Read Article

ESTAを初めて申請する際は「勤務先情報」の誤選択に注意

ESTAを初めて申請する際は「勤務先情報」の誤選択に注意

今回は、ハワイ旅行に向けてESTAを初めて申請する人にお伝えしたい注意点です。

ESTAは、今現在、個人旅行者向けの「個人による申請」と、団体旅行者向けの「グループによる申請」が2つができます。で、今回お伝えしたいのは、「個人による申請」をする場合の注意点です。

その注意点は、簡単には、「申請料を支払って申請を完了する前に、自分の入力した情報に間違いがないか、よくよくチェックして」ということです。

申請完了後に後から更新できる情報が限られる

なぜ、よくよくチェックする必要があるかというと。一度、ESTAの申請を完了してしまうと、その後から修正できる情報が限られるからです。

具体的に、申請後に更新できる情報は、渡航情報のみとなります。次の画像は、ESTAの申請完了後にできる、ESTAの「申請内容の更新」機能から、修正できる渡航情報です。

esta-updateこの画像を見ると、ESTAの申請完了後に修正できる情報が、本当に限られることがわかりますよね。具体的には、「あなたの連絡先情報」として「電子メールアドレス」、「米国滞在中の住所」として、その住所しか更新できないことがわかります。

つまり、ESTAの申請を一度完了してしまうと、上の画像で表示されている情報以外は、修正できなくなります。そのため、ESTAの申請を完了する前には、自分が入力した情報に間違いがないかをよくよくチェックする必要があります。

ちなみにESTAの申請時は、申請料を支払う直前に、それまで入力した項目を全てチェックする画面となります。そして、そのチェック画面が、渡航情報以外の情報を再入力する最後のチャンスとなります。

なので、そのチェック時に間違いがないかをよくよく確認するのが重要です。

特に注意が必要な「勤務先情報」

さて、ESTAの申請を初めての人がやる時に、特に間違って入力してしまいがちな入力項目があります。

具体的には、「勤務先情報」を入力する時に、間違って入力しやすいのでご注意ください。次の画像が、その間違ってしまいやすい、「勤務先情報」の入力欄です。

job

なぜ、この「勤務先情報」の入力が間違いやすいかというと。普通の人であれば、それまでに入力する別の質問で、「いいえ」を選ぶことになるからです。例えば、「他の国でパスポートを発給されたことありますか?」や「他の国の市民または国民ですか?」のような質問です。

「勤務先情報」の前に入力することになる、これらの質問において、普通の人であれば、「いいえ」を選ぶことになります。

そして、これらの質問の後にある、「勤務先情報」を入力する際には、それまで「いいえ」を選んできた勢いにつられて、「いいえ」を選んでしまいたくなるわけです。

もちろん、ここで本当に勤務先がない人であれば、「いいえ」を選んで構いません。ですが、勤務先がある場合は、「はい」を選んで、勤務先の情報を入力する必要があります。

そして、上でお伝えした通り、この情報は、一度ESTAの申請を完了してしまうと、後から更新できません。「いいえ」と選んだ質問を「はい」にすることはできませんし、勤務先の住所や電話番号を修正することもできません。

なので、申請完了前に正しく入力しているかのチェックが重要となります。

Return Top