Read Article

ハワイ旅行でドルはいくら必要?実体験から学んだお金回りの準備の仕方

ハワイ旅行でドルはいくら必要?実体験から学んだお金回りの準備の仕方

今回は、ハワイ旅行が初めての人に伝えたい情報です。初ハワイ旅行に向けて、「現金をいくら準備したら良いんだろう?」と悩んでいませんか?

今回は、私が実体験から学んだハワイ旅行にあたりお金回りの準備の仕方をご紹介します。

ハワイ旅行でお金回りで準備するもの

私がハワイ旅行にあたりお金回りで準備しているものは、以下の通りです。

  • クレジットカード (VISA、Master、AMEX、JCBの4枚)
  • $100パック一つ ($20札×3枚、$10札×3枚、$5札×1枚、$1札×5枚の内訳のもの)
  • 日本円 (金額は、滞在日数や旅行内容に応じて変わる)
  • 国際キャッシュカードに対応した日本の銀行のキャッシュカード

以上です。では、この準備の仕方について解説します。

クレジットカードは複数枚準備する

まずハワイ旅行に「あると便利」と言うよりも、「必須」なのがクレジットカードです。ハワイを含めアメリカは、カード社会となっています。なので、多額の現金は持ち歩くようなことはせず、カードで支払うことが一般的です。

日本と比べ、ハワイは治安が良くないので、多額の現金を持ち歩くことにはリスクがあります。その点でも、カードを持ち歩く方が良いわけです。

特にオアフ島のワイキキでは、カードが使えない店を探す方が難しいくらいカードが普及しています。なので、クレジットカードさえあれば飲食店やショップでの支払いに困ることはまずありません。

またフードパントリーのようなスーパーやABCストアと言うハワイのコンビニのような店で、小額のものを買う場合であってもカードで支払いで大丈夫です。

このようにほとんどの場合カードで支払いができてしまうので、もしドルをたくさん用意すると、

「せっかく準備したけどけどドルがほとんど残った」

となります。この場合ドルを日本円に戻す際にも手数料が発生し、よりもったいないことになります。

クレジットカードをなぜ複数枚用意するのか?

私が、クレジットカードを違うブランドで複数枚用意するのは、次の理由からです。

  • 稀に特定のブランドのクレジットカードが使えないことがあるから
  • 財布を落とした時に備えての予備として
  • ワイキキ周辺では、JCBカードで受けられる便利な特典があるから

ハワイでは、稀に特定のブランドのクレジットカードが使えない店があります。

たとえば、オアフ島のクアロア牧場の近くにあるマカダミアナッツファーム。このショップでは、「Amexは受け付けません」となっていました。ほかにも、ホノルル動物園やハナウマ湾の入園料の支払いでも、特定のブランドが使えないことがありました。

またカードのブランドの問題ではなく、カードの構造が問題になったこともありました。それは、ホノルルの空港でレンタカーを借りる時に、支払いをカードで行った時のことなのですが、「カードに凹凸がないと困る」と言われ、使えなかったことがあります。

その時、使おうとしたカードは、カード番号や名前、有効期限が印字されているだけで、凹凸がないものだったのです。そのレンタカー会社では、カーボン紙をカードの凹凸に押し付けることで、カードの情報をとっておくそうで、「凹凸のないカードだと困る」、ということでした。

このように稀に特定のカードが使えないことに備えて、クレジットカードは違うブランドで複数枚用意します。

カードを落とした時に備えて・・・と言うのはあらためて説明するまでもないですね。私はハワイ旅行で全財産を入れた財布をなくした経験があり、常にそれに備えての準備を怠らないようにしています。

ほかワイキキ周辺では、JCBブランドのカードを持っていると、何かとお得なサービスが受けられます。たとえば、ワイキキの中心地にあるDFSのラウンジを使えたり、トロリーのピンクラインに無料で乗れたり、ショッピング時に割引やおまけがあったりなどです。

用意する現金について

次に、用意する現金についてです。これは、「ズバリ日本円で○万円、USドルで□ドル準備せよ」と言うことはできません。その理由は、旅程の期間、オプショナルツアー等に参加するのかなどの旅行の内容、その時のハワイの物価、為替のレートで変わるからです。

ただ一つご参考として、私がハワイ旅行にあたり現金を準備する方針をご紹介すると、次の通りです。

  • 原則クレジットカードで支払うことにする
  • ドルとして準備するのは、$100パック一つ ($20札×3枚、$10札×3枚、$5札×1枚、$1札×5枚の内訳のもの)
  • この$100パック一つは、到着初日に利用するかもしれないチップやタクシーのためのもの
  • 旅行の期間、旅行内容に合わせて日本円の1万円札を用意する
  • 必要な現金に応じてワイキキの両替ショップで1万円札を両替する

では、この方針について解説します。

まず支払いは原則クレジットカードを使うのが大方針です。そしてドルとして準備するのは、$100パック一つとします。$100パックの内訳は、$20札×3枚、$10札×3枚、$5札×1枚、$1札×5枚の内訳がオススメです。最近はあまり見られませんが、$50札が入ったパックは、$50札を細かくするのが不便なのでオススメしません。

この$100パック一つは、到着初日に利用するかもしれない、チップやタクシー代として準備しています。それ以外の現金は、旅行の期間、旅行の内容に合わせて、日本円で必要と思われる金額を1万円札で持って行きます。特にワイキキでは、日本円を両替できる場所がたくさんあるので、必要に応じてドルに両替できます。

また現金払いしかできない可能性があり、金額が大きいものとしてはオプショナルツアーの費用があります。そのため、オプショナルツアーの支払いについては事前に良く確認した方がよいです。

最後に、念のためとして、「国際キャッシュカードに対応した銀行のキャッシュカード」を用意します。国際キャッシュカードがあれば、ハワイのATMから現金を引き出せるからです。ただクレジットカードとそれなりの日本円を準備しておけば、国際キャッシュカードは出番はまずありません。

ハワイの物価の調べ方

以上を読むと「じゃあ、日本円の1万円札をどれくらい準備すればよいんだろう?」と、知りたくなるはずです。

その疑問に「ズバリいくら」と答えることは、やはりできないのですが、ハワイ、それもワイキキの物価を調べる方法はあります。具体的には、ワイキキの飲食店のメニューの金額を確認すると言う方法です。

たとえば、ワイキキにあるチェーンのピザ店、California Pizza Kitchenワイキキ店のメニューは、次のリンクから見られます。

California Pizza Kitchenのワイキキ店のメニューを見る

2014年10月現在、この店ではパスタが$12〜$18となっています。ハワイではそれに4%ちょっとの税金が載り、さらに店内で食べた場合、チップとして通常15%必要なので、$13.8〜$20.7となります。2014年10月1日現在$1が約109円ですので、つまり1564円〜2346円となります。一人の昼食代しては結構高いことがわかりますね。

このようにワイキキで料理の価格がわかる飲食店の情報を探し、「なるほど、今の物価とレートではワイキキではランチに一人最低でも1,500円はかかるんだな。じゃディナーはその倍は見たほうが良いかな?ホテルのベットのチップに、あとタクシーも使うし・・・」のように考えて行くと、一日に必要な費用が見えてきます。

クレジットカードが基本、現金は100ドルパックと日本円で用意する

以上、ハワイ旅行にあたり、私がお金回りで準備しているものについてご紹介しました。

私が、オアフ島のワイキキに滞在する際に準備しているものは以下の通りでした。

  • クレジットカード (VISA、Master、AMEX、JCBの4枚)
  • $100パック一つ ($20札×3枚、$10札×3枚、$5札×1枚、$1札×5枚の内訳のもの)
  • 日本円 (金額は、滞在日数や旅行内容に応じて変わる)
  • 国際キャッシュカードに対応した日本の銀行のキャッシュカード

これまでの実体験から、私はこの準備でハワイでの支払いに困ることはありませんでした。

Return Top