はじめてのハワイ旅行

羽田発のハワイ旅行、空港のベビーカーでどこまで行けたか?

羽田発のハワイ旅行、空港のベビーカーでどこまで行けたか?

今回は、赤ちゃん連れのハワイ旅行で羽田空港発の便を利用するのが初めての人に伝えたい情報です。

私は、2019年8月に、5歳児と1歳児(5ヶ月)、妻の4人でしたハワイ島旅行で、羽田発のハワイアン航空の便を利用しました。

その際、1歳児のために、羽田空港の出国前エリアで無償で借りられるベビーカーを利用したのですが、そのベビーカーを羽田空港の「どこまで利用できたか?」をご紹介します。

保安検査と出国審査はそのまま抜けられた

以前、次の記事では、そのハワイ島旅行で羽田空港を利用した際、出国前エリアで借りたベビーカーを利用して、保安検査や出国審査を抜けられたかをご紹介しています。

羽田空港の出国審査で赤ちゃんをベビーカーに乗せたままで通れるか?

そして、この時に、このベビーカー上で1歳児が眠ってしまい、1歳児をベビーカーから降ろさずに保安検査や出国審査を受けられて助かったことをご紹介しました。

つまり、羽田空港国際線ターミナルの出国後エリアまで、羽田空港のベビーカーを利用して行くことができました。

搭乗口のギリギリまでベビーカーで行ける

そして、その出国後エリアの中で、このベビーカーをどこまで利用できたかをご紹介しますと。

私がこの時利用したハワイアン航空の便の搭乗口(143ゲート)の飛行機に乗り込む直前のギリギリのところまで利用することができました。

私が利用した2019年8月当時、143ゲートは、出国後エリアの北側の奥のほうにありました。そして、実際に飛行機に乗り込むためには、出国審査を抜けた先の出国後エリアのある階から1つ下の階まで降りる必要がありました。

その1つ下の階にある、出発直前の待機場所までベビーカーで行けました。その待機場所に降りる階段とエスカレーターのそばにエレベーターがあり、ベビーカーでも楽に下の階まで降りられました。この記事のトップの写真の中央にあるのが、そのエレベーターの様子です。

搭乗口の乗り込む直前のところに返す場所がある

その搭乗口の待機場所においても、実際に私たち家族が飛行機に乗り込む直前まで、空港のベビーカーを利用することができました。というのも、ベビーカーを返す場所が、搭乗口にある航空会社のカウンターの近くにあったからです。

私が利用した時は、ハワイアン航空は2歳児以下の子供がいる家族は、優先搭乗で先に乗り込むことができました。そのタイミングでカウンターに向かい、そのついでで、カウンターの近くにあるベビーカーの返却場所に返すことができました。

ちなみに、私はこのタイミングの前に抱っこ紐を装着しておき、ベビーカーから1歳児を降すと同時に抱っこ紐の中に入れました。実際のところ、ここから機内までは腕だけで抱っこして行くのも無理はない距離感でした。ですが、機内でぐずったときに備えて、抱っこ紐を用意していたので、ここで活用することにしました。

また、このようにギリギリまでベビーカーを利用した結果、1つトラブルが起きました。それは、ベビーカーの下がちょっと物を入れられるようになっているのですが、そこに上の子のリュックサックを入れたまま、返却してしまったことです。ギリギリまでベビーカーを利用しようとすると、このようなミスを犯す可能性がある点に注意が必要です。

スポンサーリンク




関連コンテンツ



スポンサーリンク




Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE