとって、ハワイのテレビで英語のニュースでそのような気象の注意をされても、よくわかりません。

なので、ハワイの嵐の予報を確かめる方法としては、ハワイの地元向け新聞のニュースを確かめるのがオススメです。具体的には、Star Advertiserというハワイのローカル新聞のウェブサイトから、気象に関するニュースを確認するのが良いです。

Star Advertiserのウェブサイトで気象のニュースを見る(英語)

で、上のStar Advertiserのサイトは、ハワイの地元向け新聞のサイトなので、当然英語となります。ですが、気象関係のニュースはわかりやすいです。見出しに、それほど難しい英語が使われないからです。

例えば、この記事を書いている現在は、「Weather system bringing increased chance of rain」や「Stormy weather on tap for weekend」などの見出しが確認できます。

1つ目の見出しからは、「雨の機会が増える」ということがわかりますし、2つ目の見出しからは「この週末は嵐になる予定」と言うことが、わかります。このように、ハワイの地元新聞から、気象に関するニュースの見出しをざっと見ることで、ハワイで嵐の予報を調べることができます。

で、この方法の良さは、本当に問題がありそうな天気のみを確認できることです。というのも、ハワイの気象において、少なくともニュースとして知っておくべきことだけが、記事になるからです。

ハワイの天気は、冒頭で述べた通り、天気がコロコロ変わるため、「今日の天気は、◯◯です」のような情報は、それほど意味がありません。それよりも「問題となる天候になりそうか」を知れることが重要です。

Star Advertiserの天気に関するニュースを確認すると、そのように本当に注意が必要な天候のみを確認でき、便利です。

オアフ島の道路が大雨で通行止めになり困った実体験

私は、実体験として、大雨でオアフ島の道路が通行止めになり、カーナビが案内していた道路が通れなくなったことがあります。その時は、ノースショアにドライブした帰りだったのですが、行きは通れた道が、帰りは大雨のために通れなくなりました。

で、その時は、Hertzレンタカーを利用しており、そのカーナビで迂回路が調べられなかったんですね。そのような調べ方ができるのかもしれませんが、私にはわかりませんでした。なので、自力で、迂回路を探す必要がありました。

大雨で通行止めになったその道を、私はそれ以前に何度も走ったことがありました。で、ほぼ1本道なので、何事もなければ難しい道ではありません。

つまり、それまでの経験から、「ノースショアへのドライブなんて、ラクショー、ラクショー」とちょっと甘く考えていたわけです。それが急遽、楽勝ではなくなり、本当に焦りました。

冬場にウミガメビーチが高波で閉鎖された実体験

ほか、冬場にウミガメで有名なラニアケアビーチが高波で閉鎖された実体験もあります。その時は、冬場に訪れていたため、もともと、ラニアケアビーチも含む、ノースショア側の波が高い時期でした。

そして、その日は、強風のために高波警報となっていました。その高波のために、ラニアケアビーチもテープで入れないように閉鎖されていました。つまり、その時は、ウミガメを見ようにも、そもそもビーチに降りられず、無理だったわけです。

この記事のトップの写真が、まさにその時のラニアケアビーチの様子です。写真の左下に黄色いテープがあることがわかりますよね。このような感じでビーチの波際に降りないように注意が促されているわけです。

ハワイでは、このように天候によって、目当ての観光スポットに行けなくなる場合もあります。なので、事前に、地元向けニュースで、「注意が必要な天候にならないか」を確認しておくのが良いです。

Return Top