はじめてのハワイ旅行

ホノルル空港の有名な管制塔の全景を撮影できる場所

2019年3月15日
ホノルル空港の有名な管制塔の全景を撮影できる場所

今回は、ハワイ旅行でオアフ島のワイキキにあるホノルル空港(ダニエル・K・イノウエ空港)から、初めて帰国する人に伝えたい情報です。

お伝えしたいのは、「有名なホノルル空港の管制塔の建物の全景の様子は、この場所から見られるよ。」というお話です。この記事のトップの写真がまさにその様子の写真です。

この建物の様子は、ハワイ旅行の記念写真の一枚になると考えてのご紹介です。

搭乗ゲート次第では見逃すことになる

なぜ今回、ホノルル空港の管制塔の全景を確認できる場所をご紹介したいかというと、帰国時に利用する便の搭乗ゲート次第では、この建物を全く見ずに帰国する場合もあるからです。

というのも、ホノルル空港の敷地が広く、そのゲートの位置次第では、管制塔が見えないことがあるからです。例えば、D1-D2やF1-F2と言った管制塔の近くの搭乗ゲートを利用することになった場合、近過ぎるため管制塔の様子を見ずに帰国することになります。

ご参考に、それぞれのゲートの位置は、次のハワイ州政府の公式サイトにあるホノルル空港の館内図を見ると確認できます。

Daniel K. Inouye International Airport: Terminal Maps

そのため、ホノルル空港の搭乗ロビーにおいて、「ここに行けば管制塔の全景が見られる」という場所を知っておくと、役立ちます。

Googleマップで管制塔の位置を確認する

さて、上でご紹介したハワイ州政府の公式サイトにあるホノルル空港の館内図を見ても、管制塔がどこに位置するのかは示されていません。一方で、その管制塔の全景を撮影できる場所を知るにあたり、この建物が空港内のどのあたりに位置するのか知っておいた方がわかりやすいです。

その位置を把握するのに役立つのが、Googleマップでホノルル空港の管制塔の位置を確認することです。次のリンクから、Googleストリートビューで、ホノルル空港の管制塔の様子が確認できます。

Googleストリートビューでホノルル空港の管制塔の様子を見る

このストリートビューでは、ホノルル空港の搭乗エリアから見て、管制塔を挟んで裏側からその様子を見ています。つまり、実際に搭乗エリアから見るときは、このストリートビューの様子の反対側から見ることになります。

それでも、このストリービューの位置から、「この方角に管制塔の建物がある」ということがわかります。それによって、ホノルル空港における管制塔の位置が把握できます。

ターミナル2のEゲートに向かう途中の渡り廊下から全景が見やすい

Googleストリートビューで管制塔の位置を確認すると、その管制塔は、ホノルル空港の中央にあるターミナル2のメインの建物の中心部分にあることがわかります。そのため、そこからちょっと距離をとった位置が、管制塔の全景を見るのに最適な場所となります。

具体的には、ターミナル2は、既に述べたメインの建物の南側に、Gates E1-E10がある、Eゲートのエリアがあります。その位置は、上でご紹介したTerminal Mapsを見るとわかりやすいです。

Eゲートに向かう渡り廊下から撮影したホノルル空港の管制塔の様子
Eゲートに向かう渡り廊下から撮影したホノルル空港の管制塔の様子

メインの建物から、そのEゲートまではオープンエアの渡り廊下のようになっています。そして、その渡り廊下から、メインの建物の中央部を見ると、ホノルル空港の管制塔の全景が見やすいです。ちなみに、この記事のトップの写真も、その渡り廊下から撮影したものです。

スポンサーリンク




関連コンテンツ



スポンサーリンク




Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE