はじめてのハワイ旅行

ハワイアン航空での5歳児のハワイ島コナ空港までの航空券代の例

ハワイアン航空での5歳児のハワイ島コナ空港までの航空券代の例

今回は、5歳児を連れてハワイ島旅行を検討している人のうち、それが5歳児連れでする初めての海外旅行のため、その航空券代が気になる人に伝えたい情報です。

私は、2019年8月に、5歳児、1歳児(5ヶ月)、妻を連れて、ハワイ島への旅行をしました。

その時の5歳児の航空券代がいくらになったかをご紹介します。

利用した空港・航空会社・便・座席のクラスと手配方法

初めに2019年8月に、5歳児としたハワイ島旅行での航空券について、利用した空港・航空会社・便・座席のクラスとその手配方法をご紹介します。

まず、利用した空港は、次の通りです。

  • 行き: 羽田空港→(HA856)→ホノルル空港→(HA348)→コナ空港
  • 帰り: コナ空港→(HA267)→ホノルル空港→(HA823)→成田空港

つまり、行きも帰りもハワイ島のコナ空港まで直行便ではなく、オアフ島を経由する便を利用しています。また、ちょっと特殊なのは、日本において行きを羽田発、帰りを成田着の便を利用している点です。

次に利用した航空会社は、日本ーホノルル間の国際線も、ホノルルーコナの国内線も全てハワイアン航空です。上で「(HA856)」のように記述しているのは、その空港間の移動に利用したハワイアン航空の便名です。

座席のクラスとして、日本ーホノルル間は、エコノミークラスのうち、追加料金が必要なエクストラ・コンフォートを利用しています。また、コナーホノルル間の国内線では、ボーイング717の機材の飛行機で、普通のクラスを利用しています。この機材の先頭にはビジネスクラスがありますが、そうではない普通の席だったということです。

この航空券の手配方法としては、ハワイアン航空のコールセンターに電話をして、その電話口の方に手配してもらう方法を取りました。その時期としては、旅行の3ヶ月前となる2019年5月に購入しました。

5歳児の航空券代の具体例

では、以上での条件で購入したハワイ島旅行での5歳児の航空券代をご紹介すると、総額(国際線・国内線での往復)では、次の額となりました。

14万1900円

これには、上述したエクストラ・コンフォートの追加料金が、3万円含まれています。つまり、それを除いた場合は、11万1900円という結果となります。

ご参考にハワイアン航空からもらったレシートから、この11万1900円の内訳をご紹介すると次の通りです。

  • 運賃: JPY93800
  • 税金/手数料/料金:
    JPY8000 YQF(サービス料- 燃料)
    JPY 1280 SW (旅客サービス施設使用料)
    JPY100 OI(PassengerSecurityServiceCharge)
    JPY4120 US2(USInternationalTransportationTax)
    JPY 640 YC (米国税関審査料)
    JPY 780 XY2 (XY2)
    JPY440 XA(米国動植物検疫審査料)
    JPY 1240 AY (旅客民間航空保安サービス料)
    JPY1000 TK(保安料)
    JPY 500 XF (米国空港施設使用料)
  • 承認/制限: NON-REFUNDABLE AFTER DEP/CARRIER RESTRICTIONS APPLY/FEE TO C
  • 運賃計算行: TYO HAX/HNL HAKOA386.82HAX/HNL HA TYO454.09NUC840.91END ROE111.484073 XFHNL4.5
  • 運賃総額: JPY 111900

5歳児は大人と全く変わらない料金となる

以上でご紹介した、5歳児の14万1900円(うち3万円はエクストラ・コンフォート代)の航空券代ですが、私と妻の航空券代と全く同じでした。

つまり、5歳児の航空券代は、大人と全く変わらない料金になるということですね。

ちなみに、この5歳児の航空券を手配する際、食事の条件として、子供向けの料理にしてもらうようにリクエストを出しました。ですが、それは航空券代には全く影響を与えないことがわかります。

スポンサーリンク




関連コンテンツ



スポンサーリンク




Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE