はじめてのハワイ旅行

成田空港の端末でデルタのチェックインがエラーとなった体験談

2019年2月25日
成田空港の端末でデルタのチェックインがエラーとなった体験談

今回は、ハワイ旅行の飛行機に、成田からデルタ航空を初めて利用する人に伝えたい情報です。

私は、2019年1月にした家族でのハワイ旅行で成田空港からホノルル空港(ダニエル・K・イノウエ空港)までの移動にデルタの180便を利用しました。

その際、行きの成田空港で、ちょっと困ったことになりました。その時の体験をご紹介します。

成田の端末でチェックインができない

以前、ハワイ旅行で行きのデルタのウェブチェックインは「意味がない」と思った理由の記事でご紹介しているのですが、このデルタの180便を利用するときには、搭乗予定日時の24時間前くらいに、「It’s Time To Check-In」」というメールが届きました。

ところが、そのメールからデルタの公式ウェブサイトでチェックインしようとすると、私と妻の分がエラーになり完了しなかったんですね。どうも、「アメリカに入国する際に必要な書類」という趣旨の選択肢で、「Visaがない」という選択肢を選んだことが、その理由でした。

そのため、事前に搭乗券のeチケットを発券することはできず、当日、成田空港での対応が必要となりました。そして、成田空港にあるチェックイン用の端末で、その手続きを進めようとすると。

荷物を預けるカウンターで対応して貰える

結局こちらの端末の画面にも、ウェブチェックインの時と同様の選択肢が出てきて「Visaがない」を選んでエラーとなりました。結果、私と妻は、成田空港の端末でも搭乗券を発券できませんでした。

ちなみに、今回、4歳児、0歳児、妻、私の4人での家族旅行でした。そして4歳児の分のチケットだけは、24時間前のウェブチェックインが、エラーにならずに完了しました。同様に、成田の端末でも紙の搭乗券の発券がちゃんと完了しました。正確な理由はよくわかりませんが、年齢の問題なのかもしれませんね。

さて、成田の端末で、このチェックイン手続きをする際には、すぐそばにデルタの地上スタッフの方がいました。そして、私と妻の分がエラーになる様子を見て、そのスタッフの方から「あちらのカウンターで手続きをしてください」というご案内をいただけました。

そこで端末の前から、デルタのチェックインカウンターの方に向かってみると、また別のスタッフの方がおり、まずは、パスポートと搭乗者の確認がありました。2016年にデルタを利用した時は、このようなチェックはされなかった記憶があるので、セキュリティのためのチェックを強化しているようでした。

そして、そのチェックを終え、デルタのカウンターに行ったところ、私と妻の分も問題なく搭乗券を発券して貰えました。

デルタのサポート窓口で個人手配しているチケットの前提

この体験から、結局、今回のケースでは、ウェブチェックインもせず、成田空港の端末も使わないで、デルタのカウンターに直行した方が早いと感じました。仮に事前のチェックインや成田の端末で搭乗券を発券できていたとしても、結局、スーツケースを預けるために、カウンターには寄ることになるからです。

また、そのように感じた別の理由として、この時のチケットの手配時にすでに座席を指定できていて、そこから座席を変更する希望がなかったこともあります。

今回、デルタのサポート窓口に電話し、チケットの手配(つまり、個人で手配)をしてもらいました。その際には、座席も指定していました。その席に不満がなかったということですね。

これが、24時間前のウェブチェックインのタイミングで座席を変えたいのならば、事前チェックインする意味が出てきますが、今回は、そのような要望もなかったということです。

スポンサーリンク




関連コンテンツ



スポンサーリンク




Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE