Read Article

ハワイアン航空でのホノルル到着時に戸惑った手荷物の受け取り場所

ハワイアン航空でのホノルル到着時に戸惑った手荷物の受け取り場所

今回は、ハワイ旅行にあたり、初めてハワイアン航空の国際線で、日本からホノルル空港に行く人に伝えたい情報です。

私は、2018年1月のハワイ出張で、羽田からホノルル(ダニエル・K・イノウエ)空港までの移動にハワイアン航空を利用しました。

その便でホノルル空港到着時に、「こんなこともあるんだな」という体験をしました。

手荷物の受け取り場所がいつもと違う

具体的には、「手荷物の受け取り場所がいつもと違う」という点です。「いつも」というのは、ホノルル空港の税関前にある手荷物受け取りエリアです。

その場所をハワイアン航空の公式サイトの地図で示すと、次の通りです。

いつも受け取る税関前のエリアの場所
いつも受け取る税関前のエリアの場所

ホノルル国際空港マップより引用、以下同様。

ちょっと見にくいですが、上の図で「いつものところ」矢印で示した赤い四角のエリアが、私がイメージしているいつもの手荷物受け取りエリアです。これまでの私がホノルル空港を利用した時は、この税関前にある手荷物受け取りエリアで受け取ることが基本でした。

一方、2018年1月のハワイ出張でハワイアン航空を利用したときは、このいつもの場所ではありませんでした。そのため、「あれっ?どこで受け取ることになるんだ?」と戸惑うことになりました。

実際に受け取ったところ

そして、その時に実際に手荷物を受け取ったエリアは、次の図の場所です。

実際に受け取ったところ
実際に受け取ったのはD-7

具体的には、上で述べた税関前にある「いつものところ」のお隣のエリア(図のDのエリア)で受け取ることになりました。ベルトコンベアーのレーンの番号としては、7番となっていました。

この記事のトップの写真が、実際に私が受け取った手荷物受け取りのベルトコンベアーです。右上に小さく「D-7」とあるのがわかりますよね。

この実際に私が手荷物を受け取った場所は、「いつものところ」の端の方から、そこそこ歩いた先にあります。つまり、「いつものところ」からは、見えない場所にあるベルトコンベアーから、手荷物が出て来ることになります。

一方、ホノルル空港に到着し、入国審査を終えて、まず目に入る手荷物受け取りエリアは、「いつものところ」なんですね。なので、「あれ?自分の便の荷物を受け取るベルトコンベアーがない?」と戸惑うことになりました。

税関前のエリアで受け取れるとは限らないことを想定しておく

私が利用した時は、到着時に、手荷物の受け取りのレーンは、「7番です」と空港のスタッフに案内されました。

一方、実際に手荷物受け取りのエリアに来てみると、「いつものところ」にあるベルトコンベアーのレーンの番号は、1番〜5番となっていました。そのため、「7番って言われても、見つからない」と戸惑うことになりました。

そこで、「いつものところ」にいる空港のスタッフに、「7番のレーンはどこですか?」とたずねたところ、「あっちです」と案内してもらえ、それでようやく受け取る場所がわかりました。

このようなことがあるので、自分の手荷物を受け取るレーンの情報は、しっかりと確認しておいた方が良いと感じました。この時でいうと、「7番」と知らなければ、手荷物が出て来る場所が全くわからない状況になっていたからです。

というわけで。ホノルル空港到着時に、税関前にある、わかりやすいベルトコンベアーで手荷物を受け取れないことも、場合によってはあることがわかりました。

これが、ハワイアン航空を利用したからそうだったのか、その時たまたま混んでいたからそうだったのかはわかりません。ですが、そうなる可能性を想定しておくと、実際にそうなった時に戸惑わずに済みます。

ヒデ

2008年の初ハワイ旅行をきっかけに、家族旅行、仕事のために一人で出張、短期滞在、長期滞在、など様々なシチュエーションでハワイを訪れています。その経験を共有し、これから初ハワイ旅行の人に役立てたいと考え、このサイトを立ち上げました。
ヒデよりご挨拶

Return Top