Read Article

ハワイでレンタカーのガソリンが満タン開始じゃない時の対応方法

ハワイでレンタカーのガソリンが満タン開始じゃない時の対応方法

今回は、「ハワイで初めてレンタカーを借りますよ」という人へのお役立ち情報として、私がハワイのレンタカーで体験したトラブルをひとつご紹介します。

そして、そのトラブルに「こう対応しましたよ」と言うことをお伝えすることで、同じような目に遭ったときに役立てて欲しいわけですね。

借りた直後にガソリンが満タンじゃない

そのトラブルですが、仕事でハワイに長めに訪れている際に体験しました。

その時ですが平日は、ハワイと言えども仕事をしていました。なので、「気分転換に」と週末に車を借りてドライブに行くことにしたんですね。そして、そのトラブルを体験することになりました。

そのトラブルですが、具体的には「レンタカーを借りた直後に、ガソリンが満タンじゃなかった」というものです。もしかすると、このようなことはハワイではよくあることなのかも知れません。ですが、私がハワイでレンタカーを借りた中では、これが初めての体験でした。

借りたレンタカー会社はHertzでヒルトンハワイアンビレッジの営業所でした。この記事を書いている現在は、ヒルトンハワイアンビレッジのレンタカー会社はNationalですが、その当時は、Hertzだったんですね。

で、そのHertzの営業所で借りたレンタカーのガソリンが、「いざ出発」と乗り込んでみると、ガソリンが満タンじゃなかったわけです。どれくらい満タンじゃなかったかというと、ガソリンが3/4くらいの量となっていました。

ちなみに、予約自体は前日にしていたので、予約なしで訪れたわけではありません。なので、「急遽車を用意したからガソリンが満タンじゃなかった」と言うことは考えられません。

どう対応したのか

この満タンじゃない体験ですが、すでに述べた通り、この時が私にとって初体験でした。なので、少々うろたえることになり、また出鼻を挫かれることにもなりました。

で、どう対応することにしたのかと言いますと。とりあえず、ガソリンメーターの写真を撮影して、レンタカーの営業所のデスクまで戻り、契約したスタッフに見せることにしました。そして、「満タンじゃないけど、どうなってるの?」と尋ねてみることにしたわけです。

そのスタッフですが、恰幅の良いハワイアン(と思われる)女性で、もちろん日本語は通じません。具体的にどのような英語で話したかは覚えていませんが、とにかく「ガソリンが満タンじゃない」と言う趣旨のことを、さきほど撮影した写真を見せながら話しました。その結果、こちらの意図が伝わりました。

そして、そのスタッフのご回答ですが・・・。「返す時に同じ量のところまで燃料を入れてください」と言うご回答でした。

そう言われて「なるほど」と私は感じ、「それではそうします」と、引き下がることにしました。一方で、「果たして返す時にそれでトラブルにならないだろうか?」と不安にも感じていました。

ガソリンを3/4ほど入れて車を返した結果

その日のドライブを終え、いよいよ車を返すことになりました。で、返す時には言われた通り、満タンにはせず、もともと入っていたおおよそ3/4ほどガソリンをガソリンスタンドで入れて返すことにしました。

そして、返した車のガソリンの量が、問題になったかと言うと・・・、特に問題にはなりませんでした。

ただその時は、返す時にレンタカー会社のスタッフのチェックを受けずに、車を返しています。と言うのも、Hertzの「the Express Return」と言うサービスを使って返したからです。

このサービスは、自分の判断で車に特に問題がない場合は、スタッフのチェックを受けることなく車を返すことができます。具体的には、返す時に駐車場の所定の場所に車を停めたら、キーを専用のボックスに入れておしまいです。

なので、ガソリンの残量を返す時点でチェックされることがなかったんですね。ただ、その後にHertzから「ガソリンが満タンじゃないよ」と言う追加の請求は来ませんでした。なので、満タンにしないで返して問題はなかったわけです。

レンタカーに乗り込んだらまずチェック

以上、ハワイで借りたレンタカーのガソリンが満タン開始じゃないときに、どのように対応したのかをご紹介しました。

この経験から、私は、ハワイでレンタカーを借りたら、「ガソリンが満タンかどうかをチェックする必要がある」、とわかりました。また、ガソリンに限らず、ウィンカー、ライト、フォグランプ、ワイパーなどが、ちゃんと動作するかもチェックした方が安心ですね。

また、このトラブルを体験したときは、「ガソリンの満タン返し不要」のオプションを付けていません。このオプションは、最初の1タンク分を先払いすることによって、「返すときには満タンにしなくていいよ」と言うオプションです。

で、ひとつの可能性として。この「ガソリンの満タン返し不要」のオプションを付けているのに、スタート時点でガソリンが満タンじゃなかったら、どうなっていたんだろう?と考えることになりました。と言うのも、1タンク分先払いで買っているはずなのに、その量が3/4しか入っていない状況となるからです。

このあたりの適当さがハワイらしいと言えば、ハワイらしさではあります。ですが、この場合はさすがに「満タンにしといてくれよ」と思いますよね・・・。

ヒデ

2008年の初ハワイ旅行をきっかけに、家族旅行、仕事のために一人で出張、短期滞在、長期滞在、など様々なシチュエーションでハワイを訪れています。その経験を共有し、これから初ハワイ旅行の人に役立てたいと考え、このサイトを立ち上げました。
ヒデよりご挨拶

コメント

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. はじめまして!2日前にオアフ島より帰国しました。
    こちらを事前に知っておきたかった。。。
    私の場合は85%ほどの状態からの貸し出しでした。
    2日間のレンタルで初日のよるホテルで契約書を熟読したところ同じ状態で返せば良いと記載、理解納得はしたのですが、ん?まてよ、85%までってどうやって給油すれば良いんだ?
    結局、20ドル分とりあえずでイイや!と給油。
    ほぼ満タンになりその後2日目乗り回しました。
    返却時、メーターを見ると90%ほど。
    許容範囲かな?と自分をたしなめました。(笑)
    満タン借りの満タン返し、、これじやないと結局はレンタカーやさんが得するばかりとしか思えません!(泣)
    レンタル契約時(日本でネットで予約)「満タン借り」のリクエストはできないのでしょうか?

    • ppbobbyさん、

      コメントありがとうございます。ハワイで借りたレンタカーのガソリンが満タンスタートではない体験をされたんですね!
      実際にそうなると、日本ではまずないことなので焦りますよね。

      確かに85%ほどを絶妙に入れるのは難しいですね(笑)

      「満タン借り指定」についても同感です!

  2. ご回答ありがとうございます。
    いやもう絶対「満タン借り」ですよね!
    どなたか85%でとどめる給油技術、ご教示ください(笑)

Return Top