Read Article

海外旅行保険は事前に契約すべき3つの理由

海外旅行保険は事前に契約すべき3つの理由

今回は、ハワイ旅行が初めての人に伝えたい情報です。

ハワイはクレジットカード付帯の保険があっても、別途、海外旅行保険に入るべき旅行先

ハワイは、海外旅行保険が付帯するクレジットカードを持っていたとしても、別途、海外旅行保険に入るべき旅行先です。

なぜかというと、ハワイの病院で入院するようなことがあると、数千万単位の医療費が請求されることがあるからです。クレジットカード付帯の保険の補償額は、多くても100万円単位ですので、その補償額は全く足りません。

この点について、詳しくは、次の記事でご紹介しています。

ハワイ旅行では海外旅行保険に必ず入るべき理由

なので、クレジットカードの保険だけでは、ハワイで、万が一があった時に不安です。というわけで、ハワイは、海外旅行保険に入るべき旅行先なのですが、今回お伝えしたいのは、その海外旅行保険に入るタイミングです。

具体的には、空港で直前に入るより、よく調べてから事前に契約する方が良いです。

「空港で直前に」ではなく事前に契約するべき理由

海外旅行保険は、出発する直前の空港でも契約することが可能です。日本の空港には、ATMのような感じの海外旅行保険の契約マシンが置いてあり、それを使えば日本を出発する直前に、簡単に海外旅行保険に入ることができます。

ですが、海外旅行保険は、そのように出発直前に契約するよりも、事前に契約するのがオススメです。

その理由として、3つあります。1つ目の理由は、事前契約の方が、料金面でお得な場合があるからです。例えば「ネットで申し込んでくれたら割引します」という海外旅行保険があります。

具体的には、三井住友海上の「ネットde保険@とらべる」は、ネットで申し込むと書面で申し込むよりも割引料金で契約できます。

つまり、ネットで事前に申し込むと、その料金がお得にできる保険があります。これが、海外旅行保険を事前に契約するべき1つ目の理由です。

保険が適用される条件を確認する余裕がある

海外旅行保険を事前に契約するべき2つ目の理由は、保険が適用される条件を確認する余裕があることです。

というのも、空港の契約マシンで海外旅行保険を契約する場合は、どうしてもその契約条件をじっくり確認する余裕が、時間的にも気持ち的にもないからです。

特にハワイ旅行は、「ハワイが楽しみだ〜」とワクワクした気持ちになっているので、「怪我をする」や「病気になる」のようなネガティブなことを考えるのが面倒になります。結果として、空港で直前にする場合、深くその内容を確認せずに、契約してしまいがちです。

で。このように深く考えずに契約してしまうと、実際にトラブルにあってから後悔することがあります。「えっ、保険でカバーされると思ってたのに・・・」と言うケースが、実はカバーされないことがあるからです。

そのようなケースとして、例えば、ハワイ現地でのレンタル品の盗難があります。

これは、その保険会社の契約内容や、レンタルしたものでも変わるのですが、「現地でのレンタル品の盗難は、当社の保険ではカバーしません」と言う条件の海外旅行保険が実際にあります。

例えば、ハワイで借りたレンタサイクルが盗まれてしまった場合、その弁償代が保険でカバーされないことがあります。ほか、レンタカーの車内に放置した荷物の盗難に関しては、保証しない、という条件の保険もあります。

つまり、ハワイでする行動からリスクを想定して、それが保険でカバーされるかを事前に確認することが重要になります。事前に申し込むと、その範囲を確認する余裕が持てます。

ハワイで紛失した財布が保険でカバーされなかった実体験

自分の所持しているものであっても、「盗難ならカバーしますが、自分で紛失した場合はカバーしませんよ」と言うこともあります。私は、実際、ハワイで紛失した財布が、保険でカバーされなかった経験があります。

その時の体験をご紹介すると。まず、ハワイで財布を紛失した時に、酔っ払っていて自分で落としたのか、スられたのかよくわかりませんでした。

そこで、私は、とりあえず「ハワイで財布を落としました。」ということにして、「中身の現金はともかく財布本体だけでも保険で何とかなりませんか?」と、保険会社のサポート窓口に相談しました。

その財布は、買ったばかりで、かつ、そこそこ良いものだったので、せめて本体だけでも保険で何とかしたかったんですね。今考えると、そもそもハワイに良い財布を持って行くこと自体が間違いだったのですが、この時はそのようなノウハウを知りませんでした。

で、保険会社に問い合わせた結果は、「自分の過失で紛失した場合はカバーされません。」で、おしまいとなりました。

このように、「保険でカバーされるんだろう」と思っていることが、実際には、カバーされないことがあります。なので、カバーされる範囲を確認することが重要です。

また、保険でカバーされる場合でも、高額なものを持ち歩く場合は、「その補償額が足りない」ということもあります。そのような時は、保険会社の窓口に行くと、補償額やカバー範囲を厚くした個別の海外旅行保険の契約が可能です。それができるのも事前に契約するメリットです。

どの会社の保険が良いのか判断できない

事前に契約すべき3つ目の理由は、空港で直前に契約する場合、時間的・気持ち的余裕のなさから、どの会社の保険が良いのか判断できないからです。

上述した通り、保険でカバーされる内容と条件は、契約する保険会社によって異なります。A社の海外旅行保険ではカバーされないことが、B社ではカバーされるということがあるわけです。

空港で直前に契約する場合は、それをじっくり吟味する余裕を持てません。

ちなみに。この記事のトップの写真は、羽田空港の国際線の出発ロビーにある、海外旅行保険の契約マシンです。実際の空港では、このような感じで複数の保険会社のマシンが並んでいます。

で、この写真では、「ジェイアイ傷害火災」と「損保ジャパン日本興亜」の2つの会社のマシンが並んでいるわけですが、特に保険会社にこだわりがないと、「どっちでもいいや」と、選んでしまいます。

一方、事前に契約する場合は、それぞの保険の内容を比較する余裕があるわけです。

ヒデ

2008年の初ハワイ旅行をきっかけに、家族旅行、仕事のために一人で出張、短期滞在、長期滞在、など様々なシチュエーションでハワイを訪れています。その経験を共有し、これから初ハワイ旅行の人に役立てたいと考え、このサイトを立ち上げました。
ヒデよりご挨拶

Return Top