Read Article

ワイキキで体験してわかった出張ロミロミの最大の魅力

ワイキキで体験してわかった出張ロミロミの最大の魅力

今回は、ハワイ旅行中に受けるマッサージを初めて検討中の人に伝えたい情報です。

私は、2018年1月にワイキキに滞在した際に、宿泊先のホテルにて、ロミノハワイの出張マッサージを体験しました。

その体験から、「なるほど、部屋でロミロミをしてもらえることには、こんな魅力があるんだな」と言う、気づきがありました。

ロミノハワイとは

では、そのマッサージをお願いしたロミノハワイからご紹介すると、ワイキキを中心に出張型のマッサージを提供しているサービスです。

ロミノハワイの公式サイトにある「はじめての方へ」のページによると、「おかげ様で8周年! 癒やし・美・健康に特化し続けてきたロミロミ専門店」とあります。

その「ロミロミ」について、今回、私のマッサージを担当をしてもらったナオミさんによると、「ロミロミとは、ハワイ語で単純に揉むという意味しかない」そうです。そのため、一口に「ロミロミマッサージと言っても様々なバリエーションがある」とのことでした。

事実、ハワイ州のライセンスも、「ロミロミ専門のライセンス」というものはなく、マッサージ全般をするためのライセンスとなっているのだそうです。なので、極端には、タイ式のマッサージだったとしても、ハワイでは、それをロミロミとも言えてしまうわけですね。

ロミノハワイのマッサージの印象

私が受けたロミノハワイのマッサージの印象は、「全身を揉みほぐしてくれるオイルマッサージ」という感じでした。60分の一番スタンダードなコースをお願いしたのですが、全身を程よくマッサージしてもらえました。

このマッサージを受けたのは、ハワイ滞在の二日目で、まだ飛行機の疲れが残っている状況でした。その疲れが、マッサージのおかげでだいぶ楽になった印象でした。実際、ナオミさんによると、「飛行機疲れが残る、ハワイ到着日のチェックイン直後」は、マッサージを受けるオススメの時間なのだそうです。

ただ60分のコースは、全身をさらっとやる感じで、あっという間に終わりの時間になりました。そのため、「もっと長いコースにすべきだった」と、終わってから感じました。

本当に気持ちよいマッサージだったので、「最低でも90分のコースにすべきだった」と後悔しました。

出張マッサージの最大の魅力

私は、これまでハワイで店舗型のマッサージを体験したことが何度かあります。店舗型とは、マッサージを施術してくれるお店に自分自身が出向くタイプのことですね。

その体験と比較し、ロミノハワイの出張マッサージの最大の魅力は、「マッサージが終わって気持ちよくなったところで、部屋のベッドですぐに眠れる点にある」と感じました。

というのも、店舗型のマッサージ場合は、マッサージ後に眠たくなったら、自分の宿泊先の部屋に移動する手間があるからです。一方、出張マッサージの場合は、自分の部屋でそのマッサージを受けられます。なので、施術後眠くなったら、そのままゴロンと横になれる点が、最大の魅力と感じました。

実は、私がこの時宿泊しているホテルには、1Fのロビーに、店舗型のマッサージを受けられる設備がありました。そこまでは、部屋を出てエレベーターに乗れば簡単に移動できたわけですが、それでも、「出張マッサージで、部屋でしてもらえるメリットは大きい」と感じました。自分の部屋から一歩も出ずに済む点が、本当に便利だったからです。

事実、ナオミさんによると、ロミノハワイでは、「夜9時以降」が人気の時間なのだそうです。この事実から、施術後すぐ眠れるメリットに魅力を感じている人が多いことがわかります。

ロミノハワイの魅力

また、以前店舗型のマッサージ体験との比較で、ロミノハワイの魅力を挙げると、次の通りです。

  • 日本語で予約ができて気楽
  • スタッフも日本語が通じて気楽

私が以前利用した店舗型の店では、予約は電話のみで、英語でしかできませんでした。私は、正直なところ英会話が得意ではありませんので、その電話予約が「うまくできるかな」と不安を感じました。また、その店で実際にマッサージを受けるときも、英語しか通じませんでした。ので、「体のどこどこが凝っている、疲れている」のようなことを伝えるのに苦労しました。

一方、ロミノハワイのスタッフは、全員がハワイ在住の日本人とのことでした。私を担当してくれたナオミさんも、日本語のネイティブで、そのコミュニケーションに安心感がありました。

今回、これが私が初めて「出張ロミロミ」を体験する機会だったのですが、受けてみて本当によかったです。日本語でリラックスしながら、気持ち良いマッサージを受けられたからです。次回のハワイ滞在でも、また利用したいと感じました。

ロミノハワイ、至福の時を極上ロミロミで

Return Top