Read Article

タワーマンションの購入前にハワイ旅行をするべき理由

タワーマンションの購入前にハワイ旅行をするべき理由

今回は、これから日本国内でタワーマンションの物件の購入を検討している人に伝えたい内容です。

お伝えしたいのは、「タワーマンションを買う前に、ハワイ旅行をすると良いですよ」と言うことです。なぜタワーマンションの購入前に、ハワイ旅行をすると良いのかと言いますと。

ワイキキではタワーマンションに暮らす体験ができる

その理由は、ハワイ旅行では、「タワーマンションの部屋に実際に暮らす」ことを体験できるからです。その体験が、タワーマンションを買うときの参考になると言うわけですね。

具体的には、ハワイ旅行の宿泊先にワイキキを選択すると、タワーマンションに暮らす体験ができます。なぜかと言うと、ワイキキでは、宿泊先の選択肢として、普通のホテル以外に、コンドミニアムを選ぶことができるからです。

コンドミニアムとは、その部屋の設備に、フルキッチンがあったり、部屋の間取りとして、寝室やリビングが別れた作りになったものです。その物件によっては、部屋に洗濯機がある場合もありますし、共用設備として、プール、サウナ、BBQ設備があるものもあります。

要するにコンドミニアムは、日本で言うところのマンションのことです。そして、ハワイでは、日本人旅行者でも、実際に暮らせる設備が整ったコンドミニアムの部屋に宿泊することができるわけですね。

ハワイには、旅行者にそのような部屋を貸し出している施設が、たくさんあるからです。加えて。その宿泊先として、ワイキキを選んだ場合は、その建物は、高層となることが多いです。ワイキキの土地が高いためです。

結果として、ハワイ旅行の宿泊先として、ワイキキのコンドミニアムを選ぶと、タワーマンションに実際に暮らす体験ができます。

暮らすように泊まると、わかることがある

で。単純に、「高層階のフロアに宿泊する」と言う体験を得るだけならば、わざわざハワイ旅行をする必要はありません。日本においても、高層タワーのホテルに宿泊できるからです。

ただ、日本のホテルの場合は、マンションのような設備の部屋には、中々宿泊できませんよね。もちろん、いわゆるスイートルームを選べば、ホテルでも、普通の部屋よりは、暮らすのに近い感覚で泊まれます。ですが、それでも「ホテルに泊まっている感」があるのは、否めません。

一方、ハワイのコンドミニアムに泊まる場合は、ホテルっぽさがない、分譲のタワーマンションの1部屋に暮らす感じを体験できます。

そして、その1部屋に実際に暮らすよう泊まることで、わかることがあります。それが、タワーマンションを買う前の参考になると言うわけです。

例えば。私が、ワイキキのコンドミニアムの高層階に宿泊した時には、何点かタワーマンションに暮らすデメリットに気がつきました。次の通りです。

  • 高層階の部屋は日光が強すぎて部屋が暑くなりすぎる
  • 混む時間はエレベーターが中々来ない
  • そのフロアにあるゴミ置場の周辺の匂い
  • シャワーの水圧が弱い

もちろん、これらのデメリットの中には、実際に購入予定のタワーマンションにおいては、関係のないものもあるはずです。

ですが、私が挙げたデメリットに限らず、暮らすように泊まることによって初めてわかるデメリットは、人それぞれ、必ず出てきます。それを、高い買い物をする前に、実感できるわけですね。

「日光で部屋が暑くなりすぎる点」は、ぜひ体験してほしい

で、私が上で挙げたデメリットにおいて、「日光で部屋が暑くなりすぎる点」は、タワーマンションを購入予定の人には、ぜひ体験してほしいことに感じました。

と言うのも、「窓からの景観の良さ」に期待して、タワーマンションを選ぶ人が多いと考えるからです。

私がワイキキで泊まったコンドミニアムの高層階は、窓から「バーン」とダイヤモンドヘッドと海が望める景観的には、申し分のない部屋でした。部屋に入って初めてその景色を見たときは、その素晴らしさに、思わず「おぉっ」と声をあげてしまうくらいでした。

ですが、その部屋に宿泊して数日も経つと、そのような素晴らしい景観も、徐々に見慣れてしまうものとなりました。

そして、代わりに日差しの強さによるデメリットを感じることになりました。日差しで部屋が暑くなり過ぎるため、窓から直接日が注ぎ込む時間は、部屋のカーテンを閉めてないと、辛いくらいだったんですね。

なので、窓からの素晴らしい景観を楽しめる時間は、実際には限られることが、宿泊して見てわかりました。もっとも、ハワイの日差しの強さと、日本におけるをそれを単純に比較できません。

ですが、このような感じで、高層階のデメリットを実感できる、良い機会になることはわかりますよね。

良さについても、気が付ける

以上デメリットに注目して来ました。一方で、実際にワイキキのコンドミニアムの高層階に宿泊することで、逆に、タワーマンションに暮らす良さにも気がつけるはずです。

例えば、私が宿泊したコンドミニアムの1Fには、食料や生活用品を扱う店が入っており、遠出しなくても、最低限のものは揃えられる便利さを感じました。

また、実際に宿泊する前は、「あまり使わないだろうな」と思っていた、プールやサウナ、BBQ設備などの共用設備を、意外に使うことになり、それもよかったです。

と言うわけで。ハワイ旅行の宿泊先を、ワイキキのコンドミニアムの高層階にすることで、高い買い物をする前に、メリットにせよ、デメリットにせよ、実感することができます。それが、タワーマンションの購入前にハワイ旅行をするべき理由です。

Return Top