Read Article

ハワイ到着日のディナークルーズは避けたほうが良い理由

ハワイ到着日のディナークルーズは避けたほうが良い理由

今回は、初めてのハワイ旅行で「ディナークルーズに参加したい」と計画中の方にお伝えしたい注意点です。

で、簡単には、「ディナークルーズは、ハワイ到着日に参加するのは避けたほうがいいよ」ということをお伝えしたいんですね。

ハワイ到着日にディナークルーズを避けたほうが良い理由

なぜかというと。ハワイ到着日は、フライト疲れと時差ぼけから、眠くてディナークルーズを十分に楽しむことができないからです。

特に、海に沈む夕日見学付きのサンセット・ディナークルーズの場合は、夕日を見る頃には眠気が絶頂に達し、夕日を見られないことさえあります。

加えて、その後に食べる夕食も、その体調を引きずった上での船上での食事となるんですね。

このような背景があるため、ハワイでディナークルーズに参加する場合は、初日は避け、2日目以降にしたほうが良いです。そして時差ぼけの影響の少なさを考えると、より後半の方がオススメと言えますね。

ハワイ到着日に眠たくなる理由

では、ハワイ到着日に「なぜ眠たくなるか?」その理由について、詳しくご紹介します。

この記事を書いている現在ですが、日本とハワイを結ぶ飛行機の行きのフライトスケジュールでは、基本、日本の夜に出発し、ハワイの早朝から正午くらいに到着することになります。

で、この行きの飛行機内で、ぐっすりと眠れた場合は、到着日にディナークルーズに参加する元気も残ります。ぐっすり眠れた場合、日本の夜に出発して、ハワイに着いたらハワイの午前中となるため、体にとっても自然な感じで過ごせます。

ですが。そのように行きの機内でぐっすりと眠るのは、ビジネスクラスのシートを取って、「食事も何もいらないから、寝させてください」と頼んでいない限り難しいんですね。

エコノミークラスの場合、そのシートが狭いため、そもそもぐっすり眠るのが難しんですね。加えて、食事の時間になると、機内全体を明るくされることになります。その結果、仮に自分の食事を断っていたとしても、周りで食事をする人の、音や会話、匂いなどから、寝続けるのが難しいわけです。

もちろん、そのような環境でも眠り続けられる人もいるのですが、やはり限られるんですね。私はすぐに目が覚めてしまうタイプのため、エコノミークラスでハワイに行った際には、寝続けることができず、起きていることになります。その際に周りを見渡してみるのですが、エコノミークラスでずっと寝続けられる人は、まずいない印象です。

これが、ビジネスクラスの場合は、機材によってはシートがフラットになりますし、そうではないとしても、エコノミークラスより快適なシートなんですね。加えて、サービス面でも手厚くなっています。

例えばJALの場合は、ビジネスクラスで寝ている人が多い場合は、本来食事の時間が来ても、料理を配膳しません。そしてビジネスクラスのエリアの明かりは、暗いままにしてくれるんですね。

喩えるなら徹夜明けの体調

さて。私は、麻雀が趣味で、若い頃はよく徹夜で麻雀、略して、徹マンをよくしていたんですね。今でも麻雀は好きで、ハワイまでJALの便で行く場合は、機内エンターテイメントでできるゲーム「成層圏麻雀」をやりますし、ハワイに着いたら、ハワイ在住者の方々とハワイの雀荘で麻雀をしたりもします。

で、言いたいのは「私がどれだけ麻雀が好きか」ということではなく、ハワイに到着した時の体調の感じですね。この時の体調ですが、喩えるなら、徹マン明け、つまり徹夜明けの朝の体調に似ているんですね。

そしてハワイ到着初日は、その徹夜明けの体調に加えて、19時間の時差を体験することになります。その結果、眠くなりやすいんですね。

なので、ハワイの綺麗な景色に沈む夕日を見る頃には、ウトウトしてしまい夕日を見るのが辛くなるわけですね。そして、その体調ですので、船上で夕食を食べるのもゆっくり楽しめないわけです。

さらに、そのように自分の体調が万全ではないだけなら、まだ良いのですが。ハワイのディナークルーズでは、運が悪いとそのサービスに満足できないこともあるんですね。

具体的に言うと。ハワイらしいゆるさ、悪く言うといい加減なサービスをされることがあります。例えば、ディナーの料理が来るのがすごく遅かったりすることがあるんですね。で、スタッフにそのクレームを入れようとすると、「ニホンゴチョットシカワカリマセン」と、誤魔化される対応を受けることが実際にあります。

到着日の万全でない体調で、そのような目に遭うと、より凹んでしまい、せっかくのハワイ旅行の出鼻を挫かれてしまうんですね。これも、ディナークルーズを到着日に避けた方が良い理由の1つです。

2日目以降、より後半がオススメ

以上の理由から、ハワイ到着日にディナークルーズに参加するのは、オススメできません。で、実際に参加するなら、2日目以降にするのがオススメです。

ハワイに滞在し時差ぼけの影響がより少なくなっていることを考えると、ディナークルーズはより後半に参加するのが良いですね。

そのためディナークルズでハワイ旅行の最後を締めくくるのも、良い思い出となります。ただ、帰国前日は、荷造りが必要な点は考慮していた方が良いですね。

Return Top