Read Article

成田とどう違う?羽田発のハワイ便で変わること

成田とどう違う?羽田発のハワイ便で変わること

2017年2月14日追記 ここから

2017年4月1日以降、JALのJL080/JL089(羽田-ホノルル)便が、成田-ホノルルに変更されます。

参考: 羽田-ホノルル(JL080/JL089便)、および成田-ニューヨーク(JL006/JL005便)の日本発着空港の変更について

この記事は、羽田ーホノルル便が運行している前提で書かれた記事ですので、ご注意ください。

2017年2月14日追記 ここまで

今回は、ハワイ旅行において「成田空港と羽田空港のどちら発の便が良いんだろう?」、と悩んでいる人のために、羽田発のハワイ便で変わることをご紹介します。つまり、「羽田発のハワイ便では、ハワイ旅行はこう変わるよ」っと言うのがお伝えしたいことですね。

同じテーマの記事として、以前、『知らないと損をするハワイ行きを羽田発にすると得られる近さ以外のメリット』と言う記事を書いています。この記事は、羽田空港の設備にフォーカスした内容なので、今回は「ハワイ旅行がどうなるのか」と言う、もうちょっと広い内容をご紹介します。

つまり、空港の設備だけでなく、機内、ホノルル空港到着までの違いをご紹介します。それでは、早速始めましょう。

羽田発の便は本数が少ない

まず基本的なところからですが、ホノルル空港までの便の数は、成田空港よりも羽田空港の方がかなり少ないです。

2015年5月の状況では、成田発が9便なのに対し、羽田発は3便となっています。

これは、便数が少ないことによる選択肢の少なさ、と言う見方では羽田空港のデメリットと言えますね。一方で、ハワイ行きの人が重なり過ぎず、空港のチェックインカウンターが混みにくい、と言う点ではメリットとも考えられます。

羽田空港は品川駅からのアクセスが抜群に良い

次に。羽田発のハワイ旅行で変わることとして、空港までのアクセス方法があります。そして、羽田空港は、特に品川駅からのアクセスが成田空港と比べ抜群に良いです。

もちろん品川駅から成田空港までも、成田エクスプレスや高速バスで1本でアクセスできるので、「乗り換えなし1本で行ける便利さ」と言う意味では、その違いはありません。

しかし、羽田空港の場合は、京急線を使えば20分ちょっとの時間で、かつ500円もしない料金でアクセスできるのです。東京都心から成田空港に行く場合、この所用時間の短さと料金の安さを両立した方法は現在のところありません。

なので。東京都心から成田までの移動に慣れていると、羽田空港のアクセスの良さには少々驚くことになります。「えっ、もう着いたの!?」と言った具合ですね。

羽田発のハワイ便は深夜に出発する

次に。羽田発のハワイ便は深夜に出発することになります。成田発の飛行機は、大体19:00〜22:00に出発するのですが、羽田発の飛行機は、23:00〜24:00に出発します。

この羽田のハワイ便が深夜に出発することは、メリットにも、デメリットにもなり得ます。

まずメリットから考えると。羽田空港発の飛行機は、出発する時間が遅いので、平日の仕事を終えた後に、出発する日程も可能となります。仕事帰りに「お疲れさまでした〜、これからハワイです」と言うことができます。

一方、デメリットですが、日本を遅く出発するので、当然ですがハワイに着く時間は、成田発の飛行機より遅くなります。つまり、到着日にハワイに滞在できる時間が、羽田発の方が短くなるわけです。この点はデメリットと考えることができますね。

ほかのデメリットして、たとえば子供と一緒にハワイ旅行に行く時ですね。小さい子供だと、夜の11時は普段はもう眠ている時間ですよね。なので、そのペースが乱れてしまうことがあります。

羽田空港はクレジットカード会社のラウンジも快適

次に。羽田空港は、出国審査を終えた国際線のロビーに、快適なクレジットカード会社のラウンジがある点が良いですね。どのように快適かと言うと、食事がサービスされないこと以外は、航空会社のラウンジと差がないくらい、羽田空港のクレジットカード会社のラウンジは設備が充実しています。

逆に言うと、成田空港のクレジットカード会社のラウンジは、設備がそこまでは充実していない、と言うことなんですね。雰囲気で言うと極端には漫画喫茶のような感じで、広さもあまりありません。

一方、羽田空港のクレジットカード会社のラウンジは、設備が新しく、広く、落ち着いた大人向けの雰囲気となっています。なので、ビジネスクラスの航空券を利用していなくても、快適なラウンジで寛げる点が、羽田空港の国際線のロビーの良さですね。

JALでは夕食の機内食がでない

次に。これはもしかすると、その時の状況で変わるのかもしれませんが、私が羽田発のJL80便を利用した時ですが、夕食の機内食がありませんでした。

羽田発の便は、深夜に出発する便なので、やはり夕食を食べて乗ることが前提となのだと思われます。

私は、ハワイ旅行での行きの飛行機で、特にエコノミークラスの座席の場合は、機内食を食べないことにしています。なぜかと言うと、変な時間に食事をすることになり、寝られる時間も減り、食べ終わった食器を片付け貰えないので、その食器で席が窮屈になるからです。

なので、この夕食がないことは、むしろありがたかったですね。ちなみに、朝食はちゃんとありました。

ホノルル空港到着は11時過ぎになる

最後に。上でも触れていますが、羽田発のハワイ便は、23:00〜24:00に出発します。なので、ホノルル空港に到着するのは、現地の午前11:00過ぎとなります。

で、上では、「ハワイに滞在できる時間が短くなるので、これはデメリットだ」と述べています。ですが、この遅く到着することをメリットと考えることもできます。

なぜかと言うと、ハワイ到着初日ですが、ホテルのチェックイン時間まで、時間を持て余してしまうことがあるからです。もちろん、別料金となることが多いアーリーチェックインなどのサービスをお願いしていれば別ですが、そうではない場合はホテルのチェックイン時間までは、荷物を開けない状況で時間を潰す必要があるわけです。

宿泊するホテルに荷物を預けて行動することも、もちろんできます。ですが、ハワイ到着後は、一休憩したくなるのが普通です。長時間のフライトと時差ぼけ疲れがあるからです。つまり、ハワイに遅く到着する場合は、午後となるハワイのホテルのチェックイン時間までの時間を、短くすることができますね。これをメリットと考えることもできるわけです。

一方、成田発の飛行機は、ハワイ現地に7:00〜10:00に到着します。なので、初ハワイでハワイでの過ごし方に慣れていない場合は、午後となるホテルのチェックイン時間まで、時間を持て余してしまうことがあるんですね。その、ご参考として『ハワイ到着初日のホテルのチェックイン時間までの過ごし方』と言う記事を公開していますので、ぜひご覧ください。

以上、成田発と比較して、羽田発のハワイ便で変わることをご紹介しました。

ヒデ

2008年の初ハワイ旅行をきっかけに、家族旅行、仕事のために一人で出張、短期滞在、長期滞在、など様々なシチュエーションでハワイを訪れています。その経験を共有し、これから初ハワイ旅行の人に役立てたいと考え、このサイトを立ち上げました。
ヒデよりご挨拶

Return Top