Read Article

ワイキキ・サンドビラ・ホテルは朝食付きプランで泊まるべきか?

ワイキキ・サンドビラ・ホテルは朝食付きプランで泊まるべきか?

今回は、ハワイ旅行でワイキキ・サンドビラ・ホテルの手配の仕方を検討している人に伝えたい情報です。

お伝えしたいのは、2018年1月に、私がこのホテルに宿泊した経験からの、「このホテルの部屋を手配するにあたり、朝食付きのプランにするべきか?」という点です。

公式サイトから予約すると朝食付きになる

私が、このホテルに宿泊した後に、このホテルの日本語公式サイトを見て、「え〜、そうだったんだ」と思ったのが、このホテルの公式サイトから予約すると、全て朝食付きのプランとなることです。

以下、このホテルの公式サイトのトップページにある、その案内を引用したものです。

公式サイトから直接ご予約いただくと、全てのプランで、ご宿泊の皆さまに毎日の朝食が付きます。また午後12時チェックインも確約されます。

この事実に、なぜ「え〜!?」と思ったかというと、私が2018年1月に宿泊した時は、朝食なしのプランで手配をしてもらったからです。私は、このホテルを仕事でお世話になっているハワイ現地の取引先の人に、手配してもらいました。この場合、公式サイトから予約していないので、朝食付きのプランにはならなかったんですね。

自腹だと1食12ドルくらい必要

ただ、このホテルでは、私のように、朝食なしで宿泊した人でも、お金を払って朝食を食べることができました。そこで、私は、「せっかくなので」と、滞在中、1度だけこのホテルで朝食を食べてみることにしました。

朝食の場所は、このホテルの1Fにあるロコハウスというレストランでした。ビュッフェスタイルの朝食となっており、レストランの入り口にいるスタッフに、「朝食を食べたい」という旨を伝えて利用することになりました。

この時、朝食付きプランの人の場合は、部屋番号を伝えるだけで、朝食を食べられるようになっていました。なぜそれがわかったかというと、ちょうど私のすぐ前に入った人が、そうして朝食を食べ始めていたからです。

一方、私のように朝食なしプランの場合は、ホテルのスタッフに、「朝食付きのプランではないけど、朝食を食べたい」という旨を伝える必要がありました。その時対応したスタッフに限っては、このような申し出は珍しかったようで、「えっ?」という顔をしたのち、「部屋にチャージすることはできず、食後に精算してもらう必要があります」ということを言われました。

「OK」と答えて、朝食の会場に入ると、私のテーブルだけには、精算用の伝票を入れたケースが届けられました。食後は、それを持って、ホテルのスタッフに渡し、精算することになりました。朝食付きプランの場合は、このような手間がない点は楽ですね。

朝食の金額は、10.33ドル(1ドル約112.97円換算で1,167円) でした。ちなみに、私が宿泊したときは、1度だけ使える朝食代が15%割引となるクーポン券が貰えました。この金額は、それを使った料金です。精算時にチップ代15%を払っていますので、この10.33ドルがチップを抜きにした、このホテルの朝食代となるはずです。

つまり、朝食プランにせず、自腹で払っていたとすると、1食あたり、10ドルちょっと、チップを考えると12ドル程度は、必要になるというわけですね。

毎朝は必要ないと感じた理由

その料理の味についてですが、これは、その人の好みで評価が変わることですので、詳しく述べることは避けます。ただ、私の感覚では、「アメリカ人好みっぽい味付けだな」と感じました。

このように私は、都度払いで1度だけこのホテルの朝食を食べてみたのですが、結論としては、「毎朝は必要ない」と感じました。なぜそう感じたかというと、このホテルの立地が、ワイキキの中心部に近い便利な立地だったからです。

つまり、ホテルの朝食ビュッフェを食べなくても、ほかに朝食を調達しやすい環境にあるということです。具体的には、私は、前日の夜にワイキキの中心部で買った持ち帰り料理のうち、食べきれない分を翌朝の朝食に食べる、ということをしていて、それで十分でした。

これ以外にも、このホテルの徒歩圏のスーパーマーケット(例えば、Mitsuwa MarketplaceやFood Pantry)などで朝食用の食材を調達し、それを食べる方法などもあります。

ホテルの朝食以外にそれを食べる手段が限られる場合は別ですが、このホテルの立地では、その調達方法が色々とあります。それも、一人当たり12ドルの予算があるならば、なおさらです。

というわけで、このホテルに宿泊するにあたり、「毎朝朝食をつける必要はないな」と感じました。

Return Top