Read Article

男のハワイ一人旅、さらに気をつけること

男のハワイ一人旅、さらに気をつけること

今回は、ハワイへ初めての一人旅を予定している男性に向けて、気をつけることをご紹介します。

で、その趣旨の記事として、以前男のハワイ一人旅で気をつけること。あなたは狙われている!?と言う記事を公開しています。

今回は、この記事に加えて、「ほかにこういうことに気をつけて」、と言うお話です。

男性が服装を現地化するメリット

さて、はじめにお伝えしたいのが、ハワイ旅行中の服装についてです。

このサイトの初ハワイの人は必見!女性のハワイ一人旅で気をつけたいことの記事では、「女性の場合、ハワイの現地の女性のようなファッションをするとナンパよけになる、など良いことがあるよ」とご紹介しています。

で、「男性の場合でも、ハワイ滞在中に服装を現地化するメリットがありますよ」、と言うわけです。

ただ、男性の場合、何をもって「現地の人のような服装」とするかは、難しいのですが、ここでは、ワイキキで働く日本人在住者の服装とします。具体的には、日本で言うクールビズのような服装です。

男性がハワイで服装を現地化するメリットとして、防犯効果があります。犯罪者に対して「日本人旅行者ではない」と、思わせることができます。日本人観光客は、「お金を持ってそう」と思われがちなので、そのように狙われるのを防げます。

またワイキキのメイン通りのカラカウア通りには、観光客狙いの様々な呼び込みが立っています。服装を現地化すると、そのような呼び込みにも声をかけられなくなり、気楽に観光できるようになると言うメリットがあります。

私の実体験としては、仕事でハワイを訪れた時の経験があります。その時は、仕事中は、襟のあるシャツとスラックスのパンツに革靴、と言う服装で過ごしていました。

この服装でカラカウア通りを歩いて発見だったのが、呼び込みに声を掛けられなくなったことです。おそらく「こいつは観光客ではなさそうだから声を掛けても無駄だろう」と判断されたのでしょう。

ただ、せっかくハワイを訪れて、リラックスした格好で過ごせないのも残念です。なので、この体験での服装は、あくまで服装を現地化するメリットの一例として考えてください。「クールビズのような格好をすると良いよ」と、お伝えしたいわけではないです。

夜中のクヒオ通り沿いで気をつけること

次に。上で、「ワイキキのカラカウア通りでは、呼び込みに声を掛けられる」と述べていますが、男一人の場合は、そのカラカウア通りと並行しているクヒオ通りで、別のシチュエーションで声を掛けられることがあります。

それは、クヒオ通りを夜中に歩いた場合なのですが、その時に派手かつセクシーな服装をしたプロの女性に、声を掛けられることがあります。で、そのような女性に声を掛けられても、「相手にしないように気をつけて」ということです。

そのような女性が何をしている人かは、説明しなくてもわかりますよね。アメリカでは、そのような行為は男女共に、違法行為になります。と言うわけで、「一人旅だから・・・」と言う誘惑に負けないように気をつけてください。

ご参考として、そのような女性ですが、絶妙に面白いカタコトの日本語のジョークで、気を惹こうとしてくる女性もいます。私の実体験では、「ダッダーン、ボヨヨンボヨヨン」、「ウァイルドダロー」など、体を張ったネタで声を掛けられたこともあります。

そのネタに、思わず笑ってしまったのですが、笑って気を許してしまわないように気をつける必要があるわけですね。しかし、同邦の誰かが、そのような芸を仕込んでいると思うと、ちょっと笑ってしまいますね。

ナイトクラブでのお酒の値段

次に。ナイトクラブでお酒を頼む時には、その値段をちゃんと確認したほうが良いです。例えば、私は、ハワイのあるナイトクラブで、一口グラスのテキーラ2杯で、$100請求される日本人旅行客を見たことがあります。

その時の体験をご紹介すると。

そのナイトクラブを訪れた時は、私の隣の隣の席にかなり酔っ払った日本人観光客が座っていました。で、私がちょっとトイレに行って、同じ席に戻ってみると、その酔っ払った客と私の間の席に、稀勢の里を小柄にして褐色肌にした感じの恰幅のよい女性が座っていました。

仮にその女性を「キセコさん」としましょう。キセコさんは、明らかに日本人ではなく、その酔っ払い客の元々の知り合いでは様子がわかりました。

そして、どうも酔っ払い客に、キセコさんがカタコトの日本語でお酒を勧めているようでした。

そして、酔っ払った客が、「キセコさんと自分に」、とワンショットのテキーラを2杯頼んだわけです。で、その店では、すぐにお金を支払うことになるのですが、「ハイ、$100」と請求されてしまっていました。

その時の酔っ払い客の顔が、私は今でも忘れられません。結局、酔っ払い客は、そのまま支払って、キセコさんと乾杯していました。キセコさんに完全に寄り切られて黒星となったわけです。

何というか、お酒の怖さを知った瞬間です。その様子を見て、私は「この店はボラれそう」と感じ、バドライトを1杯を飲んで、退散することにしました。

と言うわけで、ハワイのナイトクラブに遊びに行った際には、注文するお酒の金額をよく確かめたほうがよいです。

Return Top