Read Article

ホノルル・マラソンに向けて!ローカルお墨付きのおすすめ練習コース

ホノルル・マラソンに向けて!ローカルお墨付きのおすすめ練習コース

オアフ島で12月に開催される大きなイベントといえば、ホノルル・マラソンですね。今回は、ホノルル・マラソンに参加される方に向けて、現地でのおすすめ練習コースをご紹介いたします。

これは、日頃からホノルルで練習をしているランナーから直接聞いた、ローカルお墨付きのコースです。

まず、ホノルル・マラソンの全体像を把握

ホノルル・マラソンのオフィシャル・ウェブサイトのコースマップを見ると、42.195Kmのコースがとても長いことがわかります。

そのコースですが、アラモアナ公園からスタートして、チャイナタウン、アラモアナに戻り、ワイキキ、ダイヤモンドヘッド、さらに超えて、ハワイカイまで行って折り返し、カピオラニ公園でフィニッシュ!ですね。

さて、ホノルル・マラソンの練習にあたり、フルマラソンを走りこみができる方は、このコースをそのままに走ってみると、だいたいの感覚がつかめます。

ですが、「いきなりフルで走るのはちょっと…」と不安な方もいますよね。そのような人は、まずは、オフィシャルのコースをパーツとして切り出して、部分的に走るコースがおすすめです。今回は、その部分的なパーツへ切り出し方と、その切り出したコースについてご紹介します。

では、具体的にどういったコースか見ていきましょう。

「アラモアナ公園+ワイキキ+カピオラニ公園+ダイヤモンドヘッド+アラワイ+アラモアナ公園」の周遊コース

まずご紹介したいのは、「アラモアナ公園+ワイキキ+カピオラニ公園+ダイアモンドヘッド+アラワイ+アラモアナ公園」を周遊する、約18.5kmコースです。周遊すると、ハーフマラソンに満たないぐらいの距離になります。そしてこの区間は、ホノルル・マラソンの中間区間を一部、取り出した形になります。

このコースを走るメリットとしては、海沿いの道を走れるので、景色を楽しみながら練習できることですね。

ホノルル・マラソンの開催日にはオフィシャルコースは車道がランナー向けに封鎖されるため、車の走行など気にはなりませんが、普段は交通量の多い道です。なので、ホノルル・マラソンのそのままのコースを普段の日に練習すると、車が気になるんですね。

一方、このコースでは、一部オフィシャルコースを走りながらも、海沿いの道に行ける場合は、そちらを選ぶ形になります。本番のコースを確認しながらも、海により近く、オーシャンビューを楽しみながら爽やかに練習することができるのが、最大の特徴です。

また、周遊なので、復路で違う道を行くことができます。結果として、オフィシャルコースにはない、ダイヤモンドヘッドの裏側や、アラワイ運河などのローカルが好んで走るコースにも行くことができるんですね。

もちろん、この周遊コースを選んで走ることもできますし、また、さらに区間ごとに取り出して、組み合わせて走ることもできますね。それでは、それぞれの区間にどういった特徴があるのか、具体的に見ていきましょう。

アラモアナ公園・コース

ワイキキの周辺で一番ローカルのランナーが多いのが、このコースではないでしょうか。

このコースは、公園内の道が整備されていて走りやすく、早朝や夕方にはたくさんの人たちが、思い思いに練習をしています。アラモアナ・ビーチを横目に、日の出や日の入りの時間を選んで走ると、とても爽やかで得した気持ちになります。

また、アラモアナ公園に隣接している、マジック・アイランドという、小さな半島を走るか走らないかで、距離を調節することができます。

このコースを一周した場合は、約4.5kmになります。

ワイキキ・コース

ヒルトン・ハワイアン・ビレッジのラグーンを起点に、ワイキキ・ビーチ沿いのフォート・デ・ルッシー遊歩道を走り、遊歩道が終わったところで左折して、カラカウア通りへ向かいます。カラカウア通りについたら右折して、DFS、ロイヤル・ハワイアン、モアナサーフライダーの横を通ります。ゴールをデューク像にすると、片道で約2km、往復で約4Kmになります。

このコースでは、ホノルルの一番きらびやかな場所をランニングをしながら駆け抜けられるのが、最大の特徴ですね。朝のワイキキ・ビーチは、昼間とはまた違った雰囲気でとてもおすすめです。

カピオラニ公園・コース

緑が多い公園で、海沿いの遊歩道も整備されているので走りやすく、こちらもランナー御用達コースです。ワイキキからも近く、まずは手始めに軽く走りたい方におすすめです。海の爽やかさと、緑の木漏れ日に出会うことができ、早朝は最高に気持ちがいいです。

公園内には、水飲み場やお手洗いが設置されているのも、魅力です。一周すると、約3.5kmになりますね。

ダイヤモンドヘッド・コース

ホノルル動物園前からスタートして、しばらく直線を行くと、ダイヤモンドヘッドの裾野あたりから、緩やかな坂が続きます。距離もありますので、ちょっとした負荷が必要な方向けです。時計回りでも、反時計回りでも、東側が坂の一番高い場所になっており、行きは坂道を登り続けることになります。

海側コースは、眼下に見える、真っ青なハワイの海と、真横に位置するダイヤモンドヘッドとのコントラストが最高です。

ダイヤモンドヘッドの北側に行くと、コミュニティカレッジや住宅地が広がっており、またかわいいカフェやヨガ教室を発見したり。そんな町の風景も楽しめるコースです。

一周して、7.5Kmです。

アラワイ・コース

ワイキキに比べるとひっそりとした運河ですが、直線を走れるので、ローカルには人気です。だたひらすら、まっすぐ無心で走りたい方におすすめです。

カパフル・アベニューから、アラモアナ・ブルバードまで、まっすぐ走って約3kmです。カラカウア・アベニューから先は車は行き止まりになりますが、ランナーは階段を使って、アラモアナ・ブルバードに出ることができます。

体調万全に、ハワイのランニングをエンジョイ!

以上、ホノルル・マラソンの練習に向けて、おすすめのコースをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?冒頭でもご紹介した通り、いきなりフルで走るのが不安な人は、今回ご紹介したように部分的に分けて走るのがオススメです。

また走るときの注意点として。ハワイは日差しが強いので、日焼け対策とサングラス、それに水分補給を忘れないでくださいね。またちょっとした現金を持ち合わせていると、途中のカフェでアサイーボウルやコーヒーなどを入手することもできます。また、走れなくなった場合でも、タクシーやバスで帰ることもできます。

気分や体調に合わせて、自分なりにコースを組み立て、ハワイでのランニングを是非エンジョイしてくださいね。

Return Top