はじめてのハワイ旅行

4歳児・0歳児(10ヶ月)とのグランド・ワイキキアン滞在で嬉しかった部屋の設備

4歳児・0歳児(10ヶ月)とのグランド・ワイキキアン滞在で嬉しかった部屋の設備

今回は、ハワイ旅行にあたり、小さい子連れでオアフ島のヒルトン・ハワイアン・ビレッジ内のタイムシェアの棟のうち、グランド・ワイキキアン(以下、ワイキキアン)とグランド・アイランダー(以下、アイランダー)のどちらに宿泊しようか検討している人に伝えたい情報です。

私は、この記事を書いている直近では、2019年1月に4歳児と0歳児(10ヶ月)を連れて、ワイキキアンに滞在しました。ただ、実は、その宿泊先を決める際に、ワイキキアンにしようか、アイランダーにしようか、悩んでいたんですね。

そのため、小さい子連れでどちらにも泊まったことがある方からアドバイスをもらい、そのアドバイスに従ってワイキキアンを選びました。そして、それで良かったと感じています。

小さい子連れでどちらにも宿泊経験のある方からのアドバイス

では、小さい子連れでの宿泊にあたり、ワイキキアンとアイランダーのどちらにしようか相談した方からのアドバイスをご紹介すると、「ワイキキアンのほうが部屋のお風呂が広くて、家族風呂をすると楽しいですよ」というものでした。

この方は、ちょうど私の子供たちと大体近い年頃のお子さんが二人おり、子連れでワイキキアンにもアイランダーにも泊まったことがある方でした。

私とほぼ同じ境遇でワイキキアンとアイランダーに宿泊した経験があるということですね。その方が、「小さい子連れなら、部屋の風呂が広く家族風呂が楽しめるワイキキアンがオススメ」ということだったので、そのアドバイスに素直に従うことにしました。

つまり、簡単には、部屋の設備のうち、「風呂が広い」という特徴が、ワイキキアンを選ぶ際のポイントになるということですね。

実際に宿泊した部屋タイプ

というわけで、私は、小さい子連れでの宿泊先として、ワイキキアンとアイランダーで悩んだ結果、ワイキキアンを選びました。家族で一緒に風呂に入れたら楽しそうだったからです。

実際に宿泊した部屋タイプは、1ベッドルームプラスというものでした。その間取りについて、ヒルトンの英語版公式サイトの画像から引用すると、次の通りです。

引用: グランド・ワイキキアン 1ベッドルームの間取り

グランド・ワイキキアン 1ベッドルームの間取り

上の画像からもわかるのですが、この部屋タイプでは、ベッドの真横にバスタブがあるという特徴的な配置をしています。この記事のトップの写真が、実際に私が宿泊した部屋の寝室の様子です。奥の方にバスタブが見えているのがわかるでしょうか。

そのバスタブに近づいて撮影したのが次の写真です。

グランド・ワイキキアンの1ベッドルームプラスのバスタブ
グランド・ワイキキアンの1ベッドルームプラスのバスタブ、小さい子供二人の4人家族で入っても十分な広さ

この配置を初めて見たときは、正直、「風呂の湿気が寝室にこもりそうだな」という印象を持ちましたが、これはこれで便利な側面もありました。寝室にあるタンスから服をとって子供たちを着替えさせるのが楽だったからです。

期待通り家族風呂の時間が楽しめた

また、実際そのバスタブは、家族4人で一緒に入っても十分な広さを感じるものとなっていました。

そのため、当初期待していた通り、ワイキキアンに滞在中は、毎日家族風呂をして楽しむことができ、それがとても良い思い出になっています。

2019年1月のハワイ旅行では、このワイキキアン滞在の後、ザ・リッツ・カールトン・ワイキキ・ビーチやカハラ・ホテル・リゾートに宿泊したのですが、これらの部屋のお風呂と比較しても、ワイキキアンのバスタブは広々と大きかったです。

つまり、アイランダーと比較だけでなく、オアフ島にある高級ホテルの風呂と比較しても、ワイキキアンの風呂は広かったということですね。

というわけで、小さい子連れでの宿泊先として、ワイキキアンとアイランダーで悩んだ結果、部屋の風呂の広さでワイキキアンを選び、「それで良かった」と感じました。

スポンサーリンク




関連コンテンツ



スポンサーリンク




Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE