はじめてのハワイ旅行

羽田発のハワイアン航空で搭乗直前に特別の保安検査を受けた体験談

羽田発のハワイアン航空で搭乗直前に特別の保安検査を受けた体験談

今回は、ハワイ旅行でハワイアン航空の便を利用する人に伝えたい情報です。

私は、2019年8月に5歳児、1歳児、妻としたハワイ島旅行で、羽田発のハワイアン航空の便を利用しました。

そのハワイ行きの便に搭乗する直前に、ハワイアン航空のスタッフから特別の保安検査を受ける体験をしたのでご紹介します。

利用した便と搭乗ゲート

まず、この時のハワイ島旅行で利用したハワイアン航空の便についてご紹介します。

この時は、コナ空港直航便ではなく、羽田からホノルル経由でコナ空港に向かう旅程となっていました。その羽田からホノルルに向かう便に乗り込む直前に、特別の保安検査を受けることになりました。

利用した便名はHA 856で、私が利用した2019年8月当時、羽田空港を23時55分に出発する便でした。

そして、羽田空港国際線ターミナルの出国後エリアにおいて、この便の搭乗ゲートは、143番となりました。当時、出国後エリアの北側の奥のほうが143番のゲートとなっていました。

2歳以下の子連れの優先搭乗で乗り込もうとしたところ

上でご紹介したとおり、この便の出発予定時間は、23時55分でした。そして、2歳以下の子供を連れた家族は23時5分から優先搭乗することができ、私たち家族は、そのタイミングで搭乗口のハワイアン航空のカウンターに向かいました。

そのカウンターに向かう直前まで下の1歳児を、羽田空港で借りたベビーカーに乗せていました。ので、そのベビーカーを返しつつ、抱っこ紐で私が抱え、カウンターで航空券とパスポートをチェックしてもらうことになりました。

そして、そのカウンターでハワイアン航空の地上スタッフに、私のチケットをチェックしてもらったところ、「お客様はこちらに来てください」のような案内を頂くことになりました。

そこで、妻と5歳児には、先に機内に行ってもらい、私は抱っこ紐で1歳児を抱っこした状態で、その案内された場所に行くことにしました。といっても、搭乗口のカウンターのすぐ近くにあるちょっとした待機場所のようなところでした。

ランダムで特別な保安検査をする人を決めているよう

そのカウンターすぐ近くの場所に行ってみると、別のハワイアン航空のスタッフがいました。そして、一覧を見て私の名前を確認し、「特別の保安検査を受けてもらう必要がある」というご案内をいただきました。

その時の航空券のチケットの半券を見ると、「SSSS」という印字がありました。もしかすると、この印字がある人が、その特別の保安検査の対象者だったのかも知れません。

その特別の保安検査では、ハケのようなもので、私の手に何かついていないかをチェックしていました。もしかすると、硝煙反応がないかを確認していたのかも知れません。続いてポケットの中身を確認されました。

この時、抱っこ紐で1歳児を抱えている状況でしたが、子供については特に何かを調べる様子はありませんでした。

周りを見渡してみると、70代くらいの女性など、疑われる余地がなさそうな方々も、この特別な保安検査を受けることになっていました。なので、どうもランダムでこの保安検査の対象者を決めているように思われました。

私は、この特別な保安検査から「なぜ自分が保安検査を受ける対象者になったのだろう?」という疑念が湧き、正直なところ、あまり良い気分ではありませんでした。

私のチェックの結果は、特に問題なく、5分くらいで解放され、その点ではよかったです。ですが、ここまで家族全員で一緒に行動していたところ、このタイミングで予想外に別行動にされてしまい、少々困惑することになりました。

スポンサーリンク




関連コンテンツ



スポンサーリンク




Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE