はじめてのハワイ旅行

ハワイに長期滞在したい女性に伝えたい「手に職がつく留学」の話

2019年2月21日
ハワイに長期滞在したい女性に伝えたい「手に職がつく留学」の話

今回は、ハワイ好きの女性のうち、ハワイへの長期滞在を検討している人に伝えたい情報です。

お伝えしたいのは、ハワイに長期滞在する方法の選択肢として、ハワイへ留学する方法がありますが、そのうちの1つとして「手に職のつく留学の仕方があるよ」というお話です。

マッサージの資格を学びながらハワイに長期滞在できる

そのハワイへの手に職のつく留学の仕方とは、具体的には、「ハワイの伝統的マッサージ、ロミロミを学びながらハワイに長期滞在する」というものです。

なぜロミロミを学びながらハワイに長期滞在できるかというと、ハワイにあるマッサージ・スクールの中には、その留学のためのビザを発行してくれる学校があるからです。

例えば、そのマッサージ留学にあたり、米国の学生ビザのうち、Mビザを利用できた場合、1年間はハワイに滞在できます。

参考: 在日米国大使館・領事館 – 学生 (F、 M、 J) ビザ

F/Mビザによる米国での滞在可能期間は?

Fビザ保有者はI-20に記載されている終業日から60日間米国に滞在できます。Mビザ保有者は1年間またはI-20に記載されている終業日から30日間、のいずれか短い期間米国に滞在できます。

つまり、米国の学生ビザを取得できるハワイのマッサージ・スクールを選ぶことで、ハワイに長期滞在することができます。そして、その間に、マッサージという手に職のつく技術が学べるというわけです。

ハワイへのマッサージ留学を知ったきっかけ

私が「ハワイに長期滞在する方法の1つとして、ハワイのマッサージ・スクールに留学する方法がある」と知ったきっかけは、以前、ワイキキに滞在した際に、ロミノハワイが提供する出張ロミロミサービスを利用したことにあります。

このサービスは、自分が宿泊しているホテルの部屋まで、セラピストにロミロミマッサージをしに来てもらえるものです。このサービスを私が利用して感じた良さは、そのマッサージの内容はもちろん、施術後にすぐに自分の部屋で眠れる便利さにありました。マッサージを受けてうっとり気持ちよくなっている状態で、そのまま部屋で休める点がとても良かったというわけです。

その時の体験談を次の記事でご紹介しています。

ワイキキで体験してわかった出張ロミロミの最大の魅力

そして、この時に、施術していただいたセラピストの方から、「うちではセラピストを養成するスクールもしているんですよ。」と言うお話を伺ったんですね。具体的には、ロミノハワイマッサージスクールという学校として、マッサージ・スクールも運営しているとのことでした。

これが、私がハワイに長期滞在する選択肢として、マッサージ留学の存在を知ったきっかけです。

ロミノハワイマッサージスクールの日本でのセミナーに参加

私は男性なので、正直、「ロミロミセラピストになるためにハワイに留学したい」とは思わなかったのですが、ハワイに長期滞在する方法の1つとして、このような選択肢がある事実を知り、興味を持ちました。

そこで、その後、日本で開催されているロミノハワイマッサージスクールのロミロミ留学セミナーに参加しました。私は東京に住んでますので、最寄りの会場として、新宿マルイ本館7FのH.I.S. Hawaiiのセミナーを選びました。

実際に、ロミロミ留学セミナーに参加してみると。ロミノハワイマッサージスクールの卒業生の女性二人が、留学アドバイザーとしてセミナーのスピーカーを担当していました。また、セミナーの受講者は、私以外は、女性3名で、そのような中、私一人浮いている感じでの参加となりましたが、私からすると女性に囲まれ楽しい時間となりました。

ちなみに留学アドバイザーの方によると、男性でもロミロミ留学をする方がいるそうです。例えば、すでにプロの整体師として仕事をしていて、自分のサービスメニューに付加価値をつけるために、ロミロミを学ぶ男性がいるそうです。また私が受講したセミナーの受講者のうち、2名の女性は、すでに日本でセラピストとしてキャリアがあり、「ハワイの資格を取って付加価値をつけたい。」や「新たな技術を学んでサービスメニューを増やしたい」というのが、留学を検討している動機でした。残り1名の方は「業界未経験ですが、ハワイが好きなのでチャレンジしたい」と言う方でした。

このセミナーでは、そもそも「ロミロミとは?」から始まり、ハワイのマッサージのライセンスについて、留学の仕方とビザの種類、留学による滞在費も含めて必要なお金の見込み、ハワイに長期滞在するときの住むエリアの選び方、などが学べました。私は、冷やかしで参加している状況でしたが、ハワイに長期滞在するノウハウを学ぶという意味でも学びがありました。

本当に「手に職がつくんだな」と実感した話

さて、ロミノハワイマッサージスクールのセミナーに参加し、このスクールでは米国の学生ビザであるMビザを取得して11ヶ月のハワイ滞在が可能であることを学びました。

加えて、「ちゃんと手に職がつく技術が学べるんだな」ということも、その後、日本でロミロミセラピストとして活躍するロミノハワイマッサージスクールの卒業生のサロンを訪れて実感しました。私が訪れたのは、渋谷にあるサロンだったのですが、この店ではホットストーンを使った気持ちの良いロミロミが受けられました。

ハワイの高級ホテルのスパで受けるロミロミは、一般的に欧米人好みのリラックス目的で、優しくサワサワする感じのものが多いです。一方で、ロミノハワイでは、日本人顧客の施術経験から培った、日本人好みのしっかり揉みほぐすロミロミも対応できるとのことでした。

そしてロミノハワイマッサージスクールでは、そのしっかり揉みほぐす施術も学べるそうなんですね。実際、私がワイキキでロミノハワイのセラピストに施術してもらったロミロミでは、しっかりと揉みほぐしてもらえました。

そして卒業生の方が運営する渋谷のサロンでも、ホットストーンを使いつつも、しっかりと揉みほぐしてもらえる施術を受けられました。なので、「なるほど、ロミノハワイマッサージスクールで学んだことが活かせているんだな」とわかりました。

「ハワイに留学」というと、一般的に「本当は遊びに行くんでしょ」というイメージを持たれがちですよね。私も、仕事で「ハワイに出張に行く」と言うと、同じことを言われるのでよくわかります。一方で、ロミノハワイマッサージスクールでは、ちゃんと手に職がつく技術が学べるわけですね。

事実、ロミノハワイマッサージスクールには、「語学留学でハワイに滞在しているけど、手に職がつくスキルを学びたいので、入学したい。」と言う入学希望者が来るそうです。この事実からも、手に職がつく学び先ということがわかりますよね。

というわけで、これからハワイに長期滞在する方法の選択肢の1つとして、ロミロミマッサージ留学を検討するのはいかがでしょうか。

もう後悔しない!憧れのハワイへのロミロミ留学。

スポンサーリンク




関連コンテンツ



スポンサーリンク




Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE