はじめてのハワイ旅行

試してわかったハワイでベビーカーをレンタルするメリット・デメリット

2017年4月14日
試してわかったハワイでベビーカーをレンタルするメリット・デメリット

赤ちゃんとのハワイ旅行にあたり、ベビーカーを準備すべきか悩んでいませんか?

今回は、そのような人に向けて、10ヶ月の赤ちゃんとのハワイ旅行で、実際にベビーカーをレンタルしてみてわかったそのメリットとデメリットをご紹介します。

レンタルすることにした理由

私は、ベビーカーを「ハワイで借りる」と言う準備方法を選択しました。なぜハワイで借りることにしたかと言うと、その理由は3つあります。次の通りです。

  • 自宅から空港までの移動が電車だったから
  • 日本の空港専用のベビーカーを借りられることを知ったから
  • ベビーカーを受託手荷物として預けるのが手間に感じたから

以上が、私が「ハワイで借りる」を選択した理由です。これらの理由の中では、特に「自宅から空港までの移動が電車だったから」と言う理由が大きいですね。ベビーカーに乗せて、混雑した駅や電車を利用したくなかったわけです。

実際、この空港までの移動に関しては、ベビーカーをレンタルすることにして正解でした。抱っこ紐で移動する方が楽だったからです。

ベビーカーをハワイで借りるメリット

では、実際に試してわかったベビーカーをハワイで借りるメリットをご紹介しますと。

やはり日本からの荷物が少なくて済む点が良かったですね。上でも述べましたが、スーツケースを運びながら、ベビーカーも押しながら、だと大人二人で行動していたとしても、歩くのが大変でした。

なので、スーツケースを運んで移動している間は、抱っこ紐で赤ちゃんを抱えている方が歩きやすくて楽でした。

次のメリットとして、普段日本で使っているベビーカーと違うタイプのものを使えることがありました。

私は日本ではAB型のしっかりした作りで、かなり重量があるベビーカーを利用していました。一方で、ハワイでレンタルしたのは、B型のとても軽量なタイプでした。

そして、この時、日本で使っているAB型の重いベビーカーを持参していたら後悔することになりました。なぜなら、トロリーに乗るのがかなり大変・・・と言うよりも実質的には無理だったからです。

トロリーと言うのは、ワイキキ周辺を走っている観光客向けの便利なオープンエアのバスです。で、このバスにはベビーカーを折りたたんで持ち込むことは可能です。

一方で、赤ちゃん連れの乗客が座れる席は、「赤ちゃんが落っこちないように」と言う安全面の配慮から、車内の中央の席と決まっています。そして、トロリーの車内は、通路が狭く、大きなベビーカーの場合は折りたたんでも、通れないくらい狭さでした。

なので、車内の狭い通路を担いで運ぶことになります。しかし、車内が乗客で混んでいた場合は、担いだベビーカーが迷惑をかけそうで、乗り込めないわけです。

ベビーカーをハワイで借りるデメリット

次に、ベビーカーをハワイで借りるデメリットです。

これは、何と言ってもやはり衛生面ですね。レンタルのベビーカーは、使いまわしなので、この衛生面でのデメリットがあります。

私が実際にレンタルしたベビーカーはcombiのものでしたが、正直なところ相当ボロかったです。またボロいだけならまだ良いのですが、前の人が使った時のものであろうお菓子の食べこぼしなどが、そこら中に残っていました。なので、まずはレンタルのベビーカーを綺麗に掃除するところから始めることになりました。

ただ残念ながら掃除をしても、使い込んで黒ずんだ部分の汚れなどは、落とせませんでした。なので、実際に赤ちゃんを乗せる時は、タオルを敷いてその上に乗せることになりました。

他のデメリットとしては、ベビーカーのタイプを細かに選べないことがありますね。これはレンタルする業者や旅行代理店にもよりますが、私がレンタルした業者では、「B型」のベビーカーしかレンタルできませんでした。

上では「トロリーに乗るんならA型のベビーカーは無理」と述べています。ですが、赤ちゃんが小さく腰が据わっていない場合は、B型のベビーカーを使えませんよね。

ですが、業者によってはB型のものしか借りられない場合があるわけです。この点には注意が必要ですね。

スポンサーリンク




関連コンテンツ



スポンサーリンク




Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE