Read Article

英語が苦手でも安心!JCBカードがハワイ旅行の準備に役立つ理由

英語が苦手でも安心!JCBカードがハワイ旅行の準備に役立つ理由

今回は、ハワイ旅行を計画している人のうち、JCBカードをお持ちの方へお伝えしたいお役立ち情報として。JCBカードが、ハワイ旅行の準備に役立つ理由をご紹介します。

で、これまでこのサイトでは、「JCBカードがあるとハワイ”現地”で役立つよ」、と言うことをご紹介しています。具体的には、次の2つの記事でご紹介しています。

簡単には。JCBカードがあると、ハワイ現地でトロリーに無料で乗れたり、JCBプラザというラウンジを利用できたりする点が便利なんですね。

そして。今回お伝えしたいのは、「JCBカードは、現地だけではなくハワイ旅行を計画している”準備”段階でも役立つよ」と言うことです。また今回ご紹介する理由は、英語が苦手な人にとってハワイ旅行の準備が簡単になる理由でもあるので、その点でも嬉しい情報です。

JCBカードがハワイ旅行の準備に役立つ理由

それでは、なぜJCBカードがハワイ旅行の準備に役立つのか、その理由をご紹介しますと。

上で触れたハワイにあるJCBプラザのラウンジを、ハワイ旅行の準備段階でも有効活用することができるからです。そのハワイのJCBプラザ ラウンジ・ホノルルについて詳しくは、次のリンクから確認できます。

JCBプラザ ラウンジ・ホノルルの公式情報を見る

で、有効活用とは具体的にどのようにことなのかと言いますと。「JCBプラザ ラウンジ・ホノルルに国際電話をかけて、ハワイ現地のスタッフに、ハワイ旅行中の様々な手配を代行してもらう」、と言うことができます。

では、具体的にどのような手配の代行ができるのかと言うと、ホテルやレストランの予約、オプショナルツアーの申し込み、チケットの手配などができます。

全て日本語で対応して貰えるのが嬉しい

この時、嬉しいのは、「全て日本語で対応して貰える」と言う点です。上でご紹介したJCBプラザ ラウンジ・ホノルルのページには、その窓口となるハワイ現地の電話番号が紹介されています。

で、その電話番号に、日本から国際電話をかけると。まずは日本語の自動音声に繋がります。その自動音声からは、「利用したい言語はなんですか」、「ご用件の種類はなんですか」、と言う質問を受けます。このとき、日本語を選ぶと、後はハワイ現地の日本語ができるスタッフに電話が繋がります。

この「全て日本語で対応して貰える」ことですが、特に細やかなリクエストがあるときに、本当に助かります。たとえば、ホテルの予約時に、「アーリチェックインをしたいけど可能か」や「ホスピタリティルームを使いたい」のようなリクエストがある場合です。

ほか、ハワイ現地のレストランを予約をしたい場合でも。予約だけなら、OpenTableと言うサービスを使えば、インターネット上から予約できるハワイのレストランも多いです。ただ、そのOpenTableに対応していないレストランもあります。また「食べられない食材がある」、「アレルギーがある」、「窓際の席希望」のようなリクエストを伝える際には、英語で伝える必要があります。

なので。JCBプラザのスタッフに、ホテルやレストランの予約を代行してもらえると、それが日本語で簡単に伝えられるので大変便利です。

JCBプラザに代行してもらう以外には英語を使わないと予約できないツアーもある

さらに。ハワイでは、JCBプラザに代行してもらう以外には英語を使わないと予約できないツアーもあります。たとえば、ホノルル美術館が運営しているシャングリラツアーです。

このツアーは、公式サイトの予約用メールアドレスに、英語で参加申し込みするのが基本です。で、このツアーですが、その予約を代行するオプショナルツアーを企画するハワイ現地の旅行会社が、この記事を書いている時点では、ないんですね。

なので、原則としては、英語のメールで、ツアーの参加申し込みをする必要がでてきます。

一方で。JCBプラザのスタッフには、このシャングリラツアーの予約の代行もお願いすることができるわけです。そして、シャングリラツアーに限らず、「どうもこのツアーは英語での申し込みしか受け付けてないようだ・・・」と困ったときには、JCBプラザに相談することができるわけですね。

手数料と国際電話の通話料がかかる点は注意

ただし。今回ご紹介する、「ハワイのJCBプラザに国際電話をする方法」ですが、2点デメリットがあります。1つは、手配の代行をお願いするとその手数料が発生する点と、もう1つは、国際電話の通話料が発生する点です。

で、前者の手配を代行してもらう手数料は、「日本語で相談できる料」として、割り切って考えるしかないですね。次に後者の国際電話の通話料ですが、これは工夫次第で、だいぶ安く抑えることができます。

たとえば、スマホをお使いであれば、「IP電話アプリ」と言う、ジャンルのアプリを利用し、ハワイのJCBプラザに国際電話をかけることができます。ほか、SkypeやLineの電話サービスでも、国際電話の発信が可能です。

これらの方法ですが、通常の携帯電話で国際電話をかけるより、圧倒的にその通話料が安いです。なので、ハワイに国際電話をする場合でも、その通話料をそれほど心配せずに利用することができます。

私も以前、ハワイのJCBプラザに国際電話をかけた際には、「IP電話アプリ」を利用して電話をかけました。で、ちゃんとハワイ現地に繋がり、現地のスタッフと話すことができました。ただ、ちょっとだけ、会話の間に遅延があるように感じましたが、特に問題とはなりませんでした。

Return Top