はじめてのハワイ旅行

荷物が多い状況でコナ空港でレンタカー、「営業所までこう移動すればよかった」と後悔した話

荷物が多い状況でコナ空港でレンタカー、「営業所までこう移動すればよかった」と後悔した話

今回は、ハワイ島のコナ空港でレンタカーを借りるのが初めての人のうち、荷物がたくさんある人に伝えたい情報です。

私は、2019年8月にしたハワイ島旅行で、コナ空港を利用し、Hertzレンタカーの営業所で車を借りました。

この時、荷物が多かったため、空港からレンタカーの営業所までの移動が、結構大変でした。そして、「今思えばこう移動すればよかった」と後悔したことがあったのでご紹介します。




Hertzレンタカーの営業所まではシャトルバスで移動する

初めに私がコナ空港で利用した、Hertzレンタカーの営業所までの距離感をご紹介します。

まず、この時はホノルル空港から、ハワイアン航空の国内線でコナ空港に到着しました。南北に長い敷地となっているコナ空港において、ハワイアン航空の手荷物の受け取り場所は、南側の建物になりました。

そして、その荷物を受け取った場所から通りを挟んですぐに、シャトルバスの乗り場がありました。そのシャトルバスの乗り場から、Hertzレンタカーの営業所までは、車で3分くらいの距離感でした。

ご参考として、次のリンクから、Googleマップで私がHertzのシャトルバスに乗った場所から、その営業所までのルートを確認できます。

Googleマップでコナ空港のシャトルバス乗り場からHertzレンタカーの営業所までのルートを見る

荷物が多く小さい子連れだったのでシャトルバスの乗り降りが大変だった

この時のハワイ島旅行は、5歳児、1歳児(5ヶ月)、妻、私の4人でしていました。その荷物としては、スーツケースが3個、日本から持ち込んだチャイルドシート、インファントシートの2つ、機内持ち込み用のカバンなど、荷物が多い状況でした。

また、私は、1歳児を抱っこ紐で抱えている状況で、その上で、目を離すとすぐにどっかに行ってしまいそうな5歳児もいました。

そのため、家族全員でレンタカーの営業所まで移動するためのシャトルバスの乗り降りが結構大変に感じました。

実際のところ、私が利用したHertzのシャトルバスのドライバーがとても親切で、スーツケースやチャイルドシートなどの荷物を車内に入れたり、出したりするのは、ほとんど手伝ってくれました。

なので、全部自分で運び込むよりはだいぶ楽できたのですが、それでも、結構大変な思いをしました。

空港に家族を待たせて一人で車を借りに行けばよかった

そして、この経験からコナ空港で荷物が多い状況でレンタカーを借りるにあたり、「営業所までこう移動すればよかった」と言う移動方法がありました。

具体的には、家族全員でレンタカーの営業所に移動することはせず、私一人で移動する方法です。

家族には、空港の手荷物受け取りを出たところで荷物番をしてもらいながら、待っててもらい、そこに借りたレンタカーで乗りつければよかったのだと分かりました。こうすると、シャトルバスに乗り降りするのが、自分一人の体1つとなり、楽だからです。

事実、次のリンクから、Googleストリートビューでコナ空港の様子を見ると、そのようにハワイアン航空の荷物受け取り前あたりに車を乗り付けて、荷物を載せようとしている車の様子がわかります。

Googleストリートビューでコナ空港の出口前に車を乗り付けている様子を見る

上でご紹介した通り、空港の出口からHertzレンタカーの営業所までは車で3分程度の距離感です。これは、他のレンタカー会社でも変わりません。ので、一人で車を借りてここに迎えに戻ってくるのも、とても簡単です。

と言うわけで、コナ空港において、荷物が多くてシャトルバスの乗り降りが大変なことが予想される人は、家族を荷物番にして空港で待っててもらい、一人でレンタカーを借りに行った方が楽ができます。

スポンサーリンク




関連コンテンツ



スポンサーリンク




Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE