はじめてのハワイ旅行

5歳児・1歳児とのハワイ島旅行のレンタカーをどう手配したか?

5歳児・1歳児とのハワイ島旅行のレンタカーをどう手配したか?

今回は、小さい子連れでのハワイ島旅行に向けてレンタカーの利用を検討している人に伝えたい情報です。

私は、2019年8月に、5歳児、1歳児(5ヶ月)、妻の4人でハワイ島を訪れました。

この時に利用したレンタカーを私がどのようなことを考えながら、どう手配したかをご紹介します。

レンタカーを借りるにあたっての前提条件

最初にこのハワイ島旅行に向けて、レンタカーを借りるにあたっての私の前提条件をご紹介します。

今回の滞在先は、コナ・コースト・リゾートという、ハワイ島の西側にある施設でした。最寄りの空港は、コナ空港となり、空港からその宿泊先までの往復の交通手段として、レンタカーが必要になりました。

コナ空港からこの宿泊施設まで移動できるシャトルバスなどの交通手段が、存在しなかったからです。

つまり、レンタカーは、到着日にコナ空港近くの営業所で車を借りて、帰国日もコナ空港近くの営業所に返す必要がありました。

またレンタルする期間としては、8日間としました。今回の旅程は7泊9日だったのですが、その滞在中ずっと借りっぱなしにするということです。

荷造りとしてはスーツケースが3つになる想定でした。その3つのスーツケースがトランクに収まり、5歳児にはブースターシート、1歳児にはチャイルドシートを利用して乗車できるサイズの車種である必要がありました。

どうレンタカー会社を選んだか

以上の前提条件をもとに、このハワイ島旅行のレンタカー会社を探すことにしました。

そして、私がこの旅行のレンタカーにあたり、最初に探したのが、Hertzレンタカーの公式サイトです。なぜHertzから探したかというと、理由はいくつかあります。次の通りです。

  • これまで何度かハワイ旅行でHertzを利用した経験があり、特に不満がなかったから
  • 私が持っているクレジットカードやJAF会員向けの割引を利用するとお得な価格になることがあるから
  • 大手なのでコナ空港でのシャトルバスのお迎え頻度が高いことが期待されたから

という理由から、Hertzレンタカーの公式サイトから探し、私が持っているクレジットカードでの割引価格と、JAF会員の優待特典を利用した割引価格を調べました。

結果、JAF会員の優待特典を利用してHertzレンタカーを予約するのが一番お得になることがわかりました。ちなみにこの割引額は、JAFの年会費の元が取れるお得さとなっていました。

そして、このHertzレンタカーのJAF会員特典を利用した優待特典価格と、次の方法で調べた価格とを比較しました。

  • ハワイアン航空の利用者向けの提携価格
  • Rentalcars.comでレンタカー会社を横断して検索した価格

ハワイアン航空の利用者向け提携価格を調べたのは、この時に日本から経由するオアフ島までの国際線、またそこからコナ空港までの国内線どちらもハワイアン航空を利用していたからです。またRentalcars.comは、大手レンタカー会社を横断して検索できるサービスで、最安値を探すのに便利なものです。

そして、希望する日程、利用期間、4ドアのフルサイズのセダン、という条件でそれぞれの価格を比較すると、次の結果となりました。

  • Hertz(JAF会員特典利用、車種フルサイズのセダン指定): 341.54ドル
  • ハワイアン航空の提携(Budgetレンタカー、車種Dodge Avenger): 362.10ドル
  • Rentalcars.com(dallorレンタカー、車種Nissan Altima): 370.15ドル

この結果から、「Hertzは慣れているし、JAFの会員特典を利用すると一番お得だ」という判断となり、今回は、Hertzを利用することにしました。

コナ空港でのシャトルバスのお迎え頻度にも期待

また、コナ空港でレンタカーを借りるのが初めての人へのご参考として、私が今回、Hertzを選んだ別の理由として、「大手なのでコナ空港でのシャトルバスのお迎え頻度に期待できそう」ということがありました。

コナ空港において、レンタカー会社の営業所までは、原則としてシャトルバスで移動する必要があります。そして、ハワイ島旅行を毎年のようにする方からもらったアドバイスによると、「コナ空港において、レンタカー会社によってシャトルバスのお迎え頻度が結構違う」ということだったんですね。

つまり、その頻度が少ないレンタカー会社を選んでしまうと、コナ空港でそのレンタカー会社の営業所まで行くためのシャトルバスが来るまで、「結構待つことになる」ということでした。

私は予約時点で、コナ空港でHertzレンタカーのシャトルバスのお迎え頻度がどれくらいなのかはわかりませんでした。ですが、「大手なのでその頻度が悪いことはないだろう」ということ期待も込めてHertzを選んだわけです。

スポンサーリンク




関連コンテンツ



スポンサーリンク




Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE