はじめてのハワイ旅行

ホノルル経由のコナ空港行き、荷物の預け直しは簡単だったか?

ホノルル経由のコナ空港行き、荷物の預け直しは簡単だったか?

今回は、ハワイ島旅行でホノルル経由の便を初めて利用する人に伝えたい情報です。

私は、2019年8月に羽田からホノルル経由でハワイ島のコナ空港まで移動しました。この時に、ホノルル空港での荷物の預け直しが簡単だったか、その体験談をご紹介します。




利用した便、到着した時間と乗り換え時間

まず、このハワイ島旅行で利用した便からご紹介すると、羽田からホノルルまでは、ハワイアン航空の856便を利用しました。

私が利用した2019年8月当時、この便は羽田を23時43分に出発し、ホノルルにハワイ時間の12時23分に到着予定のスケジュールとなっていました。

行きの羽田空港にてハワイアン航空のチェックインカウンターに荷物を預ける時は、地上スタッフから、最終目的地がコナ空港までであることを確認されました。そして、「ホノルル空港で荷物の預け直しが必要になります」とご案内もいただきました。

羽田発の856便が実際にホノルルの空港に到着して搭乗口に降りたのは、12時50分頃になりました。この時は、その後ハワイアン航空の国内線、348便に乗り換えて、コナ空港に向かう予定となっていました。

その便の出発予定は、15時5分となっていました。つまり、乗り換え時間としては2時間以上余裕がある状況でした。

Baggage Claimの出口からすぐに見えている

ホノルル空港にて入国審査を終えた後は、Baggage Claimに向かい羽田で預けた荷物を受け取る流れになりました。そして、税関を抜けた後に、コナ空港行きの便に乗る前に、その受け取った荷物を預け直すことになります。

ホノルル空港での乗り換えが初めての人は、その預け直す場所がイメージできず不安を感じるかもしれません。が、私の実体験からするとその心配は必要ないと感じました。

と言うのも、その預け直しの場所は、Baggage Claimの出口にある税関を抜けると、空港の団体出口(Group Exit)側にすぐに見えているからです。

私が利用した時は、その場所の前に「Connecting Baggage」と書かれたピンク色のハワイアン航空の目立つ立看板がありました。

なので、「あ〜、あそこで預け直すんだな」と言うことがすぐにわかりました。

預け直しの時に確認されたこと

そして、その預け直す場所さえわかれば、荷物を預け直すこと自体はとても簡単でした。

その場所に荷物を持って行った後は、そこにいるスタッフの方から話しかけられ、荷物の数と行き先を確認されるだけで、おしまいだったからです。

この時は運が良いことに、私の荷物を担当してくれたのは、日本語がとてもうまい女性の方で、その確認の会話も「荷物は何個ですか?どちらまでですか?」と日本語でした。

その質問に「荷物は4個です。ハワイ島のコナ空港までです。」と日本語で答えておしまいだったので、とても簡単に預け直すことができました。

ただ、仮にこの時の確認の会話が英語だったとしても、それほど心配ないとも感じました。「荷物の数と行き先を確認される」と言うことを知っていれば、英語でどう答えれば良いかを事前に想定できるからです。

スポンサーリンク




関連コンテンツ



スポンサーリンク




Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE