Read Article

思春期の息子と初めて海外旅行をするお母さんに伝えたいこと

思春期の息子と初めて海外旅行をするお母さんに伝えたいこと

今回は、思春期の息子さん、イメージとしては、14歳〜16歳くらいの年齢の息子さんと初めて海外旅行に行く予定のお母さんにお伝えしたい注意点です。

先日、このサイトに、「今度、16歳の息子と二人でハワイ旅行に行きます!」という女性からお問い合わせいただいたんですね。で、それをきっかけに、私は、自分が15歳の時に母親とした海外旅行で、とても困った経験をしたことを思い出しました。

で、この困った経験ですが、思春期の年頃の男の子であれば、誰でも抱えるはずであろう問題です。一方で、中々、自分の母親には言い出しにくいことでもあります。

そこで、ハワイも含めて、これから思春期の息子さんと初めての海外旅行を予定しているお母さんに、その困った私の実体験をご紹介し、「海外旅行中、その問題への配慮をしてあげて欲しいな〜」というのが、この記事の趣旨です。

15歳当時の私が母親との海外旅行で抱えた悩み

それでは、本題に入ります。私は、15歳の時に、母と姉と私の3人で海外旅行をした経験があります。

正確には、私の家族3人と、母の友人の家族3人の合わせて2家族、6名でするヨーロッパ旅行でした。この旅行ですが、正確な日数は覚えていないのですが10日間程度の旅行でした。

でですね。この旅行中に宿泊するホテルの部屋ですが、2名毎に分けて、3室分予約していました。そして、その部屋割りですが、当初は、私と母の友人の息子さん(小学生)を同室にする予定だったそうです。

ですが、「家族の同士の方が気を使わず楽」ということになり、結局、私は旅行中は、ずっと母親と同室になることになったわけです。

その結果、思春期の私は、旅行中ある問題を抱えることになりました。その問題ですが、四六時中、母親と過ごすことになった結果、「もう爆発しそう」というくらい、それが溜まってしまったことです。

「それ」とは、思春期特有の理由なき怒りの感情・・・と言うのは、冗談で、本当は、下半身にアレが溜まってしまって困ったわけです。

と言うのも。その当時、普段の自宅での生活ならば、親の目のない隙に、それを処理することは造作もなかったわけです。自室がありますし、親が出かけているタイミングを見計ることもできるからです。

一方、この海外旅行では、その処理が不可能になったわけですね。と言うのも、日中は、海外旅行の治安面の不安から、旅行の参加者で一緒に過ごすことになった上、宿泊先の部屋でも、母親と過ごすことになったからです。つまり、親の目を盗んで処理する隙が、旅行中なかったわけです。

その結果、溜まったアレを処理することができず、爆発しそうになったんですね。思春期の男の子は、人によっては、毎日処理しても仕切れないほど、それを持て余す感じなんですね。

なので、海外旅行中、ずっと、母親と過ごすことになると、本当に大変なわけです。一方、母親は、女性なのでこの辺の大変さに気がつきにくいんですね。

そして、息子側としても、センシティブな話題かつ恥ずかしい問題なので、相談しにくいわけです。

「母さん、ちょっと抜きたいから部屋で一人にしてくれないかな」

ということを、ズバッと言えるような関係ならこのような問題はありません。ですが、思春期の息子さんとそこまでオープンな関係は中々築けないですよね。

30分でも良いので、部屋で一人で過ごす時間が欲しい

というわけで、思春期の息子さんと、海外旅行を初めてするお母さんは、息子さんが抱えるであろうこの問題に配慮があった方が良いです。

具体的には、30分でも良いので、宿泊先の部屋で一人で過ごす時間を用意してあげると良いですね。

例えば「お母さん、今日の午前中は、ちょっと一人でアラモアナセンターに買い物に行きたいから」と、息子さんに一人で部屋で過ごす時間を作ってあげると、息子さんは心の中で、「助かった・・・」と思っているはずです。

ちなみに、ハワイ州の法律には、「子供を一人にしていけない」と言うルールがあります。ですが、それは12歳以下の年齢の子供なんですね。なので、14歳〜16歳の息子さんであれば、少なくとも法的には、一人で過ごさせても問題ないです。

ただ、法的には問題なくても、「海外で本当に一人にして大丈夫?」と思われるかもしれません。ですが、上述した通り、ずっと母親と過ごすことになると、思春期の息子さんは、内面ではアレを処理できず、爆発しそうで大変な状況になるわけです。

なので、息子さんを信頼できる範囲で、一人で過ごす時間を作ってあげて欲しいですね。

そして、息子さんに一人で過ごす時間を作ってあげると同時に。息子さんに、アレを処理するために利用する、いわゆる「おかず」を用意する手段を提供することも重要です。

私の実体験でも、母との海外旅行中、「おかず」を準備するのが難しかったことが、爆発しそうになる一因でもありました。

なので。例えば、普段息子さんに、スマホを持たせているのであれば、海外旅行中もそのスマホでデータ通信をできるようにしてあげた方が親切です。スマホで、データ通信ができると、「おかず」に困らないからです。

また、もしかすると、息子さんはそのために動画を見るかもしれません。なので、データ通信量とその費用面に関しても、心配のない手段を検討する必要が出てきます。例えば、ホテルの部屋のWifiを使えるようにしてあげたりなどですね。

と言うわけで、思春期の息子さんと初めて海外旅行をするお母さんは、「部屋で一人で過ごす時間を作ってあげる」、「それを処理するための手段を提供する」の2点に配慮があると、息子さんは大助かりとなります。

コメント一覧

  • Comments ( 5 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. ヒデさん 16歳の息子と2人でハワイに行く予定のものです。先日は的確な情報をありがとうございました!
    今回の記事を読ませていただき 衝撃が走りましたΣ(゜Д゜)
    思春期真っ只中で 必要事項以外の会話をしない息子ですが…辛い思いをさせてしまうところでした。
    海外の公共トイレに息子が一人で入るのも心配で 時間がかかったりすると 男性トイレに入って声を掛けてしまうほどなので 一人にさせるつもりは まずありませんでした(^_^;)
    ホテルの部屋でしたら 安心ですので♪お互いに一人の時間を数回作って お互い快適な旅行にしますね!
    とてもデリケートなお話ですが ご教示いただき 本当に感謝します!この度もありがとうございました(*^_^*)

    • Saecoさん、

      コメントありがとうございます、お伝えしたかった方にこの記事が伝わり嬉しいです。

      海外旅行中なので、心配される気持ちもよく分かります。なので、安心できる範囲で、息子さんに一人になれる時間を作っていただけると、息子さんも助かる(笑)はずですよ。

      よいご旅行を!

      • ヒデさん、ご返信ありがとうございます。

        ちなみに滞在先は、シェラトン ワイキキ、パシフィックビーチの分泊を予定しています。いずれも部屋でWifi利用可能だと思いますので、おかず調達も容易かと思います(笑)
        今回、アクティビティー・グルメ・買い物以外に、UHマノア校・KCCにも散策程度ですが立寄る予定です。パールハーバーで歴史に触れたりと、社会科見学的な要素も組み込むつもりです。
        今後も引続き、参考にさせていただきますね♪

      • Saecoさん、ありがとうございます!

        ご滞在予定のパシフィックビーチですが、しばらくリニューアル工事中なのをご存知ですか?

        その予定が、次のURLから確認できるのですが、
        http://www.pacificbeachhotel.co.jp/Redevelopment-Update
        全て工事が完了するのが、2017年秋の予定となっています。

        おそらくwifiに関しては問題ないと思われますが、気になることがあれば、念のためホテルに問い合わせておくと良さそうです。
        たまたま、最近、私もこのホテルに問い合わせる機会があったのですが、その際には、日本語公式サイトのお問い合わせフォームから、日本語で質問し、日本語で回答を得られました。

        UHマノア校・KCCに散策で寄られるプランはナイスですね。高校生の時に、アメリカの大学のキャンパスを見ると、息子さんも何か感じるところがあるかもしれません。

        では、今後ともよろしくお願いします。

  2. ヒデさん こんばんは☆

    パシフィックビーチの情報ありがとうございます!

    工事中を承知で予約しましたが 日本語公式サイトがあることを知らず 工期が気になっていたところでした(*´∀`) 日本語で質問出来るという情報も嬉しい限りです♪
    早速URLを確認させてもらったところ
    滞在予定の3月は ビーチタワーも工事が完了しているようで一安心!

    ビーチタワーを選んだ理由は オーシャンフロント&電子レンジ有りのためです
    食べきれなかった夕食を 翌朝温めることが出来るので私的には必須です

    息子が「英語圏に留学してみたい」と言っているので
    まずは雰囲気だけでも体感して来ようと思っています!

    来訪は少し先ですが 楽しみながら予定を決めて行きます!

    今後もヒデさんの記事を楽しみにしていますね!
    ありがとうございます♪ヽ(´▽`)/

Return Top