Read Article

最悪壊される!ハワイ便で預けるスーツケースの鍵についての注意点

最悪壊される!ハワイ便で預けるスーツケースの鍵についての注意点

今回は、ハワイ旅行が初めてのアメリカへの海外旅行となる人への注意点として、空港で預けるスーツケースの鍵についてのお話です。

TSAロックのスーツケースでも鍵をかけない

それでは早速本題に入りましょう。今現在、アメリカへ旅行時に空港で預けるスーツケースの鍵ですが、「TSAロックのものでも、鍵をかけないで」と、空港のスタッフから案内されます。

その理由ですが、たとえTSAロックに対応したスーツケースでも、それに合う合鍵を空港のスタッフが持っているとは限らないからです。そして、合鍵がない場合、鍵を壊してスーツケースを開けられる可能性があるんですね。

ハワイもアメリカの1つの州なので、この事情は変わらずです。そのため、TSAロックであっても鍵をかけずにスーツケースを預けることになります。

で。鍵をかけずにスーツケースを預けるので、注意することが出てくるわけですね。

ハードケースは間違って開くリスクがある

その注意点として。まず、パカッと2つに開くタイプのハードケースのスーツケースでは、預けたケースが途中で間違って開いてしまうリスクがでてきます。

これは、スーツケースに鍵をかけていないので、そう言うリスクがでてくることが、想像つきますよね。

で、空港に着いてから、手荷物受取で自分のスーツケースを待っていると。ベルトコンベア上で、ケースがパカッと無残に開いた状態で出てくる可能性があるわけです。

と言っても、スーツケースに鍵をかけないからといって、必ずそうなるわけでもありません。ですが、それが心配な人は、スーツケースベルトなどを利用し、スーツケースが間違って開かないようにしておく方が安心できます。

また。そのスーツケースベルトですが、「TSAロック付き」である必要がないことはわかりますよね。そもそも鍵を閉めないからスーツケースベルトをしているからです。つまり、そのような機能のない普通のスーツケースベルトで十分なわけです。

貴重品を入れない

次に。スーツケースに鍵をかけないので、空港で預けるスーツケース内に貴重品を入れないようにするべきです。なぜかと言うと、預けた荷物の中身を空港関係者によって、盗難されるリスクがあるからです。

また、そもそも、空港でスーツケースを預ける際に、「貴重品は入れないでください」と案内されるんですね。つまり、預けるスーツケースの中身の安全性は、がっちりと保証されているものではないのです。

それでも。「重いから」などの理由で、たとえばパソコンであったり、大きめのカメラであったり、をスーツケース内に入れて預けたくなります。ですが、空港関係者によって運悪く盗難されるリスクを考えると、それは避けた方が賢明です。

また。「壊されても構わない」と言う前提で鍵をかけたとしても、やはりスーツケース内には貴重品を入れるべきではありません。結局、鍵をかけても、その鍵を開ける権限を持った誰かが、スーツケースの中身を盗っているからです。

なので、預けるスーツケースの中身は、仮に盗られたとしても、被害が少ないものにするべきなんですね。

鍵は壊されなかったけど、ケースの一部を壊された体験談

最後に。以上のようにご紹介しておきながら、私は、これまでハワイ旅行では、預けるスーツケースにTSAロックの鍵をかけて預けていました。

そのように鍵をかけるのは、ソフトケースのファスナータイプのスーツケースを預ける場合に限っての話だったのですが、この場合鍵をしていても、これまでの経験上は鍵を壊されたことがなかったんですね。

その鍵ですが、この記事のトップの写真が、そのTSAロックの鍵です。写真から、スーツケースのファスナーの金具の穴に入れて使う小さい南京錠のような鍵と言うことがわかりますよね。

私は、これまで、このタイプのTSAロックの鍵をかけて、鍵を壊された経験がありませんでした。そして、荷物を預ける時にわざわざ鍵を外すのも面倒なため、そのまま鍵をかけてまま預けてしまっていました。また、「最悪壊されてもいいや」と言う考えからもそうしていました。

で。最近ハワイに行った時ですが、残念ながら、「壊される」体験をしました。で、鍵を壊されたわけではないのですが、鍵をつけてたファスナーの金具の部分を壊される結果となりました。

それを見て、「金具を壊すくらいなら、鍵のワイヤーを切ってくれたら良かったのに・・・」と思いましたが、後悔先に立たずですね。私は、「壊すなら鍵を壊すのだろう」と勝手に思い込んでいたため、このようにスーツケース側の金具を壊されることは想定外だったんですね。

この記事のトップの写真に、その壊された金具の部分も写っているのですが、わかりますかね。鍵のワイヤーがかかっているところの金具です。本来、ここにはこのファスナーを閉めるための取っ手の金具が付いていました。ですが、その取っ手の金具が丸ごと取られてしまったんですね。なので、このファスナーを閉めるのが猛烈に不便になりました。

壊されたのが鍵ならば、独立しているので買い直すのは簡単です。ですが、スーツケース本体の金具を壊されてしまったため、本当に面倒になりました。この場合、スーツケースを修理に出す必要があるからです。

なので。いかなるタイプの鍵であっても、ハワイ旅行中に空港で預けるスーツケースの鍵は、かけないで預けた方がよいですね。そして、その中には貴重品を入れないようにするべきです。

Return Top