Read Article

JCBカードのハワイ特典は会費無料のカードでも大丈夫か

JCBカードのハワイ特典は会費無料のカードでも大丈夫か

今回は、ハワイ旅行が初めての人のうち、JCBのクレジットカードを持っている人に伝えたい情報です。

ワイキキでは、JCBのカードがあると役立つ

以前、ワイキキではJCBカードがあると凄く便利になる理由の記事では、次のことをご紹介しています。

「ハワイにJCBブランドのクレジットカードを持っていくと何かと特典があるのでオススメです」

たとえば、その特典で、ワイキキトロリーのピンクラインに無料で乗れたり、ワイキキにあるラウンジを利用できたりします。

また同じ記事で、一般的に会費が高いと思われがちなJCBカードでも、「実は会費が無料または条件しだいで無料になるカードがある」と言うこともご紹介していました。

つまり、次の2点をご理解いただけたはずです。

  • ハワイでJCBカードがあると便利なこと
  • JCBカードは年会費が無料で作れること

私は以上を知った際、「じゃあ、本当に会費が無料のJCBカードでもハワイで特典を受けられるの?」、と心配になりました。そこで、実際にハワイで年会費が無料のJCBカードで特典を受けられるか試したんですね。その結果をご紹介します。

バッチリOK

先に結論から述べますと、年会費が無料のJCBカードでもバッチリOKで、ハワイ現地でJCBカードの特典を受けられました。

私が実際にハワイで試したのは、ENEOSカード(CARD S (スタンダード))と言うカードです。これは元々の年会費が1300円ちょっとなのですが、年にカードを1回でも利用すると、それが無料になるカードです。

このカードは、私は近所のENEOSのガソリンスタンドで「うちで給油して一度でもこのカードで払ってくれれば年会費はかかりませんよ」との売り文句につられて入会しました。事実その通りなので、このカードを持つこと自体は負担がないことが実感しています。

そして、このENEOSカードを、実際にオアフ島のワイキキ周辺で試した結果、まったく問題がなく特典を受けられました。つまり、JCBカードの年会費に関係なく、ハワイでは特典を受けられました。

具体的に確認したこと

では、具体的に、どのような特典が受けられたのかをご紹介すると。

まず、JCBカードには、ワイキキトロリーのピンクラインの無料乗車の特典があります。実際に試したところ、乗車時にこのENEOSカードをドライバーに提示するだけ問題なく乗れました。。

次に、ENEOSカードでワイキキにあるJCBプラザに入れるのかを試しました。その結果はもちろん大丈夫でした。おまけにウェットティッシュのプレゼントまで貰えました。ちなみにワイキキには、JCBプラザの窓口が2つあります。次の通りです。

  • DFSにあるJCBプラザ・ホノルル
  • ワイキキショッピングプラザにあるJCBプラザ ラウンジ・ホノルル

そして、今回私が確認したのはDFSの方なのですが、ワイキキショッピングプラザのラウンジも問題ないはずです。

最後に、JCBカードには、ワイキキ近くのアラモアナセンターのJCBと提携しているお店で買い物すると、値段の割引やギフトのプレゼントがもらえる特典があります。この特典は、カードの年会費がどうと言うことはまったく関係なく特典を受けられました。

それは、ワイキキ周辺で様々な場所に置いてあるJCBカードの優待ブックからも確認できました。その優待ブックに、特典を受けられる条件として、「優待ブックを提示し、JCBカードで決済すること」とあるからです。

JCBのマークがついたカードなら大丈夫

以上のように、ハワイで年会費の無料のENEOSカードで、実際にJCBの特典を受けられることが確認できました。

特にワイキキトロリーのピンクラインの無料乗車の特典は、助かりました。なぜなら、ちょっとワイキキ内を移動したいときの足として、とても便利だからです。

昨今このピンクラインは混雑していることが多いと言うデメリットがあります。一方でワイキキは端から端まで歩くとかなり距離があります。なので、このように無料でトロリーに乗車できると疲れた時にも気軽に利用でき助かります。

またJCBプラザを利用できる特典では、窓口のスタッフが日本語でホテルやレストラン、オプショナルツアーの予約を代行してくれます。これは英語が苦手な人にはありがたいサービスです。さらに、ワイキキショッピングプラザには、ラウンジもあるのでちょっとした休憩ができるので助かります。

今回ご紹介したように、年会費が無料のJCBカードでもハワイで特典を受けられます。なので、ハワイ旅行にはJCBカードを1枚準備しておくと本当に便利ですよ。

Return Top