Read Article

配車アプリUberでハワイ旅行の楽しさが倍増する理由

配車アプリUberでハワイ旅行の楽しさが倍増する理由

今回は、ハワイでタクシーの配車アプリUberを使いこなせると、「ハワイ旅行がこんなに楽しくなるよ」と言うお話です。

レンタカーがなくてもハワイ旅行の行動範囲が広がる

このブログを続けている中で、私は「もし初ハワイの人がレンタカーを乗りこなしてくれれば、こんなに良いところに簡単に行けるのに・・・」としばしば思っていました。

たとえば、ワイキキから近くてもトロリーやThe Busではアクセスしにくい、ローカルが行くようなショップや飲食店ですね。

一方で。初ハワイの人にレンタカーの利用をオススメすることはできませんでした。なぜなら、私自身初ハワイでレンタカーを借りて、戸惑うことが多かったからです。

と言うわけで。私は、初ハワイの人に対し、「レンタカーで簡単に行けるオススメの場所を紹介したい」、一方で、「初ハワイの人にはレンタカーは無理だよな・・・」と言うジレンマを抱えていました。

そして。この度、この問題が配車アプリUberで一気に解決する運びとなりました。つまり、配車アプリを使いこなせると、レンタカーがなくてもハワイ旅行の行動範囲が広がるわけです。

これまでは帰りのタクシーの配車に課題があった

では、「なぜ配車アプリで、ハワイ旅行の行動範囲が広がるか」ですが。その理由は、移動した先から帰りの配車が簡単だからです。逆に言うとこれまでは、ハワイでは帰りのタクシーの配車の手配が難しかったわけです。

なぜかと言いますと。まず行きのタクシーは、宿泊しているホテルのフロントで簡単に手配してもらえます。また、「ハワイには日本のように手を上げて停められる流しのタクシーない」と言われますが、実際のところはワイキキであればそのような流しのタクシーもいます。

なので。ワイキキからであれば、行きのタクシーは本当に簡単に手配できるわけですね。

一方で、課題は帰りのタクシーの配車の手配でした。と言うのも、ことワイキキを離れてしまうと流しのタクシーが本当にいなくなるからです。なので、もし帰りのタクシーに乗りたければ、次の方法をとる必要がありました。

  • 行きのドライバーの名刺を貰い、その電話番号に電話し配車をお願いする(英語)
  • 行きのドライバーに、「この時間に迎えに来て」とお願いする(英語)
  • タクシー会社に電話をし配車をお願いする(英語) ※一部日本語OKの会社もある
  • 移動先がレストランなどの場合は、お店のスタッフに配車をお願いする(英語)

これらの方法ですが、英語が得意な人であれば問題ないです。ですが、初ハワイの人は、英語でコミュニケーションを取るのが難しい人がほとんどですよね。なので、どの方法も正直なところハードルが高いわけです。

配車アプリUberで変わる

以上のように、これまでは初ハワイの人には帰りのタクシーの配車が難しい背景がありました。となると。初ハワイの人が、レンタカーでしか行けないようなオススメスポットにアクセスする方法が、実質的にはないことになりますよね。

なので、私は、そのようなスポットをご紹介しても、「実際のところは、初ハワイで行くのは難しいよな・・・」と感じていました。

しかし。それが、配車アプリUberで変わることになりました。このUberとは、タクシーやハイヤーのような車を現在地に簡単に配車をお願いできるアプリです。Uberは、日本でもサービスを開始していますので、実際に試してみるとその便利さがわかります。

で、Uberを使うと、配車のリクエストはアプリから行えるので、配車にあたり英語は必要ありません。正確な現在地が相手に伝わり、ドライバーにピックアップして貰えると、後は本当に簡単です。

帰り先の目的地もアプリでドライバーに伝わっていますし、その支払いは事前登録したクレジットカードで決済されるため必要ありません。目的地に到着したら、降りておしまいというわけです。

配車アプリでハワイ旅行の楽しさが倍増する

以上のように、配車アプリUberによって、帰りのタクシーの配車が難しい課題が解決されました。

つまり、Uberを使いこなせるとハワイでの行動範囲がレンタカーがなくてもかなり広がります。その結果、ハワイ旅行の楽しさが倍増するわけです。もしかすると、倍増どころではないかもしれませんね。

Return Top