Read Article

ワイキキで「NO RIGHT TURN ON RED」の標識がある交差点の具体例

ワイキキで「NO RIGHT TURN ON RED」の標識がある交差点の具体例

今回は、ハワイ旅行で初めてレンタカーを借りる人に伝えたい情報です。

ハワイの信号のある交差点では、日本と違い、直進の信号が赤の場合でも、右折できます。ただし「NO RIGHT TURN ON RED」の標識がある交差点では、その右折ができません。

ですが、さらに例外があります。具体的には、「NO RIGHT TURN ON RED EXCEPT 例外の条件」とある交差点では、その条件を満たす場合は右折ができます。今回は、ワイキキ近くで、そのような「NO RIGHT TURN ON RED」の標識がある交差点の具体的な場所をご紹介します。

先頭で自分で判断するときに戸惑う

私が、初めてハワイで運転をした時は、戸惑いの連続でした。例えば、いると思い込んでいた日本人スタッフがレンタカー会社の窓口にいなかったり、カーナビに慣れていなくて空港からワイキキまで道順を間違ったりしました。

一方で、意外に戸惑わなかったのが、実際にする前は最も心配していた、ハワイでの左ハンドル、右車線の運転でした。

なぜ戸惑わなかったかと言うと、ワイキキ周辺は都会のため、周りを走っている車が多かったからです。その流れに合わせるように運転すれば、意外にこの左ハンドル、右車線の運転は、初めてでも大丈夫でした。

また、同じ理由で、「交差点の直進方向の信号が赤でも右折はできる」と言う交通ルールも、難しくありませんでした。前の車を見ていれば、「ここは、赤でも右折できる交差点なんだな」とわかったからです。

ところが、自分の車が先頭で交差点に入るときは、戸惑いました。と言うのも、「赤でも右折OKな交差点か」と言う判断を自分でする必要があったからです。「NO RIGHT TURN ON RED」の標識により、右折できない可能性を判断する必要があったわけですね。

アラ・ワイ通りとカラカウア通りの交差点

と言うわけで、ハワイで初運転の人は、ワイキキ近辺で、「NO RIGHT TURN ON RED」の標識がある具体的な場所を、いくつか予め知っておくと、役立ちます。

最初に述べた通り、「NO RIGHT TURN ON RED」の標識には、シンプルにそれだけが書かれたものと、「EXCEPT 例外の条件」と言う条件つきのものがあります。

そして「NO RIGHT TURN ON RED」とだけ標識がある交差点の判断は、比較的簡単です。シンプルに「この交差点では、赤での右折はできないんだな」とわかるからです。

一方、判断を迷うのが、条件付きの標識です。慣れていないとその条件の意味がすぐにわからないからです。そのような条件付きの標識がある交差点として、例えば、 アラ・ワイ通りとカラカウア通りの交差点があります。

この交差点に、アラ・ワイ通りから、カラカウア通りに右折する角に、条件付きの標識があります。具体的には、「NO RIGHT TURN ON RED EXCEPT FROM RIGHT LANE」と書いてあります。

この標識の言わんとすることは、「この交差点では、信号が赤の時は原則、右折できない。けど、右側のレーンの車は右折OK。」と言うことです。つまり、自分が走っているレーンによって、赤でも右折できるかどうかの条件が変わります。

アラ・ワイ通りがこの交差点にぶつかるところは、3車線になっています。そして、右端は右折専用、真ん中は直進と右折、左端は左折専用となっています。つまり、右端の右折専用レーンを走っている人だけは、赤でも右折ができると言うわけですね。

アラモアナ通りとカラカウア通りの交差点

ワイキキにおいて、このような条件付きの標識は、他にもあります。例えば、アラモアナ通りとカラカウア通りの交差点に、そのような標識があります。

この交差点に、アラモアナ通りからカラカウア通りに右折するところには、「NO RIGHT TURN ON RED EXCEPT FROM RIGHT LANE AFTER STOP」と書いてあります。こちらは、上で挙げた交差点よりも、さらに条件が厳しくなっているのがわかりますね。

この標識は、「この交差点では、信号が赤の時は原則、右折できない。けど、右側のレーンの車が一旦停車後なら右折OK。」と言うことになります。

常に現地の最新情報を確認すべし

このように、ワイキキでも、条件付きの「NO RIGHT TURN ON RED」の標識がある交差点があります。それを初めて、自分で判断する必要が出てくると、「本当に右折して大丈夫かな…」と不安になります。

なので、どこにそのような標識あるかを事前に想定しておくと役立ちます。ただ、今回ご紹介した交差点の標識の内容が、今後、変わらないとも限りません。

ですので、実際には、常にハワイ現地の最新情報を確認するようにしてください。

Return Top