Read Article

現地ガイドから学んだオアフ島周遊ドライブの仕方

現地ガイドから学んだオアフ島周遊ドライブの仕方

今回は、オアフ島で初レンタカーの人に伝えたい情報です。具体的には、現地ガイドから学んだオアフ島周遊ドライブの仕方をご紹介します。

オアフ島は1日で周遊ドライブできる広さ

オアフ島は、1日の間でぐるりと周遊できる広さです。

ただし、正確には、島の海岸沿いをぐるりとはできません。西側の道路が周遊できるように繋がっていないからです。そのため、ノースショアのハレイワから南側は島の中央部を通るコースになります。

そのため、オプショナルツアーで体験できる、「オアフ島一周ツアー」は、そのように西側を回らないコースが一般的となるわけです。

そして、今回は、私が実際に参加したオプショナルツアーで通った、オアフ島周遊コースをご紹介します。また、そのコースにおいて、どのくらいの時間帯に、どこにいたかもご紹介します。ので、その時間配分の参考にもなりますよ。

現地ガイドから学んだオアフ島周遊コース

それでは、早速始めましょう。まず本題のその周遊コースからご紹介します。地図で見た方がわかりやすいので、まずは次のGoogleマップをご覧ください。

Googleマップでオアフ島周遊コースを見る

上のリンク先を見ると、Googleマップ上で、ご紹介したいオアフ島の周遊コースが確認できます。Googleマップ上で、経由地として登録できる最大数が10点でした。そのため、いくつか立ち寄った場所を省略しています。

つまり、本当は立ち寄ったけど、それが上の地図には反映されていない場所があります。ただ、主要な経由地は、このコース上に登録されています。

その主要な経由地をご紹介すると、次の通りです。

  1. [スタート]ロイヤルハワイアンセンター前
  2. Diamond Head Rd沿いの見晴らしの良い駐車場
  3. ハナウマ湾の駐車場
  4. サンデイビーチ
  5. カイルアビーチパーク
  6. トロピカルファーム
  7. Romy’s Kahuku
  8. ハレイワショッピングプラザ
  9. ドールプランテーション
  10. [ゴール]ロイヤルハワイアンセンター前

以上の通りです。

このコースの概要からご紹介しますと。まず、スタートとゴールは、ワイキキのロイヤルハワイアンセンター前としています。実際には、ワイキキの自分が宿泊している場所が、その地点になります。

このコースでは、オアフ島を反時計回りに周遊しています。もちろん逆方向の時計回りに周遊することも可能です。

ワイキキスタートで、反時計回りの場合は、カイルア方面を午前中に楽しめる点がメリットとなります。カイルアは、人気の観光スポットのため、曜日によっては午後になってくると混雑する日もあります。

一方、時計回りの場合は、先にノースショア方面を観光出来る点がメリット言えます。ノースショアも同様に人気の観光スポットのため、混みやすい午後は、特定のお店に行列ができることがあります。

つまり、この「カイルアとノースショアのどちらを先に見たいか」というポイントで、回る方向を決めると良いですね。

反時計回りの前提でのこのコースの時間配分

続いて、反時計回りの前提でのこのコースの時間配分についてご紹介します。

まず、ワイキキを出発するのは朝7時です。で、ランチをノースショアのカフクで食べます。そして15時くらいを目処にノースショア観光を終え、帰路につきます。その帰路の途中ドールプランテーションがあるので、そこを軽く見てワイキキに帰る、という感じになります。

今回このコースで重要視しているのは、ビーチで遊ぶ時間を長めに取ることです。そのため、午前中に、サンディビーチとカイルアビーチの2つのビーチで遊ぶ予定としています。

それが「1つで十分」という人であれば、また違った観光スポットを見る時間に割り当てることもできます。例えば、このコースでは、ハナウマ湾の駐車場のみ回る前提としています。

ですが、それをビーチまで降りるように変更するのも1つのアレンジ方法です。

ワイキキから反時計回りで北上しカフクでランチ

それでは、反時計回りでのこのコースの詳細について、順を追ってご紹介します。

繰り返しとなりますが、ワイキキを出発するのは、朝7時です。ご紹介しているコース上の経由地には、入れていませんが、朝食代わりのおやつとして、レナーズのマラサダを買うのも良いですね。

実際、私がこのコースを巡るツアーに参加するときは、「マラサダ買ってから行きますか?」とガイドから尋ねられることになりました。

ワイキキを出発したらDiamond Head Rdを、海沿いに走ります。で、途中、海を一望できる見晴らしの良い駐車場があるので、そこで一旦景色を見ます。

続いて、目指すのはハナウマ湾です。今回はハナウマ湾のビーチまで降りず、駐車場からの眺めのみを楽しむのみとします。こうすると、ビーチを楽しむことはできませんが、その分、入場料を節約することができます。

またハナウマ湾でビーチに入らなかったのは、この後、サンデイビーチで遊ぶからです。ハナウマ湾からサンデイビーチに行く途中に、ハロナの潮吹き岩という観光スポットがあるので、立ち寄るのも良いですね。

サンデイビーチを楽しんだら、続いてカイルアを目指します。この時、ビーチで遊ぶのが好きであれば、再度カイルアビーチパークでビーチを楽しむのも良いです。また、ビーチ以外を楽しみたければ、カイルアタウンでお土産探しをするのも良いですね。

カイルア観光の後は、そのまま東海岸を北上し、トロピカルファームというお土産スポットに立ち寄ります。ここでは、様々に味付けされたマカダミアナッツを扱っています。また、ハワイ産のコーヒーも扱っています。

トロピカルファームを後にしたら、いよいよお待ちかねのランチです。その目的地として、ノースショアのRomy’s Kahukuを目指します。このエリアは、エビの養殖池があるため、とれたてのエビ料理が食べられます。それを食べられる店が、Romy’s Kahukuです。

ノースショア観光、ドールプランテーション観光をし、ワイキキに戻る

ランチを終えたら、そのまま海岸沿いを南西に進み、ハレイワ方面を目指します。で、この道の途中、いくつか綺麗なビーチがあります。ので、ビーチで遊ばないにしても、その景色を楽しむ価値があります。

ハレイワに着いたら、ブラブラと街を散策します。行列ができる有名店を訪れても良いですし、ローカル向けのショップを見るのも良いです。15時くらいを目処に、ハレイワ観光を終え、ワイキキを目指して出発します。

ワイキキまでの帰路の途中、ドールプランテーションがありますので、立ち寄ります。そして、ドールプランテーションを楽しんだら、ワイキキまで戻ります。

以上がこのコースの詳細です。このコース上で夕食を食べる想定にはなっていません。ので、ワイキキに戻ってきてから食べることになります。

また、今回のコースの経由地は、ビーチを楽しむことに重点を置いています。そのビーチの比重を減らし、例えば、南東部でマカプウ岬のハイキング、ノースショアでワイメアの滝散策などを加えれば、ビーチ以外の楽しみ方もできますよ。

ヒデ

2008年の初ハワイ旅行をきっかけに、家族旅行、仕事のために一人で出張、短期滞在、長期滞在、など様々なシチュエーションでハワイを訪れています。その経験を共有し、これから初ハワイ旅行の人に役立てたいと考え、このサイトを立ち上げました。
ヒデよりご挨拶

Return Top