Read Article

クレジットカードなしのハワイ旅行で気をつけること

クレジットカードなしのハワイ旅行で気をつけること

今回は、ハワイ旅行に行きたいけど、クレジットカードを持っていない人に伝えたい情報です。具体的には、クレジットカードなしのハワイ旅行で気をつけることをご紹介します。

正直なところ、クレジットカードなしでのハワイ旅行は、色々と面倒なところが出てきます。ですが、「それでもカードを作りたくない」という考えの人もいますよね。そのような人に向けて、気をつけるポイントをご紹介します。

ESTAの申請料の支払いをどうするか?

クレジットカードなしのハワイ旅行で、まず考える必要があるのは、「ESTAの申請料の支払いをどうするか?」ということです。

と言うのもハワイ旅行は、アメリカへの入国となるため、原則としてはESTAの申請が必須となるからです。で、その申請料の支払いに、クレジットカードが必要です。。

アメリカに入国する方法として、ESTA以外には、米国大使館にて非移民ビザを申請する方法もあります。ですが、これはESTAに比べ、手間も時間もかかります。そのため、ハワイ旅行ではESTAを申請するのが基本となります。

クレジットカードがない場合に、そのESTAの申請料をどう支払うと良いかというと。簡単なのは、誰かクレジットカードを持っている人に立て替えて払ってもらうことです。ESTAの申請の支払いは、申請する本人のクレジットカードを使う必要がないからです。実際は、私は、それを試したことがありますが、全く問題ありませんでした。

次の方法として、クレジットカードではなく、デビットカードを作り、それで支払う方法もあります。ですが、デビットカードは、ハワイ旅行に持ち歩くには、デメリットもあるので注意が必要です。

たとえば、「落とした時のリスクが大きい」や「デポジットとして支払ったお金が返金されるのが遅い」などです。なので、ハワイには持って行かず、あくまでESTAの申請料の支払いに使うことをオススメします。

ホテルやレンタカーのデポジットをどうするか?

次に。クレジットカードがない場合は、ハワイのホテルにチェックインする時に、面倒なことがあります。それは「デポジット」という預かり金の支払いが必要になるホテルがあることです。そして、基本その支払いはクレジットカードが前提となっているます。

そのようなホテルは、「waikiki hotel deposit」と検索すると、その一部を確認することができます。

で。この支払いには、現金で支払える場合もあります。ですが、その場合、その額を確認して事前にお金を用意する必要がありますし、宿泊日数の長さによっては、その金額もそれなりの額になります。

となると、結構な大金を現金で準備することになります。そうすると、盗難されたり、強盗されたりするリスクがあります。ハワイは常識の範囲内で行動している分には、治安の良い場所なのですが、それでも日本に比べると治安が良くない場所です。

例えば、この記事を書いている最近では、ワイキキと面したカピオラニ公園で、女性が銃を突きつけられての強盗事件がありました。英語となりますが、次の記事で確認できます。

Woman robbed at gunpoint in Kapiolani Park, suspect still on loose

というわけで。クレジットカードがない場合は、チェックイン時のホテルのデポジットがいくらか確認する手間、また、そのお金を管理するリスクがある点に注意です。また、レンタカーを借りたい場合も、デポジットが必要となるので、同じことが言えます。

ちなみに、このデポジットは、パッケージツアーでホテルに宿泊したとしても、ホテルによっては必要な場合があります。なので、「ツアーだから大丈夫」と安心できないのでご注意ください。

現金を分散して保管しリスクを減らす

デポジットの支払いも含めたハワイ滞在中の旅費のために、クレジットカードのないハワイ旅行では、それなりに高額の現金をハワイに持ってくる必要がでてきます。

そして、その現金は、分散して管理したほうが良いです。具体的には、持ち歩く財布、ホテルのセキュリティボックスの中、鍵のかかるスーツケースのなか、などに分散して保管しておいたほうがよいです。

その理由は、ハワイの治安が日本ほど良くないからです。なので、財布一つに大金を入れて持ち歩くことはとても危険です。そのため複数の場所に分けて保存したほうが良いです。

ただし。ホテルの部屋のスーツケースは、それを「丸ごと盗まれる」という事件も、ハワイのある高級ホテルで起きています。なので、そのリスクを知った上で行ったほうよいです。念を入れるなら、スーツケースを固定するためのワイヤーと鍵もあったほうがよいでしょう。

国際キャッシュカードは手数料が高い

また、クレジットカードなしで、ハワイで現金を手にいれる方法として。国際キャッシュカードを準備する方法があります。この方法は、大金を持ち歩かなくて済むメリットはあるのですが、あまりオススメできません。

なぜかというと、国際キャッシュカードでは、円をドルに両替する場合のレートが悪い上に、手数料も高いからです。結果、引き出せば引き出すほど、損をします。なので、国際キャッシュカードは、本当に困った時の最終手段とするのがオススメです。

というわけで、クレジットカードがない場合は、それなりの金額をハワイに持ち込むことになります。なので、その管理に本当に気をつけて下さい。

ちなみに。1週間前後の旅行でそこまでの現金を用意する人は稀でしょうけど、仮に1万ドル以上の現金をハワイに持ち込む場合は注意が必要です。その場合は、ハワイの税関に届け出が必要になるからです。

Return Top