Read Article

ハワイ旅行に空のボストンバッグを持って行くべき理由

ハワイ旅行に空のボストンバッグを持って行くべき理由

今回は、初めてハワイ旅行をする買い物好きの人に伝えたい情報です。

ハワイ旅行では、買い物好きの人が、オアフ島を訪れる場合は、日本から空のボストンバッグを持ってくるといいことがあります。

帰りのホノルル空港での注意点

なぜかというと、帰りの空港でそのボストンバッグが役立つからです。詳しく説明しますと。

まずオアフ島のワイキキを含めた周辺エリアは、「ショッピング天国」との異名を持つほど、ショッピング環境が充実しています。

なので、買い物好きの人でなくても、ついつい、お土産を買い込みすぎることになります。「いわんや買い物好きの人をや」という感じですね。つまり、買い物好きの人は、あれこれと本当にお土産を買い込むことになります。

で、お土産を買いすぎた場合に注意が必要なのが、日本への帰りの飛行機で預ける荷物の重量オーバーです。というのも、飛行機に預ける荷物には、無料で預けられる重量に制限があるからです。

その重さは、利用する航空会社、また利用するクラスで異なるのですが、エコノミークラスの場合で、だいたい20kg前後であることが多いです。

そして、買ったお土産の重さのために、スーツケースの重量が、その制限の重量を超えてしまうことがあります。

事実、帰りのホノルル空港のチェックインカウンター前ですが、重量オーバーでスーツケース内の詰め直しをする羽目になる人を、本当によく見かけます。

帰りの荷物の重量オーバーに対応できる

この詰め直している人が何をしているかというと。預けるスーツケースの重量が、無料の範囲に収まるように、荷物を取り出しているわけです。で、取り出した荷物は、預ける荷物ではなく、機内に持ち込むことで対応しようとしています。

これはこれで、無料でスーツケースを預けるための1つの対応方法と言えます。ですが、空港内や機内でで使いもしないものを、わざわざ持ち込むのも嫌ですよね。単純に重たいからです。

そこで、役立つのが日本から持参した、空のボストンバッグです。なぜ役立つのかというと、これは航空会社にもよるのですが、「制限の範囲であれば、2個まで無料ですよ」という、航空会社があるからです。

つまり、そのような航空会社の場合。1個のスーツケースの重量オーバーで追加料金が発生する時に、その重さをスーツケースとボストンバッグの2つに分散することで、どちらも無料で預けることができます。

例えば、空のボストンバッグには、衣類など壊れにくいものを詰めてスーツケースのスペースを確保し、スーツケース内には、守りたいお土産を入れると言った分け方ができます。

ボストンバッグはハワイ現地でも買える

ちなみに、ボストンバッグは、ハワイ現地でも買えます。私自身、ハワイ旅行に空のボストンバッグを持ち込むのですが、実を言うと今使っているボストンバッグは、ハワイで買ったものです。

あるハワイ旅行で、どう考えてもスーツケースの重量が、無料の範囲をオーバーしそうな時がありました。それでハワイ現地でボストンバッグを購入しました。

買ったのは、LeSportsacのものです。LeSportsacはアメリカ生まれのブランドなので、ハワイでは、かなりお得な価格で買えます。

LeSportsacのバッグの柄は、女性向けが多いのですが、一方で一部メンズ向けの落ち着いた柄があります。私は、ワイキキのDFSで、そのようなLeSportsacのメンズ向けのボストンバッグが、セールで安くなっているのを見かけて、「これはちょうど良い」と買いました。

おかげで、その旅行の帰りには、荷物の重量オーバーをせずに済みました。

ホテルの部屋で事前に詰め分けられる点が便利

さて。この空のボストンバッグを用意する作戦は、ホテルの部屋で事前に荷物を詰め分けられる点が便利です。

上で述べた通り、何の準備なしで帰りのホノルル空港を訪れてしまうと、空港のチェックインカウンター前で、荷物の詰め直しをする羽目になります。これが面倒臭いんですね。

空のボストンバッグがあると、ホテルの部屋で荷物を詰め分けておけるので、そのような目に遭わずに済むわけです。

ただし、そうした場合は。スーツケースの他に、衣類がパンパンに詰まったボストンバッグが、荷物として1つ増えることになりますよね。なので、ホテルから空港までの間とはいえ、このボストンバッグを運ぶのが結構手間になります。

スーツケースの取っ手にバッグを固定するゴムベルトが役立つ

そこで、用意しておくと役立つのが、スーツケースの取っ手にバッグを固定するゴムベルトです。Amazonで「バッグとめるベルト」という商品名で探すと、その目的のグッズが見つかるはずです。

このベルトがあると、スーツケースの取っ手に、がっちりと強くボストンバッグを固定できます。なので、ボストンバッグをスーツケースの上に固定することで、押して持ち運べるようになるわけです。

衣類を詰めた場合でも、パンパンに詰めたボストンバッグは、そこそこの重さがあります。なので、このベルトもセットで固定して運ぶると本当に楽です。

また帰りのホノルル空港では、荷物を運ぶためのカートが有料です。その有料のカートを利用しなくて済む点でも、このゴムベルトが役立ちます。

Return Top