Read Article

JALの羽田-ホノルル線ならではの魅力

JALの羽田-ホノルル線ならではの魅力

2017年2月14日追記 ここから

2017年4月1日以降、JALのJL080/JL089(羽田-ホノルル)便が、成田-ホノルルに変更されます。

参考: 羽田-ホノルル(JL080/JL089便)、および成田-ニューヨーク(JL006/JL005便)の日本発着空港の変更について

この記事は、羽田ーホノルル便が運行している前提で書かれた記事ですので、ご注意ください。

2017年2月14日追記 ここまで

今回は、ハワイ旅行の航空券を探している人へのお役立ち情報として、JALの羽田-ホノルル線ならでは魅力をご紹介します。

ハワイ旅行において羽田発着の便を選ぶと、特定の航空会社に限らずいくつかのメリットがあります。それは次のようなメリットです。

  • 東京都心からのアクセスが速くて安い
  • 帰国する最終日も観光できる
  • クレジットカード会社のラウンジが綺麗で快適
  • 夕食の機内食が出ないので席が広く保たれる時間が長い

そして、これらに加えて。羽田発着のハワイ便の航空会社に、JALを選ぶとJALならではの魅力があるんですね。今回は、その魅力をご紹介したいわけです。

ただし。航空会社のサービス内容は、かなりの頻度で変更されます。なので、今回の記事は、この記事を書いている2016年2月時点の情報で、今後変更される可能性がある点はご了承ください。

プレミアムエコノミークラスを選べる

それでは、早速始めましょう。JALの羽田便ならではの魅力ですが、「JALの羽田-ホノルル線では、座席の選択肢として、プレミアムエコノミークラスを選べること」、この1点につきます。

このプレミアムエコノミークラスですが、2016年1月7日から、JALの羽田-ホノルル線で導入されたサービスです。この記事を書いている現在では、導入されてたてホヤホヤのサービスとなっています。

で、プレミアムエコノミークラスについて、詳しくは、JALの公式サイトで確認できます。次のリンクが、その公式サイトへのリンクです。

2016年1月7日より東京(羽田)―ホノルル線、プレミアムエコノミークラス導入!

シートが広い

では、ハワイ旅行という背景も踏まえて、プレミアムエコノミークラスの魅力をご紹介します。まず、プレミアムエコノミークラスですが、シートが広い上にシェルシートになっているのがとても良いんですね。

プレミアムエコノミークラスのシートの広さですが、その間隔となるピッチが約97cmとなっています。これがこれまでのエコノミークラスでは、約79cmなのでだいぶ広くなっていることがわかります。

またJALの羽田ではなく成田-ホノルル線では、「新・間隔エコノミー」として、一部の便でエコノミークラスのピッチが広くなっているですが、その「新・間隔エコノミー」のピッチの広さでも約86cmです。

つまり、プレミアムエコノミークラスの方が、「新・間隔エコノミー」よりも広いシートであることがわかるんですね。で、このプレミアムエコノミークラスは、現在のところ羽田-ホノルル線でしか導入されていないわけです。

シェルシートの良さ

また、「新・間隔エコノミー」の場合は、そのシートの機材は、エコノミークラスのものと大きく変わりません。ですが、プレミアムエコノミークラスの場合はそのシートの機材が全く違うんですね。

具体的には、プレミアムエコノミークラスのシートは、シェルシートになっています。このシェルシートですが、その椅子の座り心地の良さもさることながら、それ以上に素晴らしいメリットがあります。

そのメリットですが、前の座席の背もたれが、倒れてこないことです。なので、自分の目の前の空間の広さが保たれるんですね。これは、本当に快適です。

その快適さを説明するために、通常のエコノミークラスのシートの不便さをご紹介すると。前の人が背もたれを倒すと、そのまま自分の顔の前に、その背もたれが来るんですね。そのため、前の席の人が最大限に倒してくると、とても窮屈に感じます。

それに加えて、倒したシートの動きにつられて、その席の後ろについている機内エンターテイメントのディスプレイの角度が変わります。なので、前の席の人が、席の角度を変えるたびに、そのディスプレイの角度調整が必要になって不便なんですね。

シェルシートでは、前の席が倒れてこないので、このような不便さを感じることがありません。なので、そもそもの席の広さに加えて、その広さが保たれるというメリットがあるわけです。

ラウンジも使え・荷物も優先して出てくる

また、プレミアムエコノミークラスですが、シート以外にも様々な魅力があります。まず、空港のラウンジが使えます。これは通常ビジネスクラス以上ではないと使えないものなので、嬉しい特典です。

JALのラウンジですが、出発ギリギリまで快適に過ごせるようになっているですね。なぜなら、JALの便に関して詳しくアナウンスがあるからです。羽田空港の場合、クレジットカード会社のラウンジも、成田空港のものと比べ綺麗で快適です。

ですが、やはり航空会社の提供するラウンジは、より快適なんですね。例えば、クレジットカード会社のラウンジでは、食事が提供されませんが、JALのラウンジでは、提供されます。

ほか、預けた荷物が、ビジネスクラスに次いで優先して出てくる点も嬉しいですね。特に到着した時は、「早くハワイを楽しみたい」というワクワクした心境になっているので、早く荷物が出てくることが嬉しく感じます。

加えて、荷物を預けるカウンターが専用、もしくはビジネスのものを利用できる点も良いです。これは、特にホノルル空港からの帰りに嬉しいですね。なぜかと言うと、帰りのホノルル空港では、時間が重なるとチェックイン待ちの行列ができることがあるからです。

それでも羽田着の場合は、その時間に出る便数が重ならないため、成田着と比べ行列ができにくくはあります。ですが、羽田着の場合でも、ピークの時間にぶつかるとエコノミークラスのチェックイン待ちの行列に並ぶことがあります。

専用カウンターでチェックインできると、その行列に並ばなくて済むので嬉しいわけです。

ほどほどのマイルでアップグレードできる

さて。JALの羽田-ホノルル線ならでは魅力として、プレミアムエコノミークラスを選べることがあるのですが、やはりその料金は、通常のエコノミークラスより、お高くなっています。

ご参考に、JALの公式ページで通常のエコノミークラスとプレミアムエコノミークラスの料金違いを調べてみました。またついでに同じ条件のビジネスクラスの料金も調べています。次の通りです。

エコノミークラスとプレミアムエコノミークラスの料金の違い

行き(羽田-ホノルル): 2016年3月30日
帰り(ホノルル-羽田): 2016年4月10日

  1. エコノミー: 103,520円
  2. プレミアムエコノミー: 188,520円
  3. ビジネス: 248,480円

※税金・燃油特別付加運賃等含む、割引運賃を選択

以上を見ると、この条件では、プレミアムエコノミークラスの方が、8万5千円高くなっているのがわかりますね。これを妥当と感じるかどうかは、個人の価値観次第ですね。ただ、ビジネスクラスの料金と比べると、利用しやすい価格帯なのは間違いないですね。

で。JALのマイルをためていた場合ですが、マイルを利用したアップグレードで、JALの羽田-ホノルル線のプレミアムエコノミークラスを利用することができます。例えば、上記の日程では、片道12000マイルでアップグレードすることができます。なので、意外とためやすいマイル数で、プレミアムエコノミークラスを利用できることがわかります。

ただ、マイルのアップグレードで、プレミアムエコノミークラスを利用できる席数は、限られていることあります。例えば、通常の料金で買う場合は、プレミアムエコノミークラスの座席が空いていても、マイルをアップグレードでは席が確保できない場合があるんですね。その点には、注意が必要です。

スポンサーリンク
厳選!ハワイ旅グッズ
ハワイツール
Return Top