Read Article

男のハワイ一人旅の仕方

男のハワイ一人旅の仕方

今回は、ハワイへの一人旅を検討している男性に伝えたい情報です。

ハワイは、カップルや家族、グループなどで楽しむ場所のようなイメージがあるため、「男一人で行っても浮かないだろうか・・・」と心配になりますよね。私はこれまで、何度も男一人でハワイを訪れているのですが、その実体験から述べると、ハワイは男一人でも十分楽しめる場所です。

そして、これまで、このブログでは、何度か男のハワイ一人旅をテーマにした記事を書いています。今回はそれらの記事をまとめつつ、男のハワイ一人旅の仕方についてご紹介します。

旅の手配の仕方

男のハワイ一人旅にあたり、まずは旅の手配の仕方から始めましょう。

まず、男一人でハワイ旅行を手配するにあたり、一番気軽に行えるのは、やはり個人で、航空券もホテルも手配をすることです。大手旅行代理店の窓口を利用する場合、どうしても女性が担当者となることが多く、男一人でハワイ旅行の手配をお願いするのが、気恥ずかし気持ちになります。個人手配の場合は、そのように気恥ずかしい思いをせずに旅の手配をできる点でオススメです。

ただし。個人手配の場合は、大手旅行代理店のパッケージツアーでの便利なメリットが得られない点は注意が必要です。たとえば、空港からワイキキまでの送迎や現地での便利な交通機関、日本語でのツアーデスクでのサポートなどです。個人手配では、このようなパッケージツアーの便利さを得られないので、結果英語力がより必要となる点はご注意ください。

また個人手配が面倒、でも大手旅行代理店の窓口を使いたくない、と言う場合。雑居ビルでこじんまりとおっちゃんが一人でやっている旅行代理店を利用するのも一つの方法です。この場合、手配を任せる気恥ずかしさを感じることはありませんし、また自分で手配する面倒さをなくすこともできます。

このような男のハワイ一人旅の手配について、次の記事で詳しくご紹介しているのでご覧ください。

男のハワイ一人旅、恥をかかずに旅行の手配をする方法

飛行機の選び方

続いて、男一人でハワイ旅行をするときの飛行機と宿泊先の選び方についてです。

まず飛行機の選び方からご紹介します。私がはじめてハワイに一人で行くときに一番心配だったのが、飛行機内で過ごす時間でした。なぜかというと、機内で「男一人ではすごく浮いてしまうのでは?」と思っていたからです。ところが実際に乗ってみると、全然問題ありませんでした。意外に自分以外にも一人でハワイ行きの飛行機を利用している客がおり、浮くようなことはありませんでした。

とは言うものの。やはり、ハワイ行きの飛行機は、楽しげなカップルや家族連れ、グループが多いのは確かでした。なので、そのような中で、より寂しくない飛行機の選び方をしておいた方が、より安心です。

その方法として、たとえば窓側の席が2列になっている飛行機を選ぶ方法があります。片側の1席を選べば、「もう1席側には同じく独り者が来る可能性が高いだろう」と言うのがその理由です。ほか、結局、気になるのは楽しげな日本人旅行客なので、日本人旅行客が比較的少ない、日系以外の航空会社を選ぶ、と言うのも一つの方法です。

男のハワイ一人旅の航空会社の選び方について、次の記事で詳しくご紹介しているのでご覧ください。

男のハワイ一人旅、航空会社の選び方

宿泊先の選び方

続いて、宿泊先の選び方です。男一人の場合は、無駄に豪華なホテルに泊まるのもなんだか気が引けますし、宿泊先選びに悩むことになります。

男一人の宿泊先として、まずオススメなのは、日本人旅行客が少ないホテルです。その理由は、結局、男一人の寂しさを感じるのは、他の楽しげな日本人旅行客と接するときだからです。日本人旅行客が少ないホテルを選ぶとそのような機会を減らせます。そのようなホテルとして、たとえば、アウトリガー系列のホテルやブレーカーズホテル、ほか、クヒオ通り沿いのホテルも狙い目です。

ほか、コンドミニアムのスタジオタイプの部屋を利用するのもオススメです。コンドミニアムのスタジオタイプの部屋は、男一人で寝泊まりするには十分な広さですし、部屋掃除のサービスなどに煩わされることがありません。また、コンドミニアムは、男性一人で暮らしている人もいるため、男一人で自然に利用できます。

男のハワイ一人旅の宿泊先の選び方について、次の記事で詳しくご紹介しているのでご覧ください。

男のハワイ一人旅、宿泊先の選び方

男一人の入国審査

続いて、男一人でハワイを訪れた時のアメリカへの入国審査についてです。一般的に、「アメリカは女性一人旅の入国審査が厳しい」のような噂があります。このような噂を聞くと、「じゃ、男の場合はどうなんだ?」と心配になりますよね。

これまでの私の実体験からすると、男一人でのハワイの入国審査は、特に問題となることが、なくすんなりと通れました。ただ、質問で聞かれる渡航目的を「ビジネス」と答えた時だけ、ちょっと踏み込んだ質問をされることになりました。

ですが、その場合でもアメリカに就労する意図はなく、「打ち合わせをするだけ」と伝えることで問題がありませんでした。

男の一人でのハワイでの入国審査については、次の記事で詳しくご紹介しているのでご覧ください。

男のハワイ一人旅、入国審査は厳しい?

現地での楽しみ方

続いて、男一人で現地でのハワイ滞在の楽しみ方についてです。

これは、正直なところ何をしていても楽しめるので心配することはありません。というのも、ハワイの陽気で爽やかな気候のおかげで、何をしていても楽しく感じることになるからです。

極端に言えば、ホテルの部屋のベランダでボーとのんびり過ごしているだけでも、十分ハワイは楽しめます。このように過ごしても楽しめるという意味では、むしろ一人旅に向いている場所とも言えます。

とは言いつつもせっかくハワイに行くのならば、ハワイならではの楽しみを経験するのもオススメです。男一人ならではと言うことであれば、たとえばサーフィンをしても良いですし、ちょっとスリルを感じるトレッキングをしてみるのも良いでしょう。バイクの免許があるならば、ツーリングしてもよいでし、射撃なども楽しむことができます。

男のハワイの一人旅のハワイ現地での滞在については、次の記事で紹介しているのでご覧ください。

気をつけること

最後に、男のハワイ一人旅で気をつけることについてです。男一人旅の場合、女性の一人旅と比較して、治安面では心配することは少なくなります。

ですが、それでもやはり気をつけることはあります。たとえば、うっかり間違って、男性同士向けのそっち系のバーやビーチを訪れてしまうことです。そういう趣味の人ならば問題ないですが、そうではない場合、誤解されて迫られても困りますよね。ハワイは特にそっち系の人が多い場所という話もあるので、そっち系ではない人は気をつけて下さい。

男のハワイ一人旅で気をつけること。あなたは狙われている!?

また、ワイキキの繁華街、特にクヒオ通り側を夜中男一人で歩いていると、派手な格好をした女性に、声をかけられるかもしれません。これはプロの女性で、もちろん違法行為なので、誘惑に負けてついて行かないように気をつけて下さい。

ほか、私がワイキキで男一人で困ったのは、夕食をする場所でした。ランチは比較的一人でも入りやすい店が多かったのですが、夕食はちょっと気がひけました。ただ、それでもやはり、夕食を外食をしたくなることがあり、男一人でも利用しやすかったワイキキの店についてまとめたの次の記事です。ちなみに、この記事では紹介していませんが、ワイキキを外れて良ければ、意外にラーメン屋など一人で使いやすい店があります。そのような店を利用するのも一つの方法です。

男のハワイ一人旅、夕食はどうする?

ハワイは男の一人旅でも十分楽しめる場所<

以上、このブログで紹介してきた、男のハワイ一人旅をテーマにした記事をまとめつつ、男のハワイ一人旅の仕方についてご紹介しました。

実際に、男一人でハワイを訪れてみればわかりますが、ハワイ現地で、「あっ、あいつ、男一人で来てるよ、へへへ」なんて思われることはなく、また浮くようなこともありません。

みんな自分の旅行のハワイの楽しさを満喫するのに夢中で、人のことなど気にしている場合じゃないんですね。というわけで、ハワイは、男一人で訪れても十分楽しめる場所なので、心配せず一人旅を楽しんできてください!

ヒデ

2008年の初ハワイ旅行をきっかけに、家族旅行、仕事のために一人で出張、短期滞在、長期滞在、など様々なシチュエーションでハワイを訪れています。その経験を共有し、これから初ハワイ旅行の人に役立てたいと考え、このサイトを立ち上げました。
ヒデよりご挨拶

Return Top