Read Article

水泳好きのハワイ旅行に忘れず準備して欲しいもの

水泳好きのハワイ旅行に忘れず準備して欲しいもの

今回は、初めてハワイ旅行に行く人のうち、水泳が好きな人にお伝えしたい注意点です。

今回お伝えしたいのは、「普段、水泳を趣味している人は、いつもの水泳道具をハワイに忘れず持参した方がいいですよ」というお話です。なぜかというと、私は以前、ハワイに水泳道具を持参し忘れて、本当に後悔した経験があるからです。

ハワイ旅行では海でする水泳を楽しめる

私は、普段、日本ではスポーツジムのプールで水泳をしています。と言っても、何か大会を目指しての猛練習というのではなく、健康のための運動として行なっているレベルです。

ですが、水泳は本当に好きで、ハワイ旅行中に海でする水泳を、楽しみにしています。

ハワイの海で水泳をするときは、シンプルにビーチ沿いに黙々と泳ぐのも好きですし、ハナウマ湾のようなシュノーケリングスポットに行き、そこで魚鑑賞をしながらの水泳を楽しむことも好きです。

いずれにせよ、私のハワイ旅行の楽しみとして、海でする水泳は大きな要素と言えます。

水泳道具を一式忘れる痛恨のミス

ハワイで水泳をするときには、私は、日本で使っている水泳道具を一式持って行きます。具体的には、耳栓と水中眼鏡と競泳用の水着です。ただしスイムキャップは、海で泳ぐので持って行きません。

そして、海で泳ぐ時は、日本のプールで水泳をする時と同じスタイルで泳ぎます。つまり、リゾート用の水着ではなく、競泳スタイルで海で泳ぐということです。こうすると、普段、水泳する時と同じ格好なので、海でも泳ぎやすいわけです。

そのため、私のハワイ旅行の荷造りにあたり、普段使っている水泳道具一式は、必須のアイテムとなっています。ところが。最近のハワイ旅行で、私は痛恨のミスをしてしまいました。その水泳道具一式を忘れてしまったんですね。

私は、ハワイの海でする水泳を本当に楽しみにしていて、この忘れ物に気づいたときは、「せっかくハワイに来たのに・・・」と本当にショックを受けてしまいました。

シュノーケリング用ゴーグルで水泳をしてわかったこと

このときは、ワイキキに滞在していました。ワイキキ近辺は、都会なので、買おうと思えば、競泳用の水泳道具一式を現地で買うこともできます。

なので、最初は、「ハワイでの水泳を楽しむために」と、現地で一式揃えようかとも考えました。ですが、やっぱりやめることにしました。と言うのも、日本に帰ってから、ハワイで新しく買った道具一式が、重複して無駄になるからです。

一方、シュノーケリング用ゴーグルは、そのとき宿泊していた施設で、無料で使えるものがありました。なので、多少泳ぎにくくても、「無料ならば」と、このゴーグルを利用することにしました。

つまり、競泳スタイルでの水泳は諦め、サーフパンツとシュノーケリング用ゴーグルで水泳をすることにしました。

で、このシュノーケリング用のゴーグルは、目に当てるグラスの部分が1つに繋がった、よくある感じのものです。ただ水泳目的ですので、このゴーグルから、シュノーケルを外して着用し、メガネの部分のみで泳いでみました。

その結果わかったのは、シュノーケル用のゴーグルは、本当に泳ぎにくいことです。顔の前にゴーグルが飛び出していて、水の抵抗を受けやすいからです。

加えて。ゴーグルのゴムに鼻の穴を塞がれることが、息継ぎの邪魔になりました。ゴーグルのゴムに鼻を塞がれてみて、息継ぎに鼻をよく使うことを実感することになりました。

普段の水泳道具を忘れないようにする

というわけで、シュノーケリング用のゴーグルでの水泳は、「泳ぎにくいな〜」とストレスを感じる結果となりました。また、サーフパンツも、競泳用の水着に比べ抵抗が大きく泳ぎにくかったです。

そのため、改めて、普段の水泳道具を忘れたことを後悔することになりました。

ハワイでの水泳を楽しみにしている人は、普段の水泳道具を忘れないように、念には念を入れて気をつけてください。忘れてしまうと、水泳を思いっきり楽しめなくなります。

Return Top