Read Article

ワイキキビーチの防波堤沿いで見られる野生の生き物

ワイキキビーチの防波堤沿いで見られる野生の生き物

今回は、初めてのハワイ旅行でオアフ島のワイキキに滞在する人に伝えたい情報です。

お伝えしたいのは、「人で溢れるワイキキビーチでも、防波堤沿いでは、こんな野生の生き物が見られる」と言うお話です。

ワイキキビーチには、一部防波堤があるエリアがある

Googleマップで、「waikiki」と検索すると、オアフ島のワイキキのエリア全体が、地図上で確認できます。

Googleマップでワイキキ全体を見る

「ワイキキビーチ」とは、このエリアに面するビーチの総称となります。実際に訪れると、このエリアは、とても広いことがわかります。例えば、ワイキキに面するビーチを北西の端から南西の端まで徒歩で歩くと30分以上かかる距離です。

Googleマップでワイキキの北西の端から南西の端までのルートを見る

このようにワイキキビーチは広いため、そのエリアごとに特徴があります。例えば、混みやすさの違いや、沖側に防波堤があるかないかの違いがあります。

防波堤沿いで魚が見られる

具体的に、Googleストリートビューで、ワイキキビーチの防波堤のある場所を示すと次の通りです。

3つ目のクイーンズビーチの桟橋は、正確には、ワイキキエリアをちょっと南側に外れる上、防波堤ではありません。ですが、ワイキキビーチから徒歩圏と言うことで、加えています。

そして、このような防波堤沿いでは、魚が泳いでいるのを見られることがあります。ワイキキビーチを初めて訪れると、その人混みから、「こんなに人がいるところに、野生の生き物がいるんだろうか?」と言う先入観を持ってしまいがちです。ですが、実際に探して見ると、意外に野生の魚が見られるわけです。

宿泊先をワイキキにする場合、ワイキキのビーチまでは徒歩で移動できます。つまり、ワイキキでは、徒歩圏で手軽に魚鑑賞を楽しめるわけです。

防波堤の上からでも魚が見られる

さて、上でご紹介したストリートビューの様子を見るとわかる通り、その防波堤上は、徒歩で歩けるようになっています。そして、その防波堤上から海中を探すと、魚が見られることがあります。

つまり、ワイキキでは、水着に着替えなくても、魚鑑賞を楽しめます。これは、着替えるのが面倒な人や泳ぎが苦手な人にとって、嬉しい特長となります。

このように地上から、海中の魚を見つけたいときは、偏光レンズを使ったサングラスがあると便利です。このグラスを使うと、海面から反射される光がカットされ、海中が見やすくなるからです。結果、海中の魚を見つけやすくなります。

この記事を書いている現在、Amazonで偏光グラスの価格を見ると、2千円〜3千円の価格帯のものからあります。ので、ハワイ旅行用に気軽に買えます。

Amazonで偏光グラスの価格を見る

潜る場合はクヒオビーチの内側が安全

また、この魚鑑賞は、もちろん海に潜ってでもできます。この場合、地上から見るよりも間近に魚が見られるため、魚鑑賞をより楽しめます。

ただ防波堤沿いに潜る際には、防波堤の内側にするのがオススメです。と言うのも、防波堤の外側は、波が打ち付ける上、速い海流ができていて危険だからです。上で挙げた3つの場所のうち、潜って魚鑑賞をするならば、クヒオビーチの防波堤の内側がオススメです。それ以外は、地上からの鑑賞とするのが、安全です。

クヒオビーチの防波堤の内側の一部は、足がつく届く深さのところもあります。そこであれば、比較的安全に潜っての魚鑑賞を楽しめます。ただ、クヒオビーチの防波堤も、一部、切れ目がある場所があり、いきなり深くなっている場所もあります。ので、そこには注意が必要です。

以上ご紹介したように、ワイキキビーチの防波堤沿いでは、魚鑑賞が楽しめます。ワイキキビーチは、初めて訪れると、その人混みから、野生の魚が居ない場所と思われがちです。ですが、実際には、ワイキキビーチでも魚鑑賞を楽しめます。

ヒデ

2008年の初ハワイ旅行をきっかけに、家族旅行、仕事のために一人で出張、短期滞在、長期滞在、など様々なシチュエーションでハワイを訪れています。その経験を共有し、これから初ハワイ旅行の人に役立てたいと考え、このサイトを立ち上げました。
ヒデよりご挨拶

Return Top