はじめてのハワイ旅行

グランド・ワイキキアンでベビーベッドをレンタルした感想

2019年7月11日
グランド・ワイキキアンでベビーベッドをレンタルした感想

今回は、ハワイ旅行でオアフ島のヒルトン・ハワイアン・ビレッジにあるタイムシェアの宿泊施設、グランド・ワイキキアン(以下、ワイキキアン)に赤ちゃん連れで初めて宿泊する人に伝えたい情報です。

私は、2019年1月に4歳児と10ヶ月の赤ちゃん連れでワイキキアンに宿泊しました。その予約時に「ベビーベットを借りれますか?」とリクエストをしたところ、「確実に準備できるとは限りませんが、空きがあればBaby Cribをご用意できます。」ということになりました。

実際にワイキキアンに泊まった結果、Baby Cribを借りることができました。そこで今回は、それを赤ちゃんに利用させた感想をご紹介します。

ビニール製の簡易Baby Cribとなる

では、ワイキキアンで借りられるBaby Cribについて、ご紹介します。

まず一般的なBaby Cribからご紹介すると、これは、赤ちゃんを入れておく檻のようなものです。Googleの画像検索で、「baby crib」と検索すると、具体的にどんなものかがわかります。

この検索結果を見ると、木製もしくは金属製の柵でできた赤ちゃん用の檻で、その中に敷布団があるものだとわかるはずです。日本の一般的なベビーベッドが、腰より高い位置にその台が来るのに対し、Baby Cribでは赤ちゃんをかなり下の方に置くことになります。

私は、ワイキキアンで借りられるBaby Cribに対し、このような枠のあるしたちゃんとやつをイメージしていました。というのも、以前、上の子が赤ちゃんの時に宿泊した別のワイキキのホテルで、Baby Cribをレンタルした時には、ちゃんとした枠があるものを借りられたからです。

ところが、実際にワイキキアンで借りられたBaby Cribはビニール製の簡易的なタイプとなりました。この記事のトップの写真にある、緑色のやつです。写真をご覧いただくとわかる通り、その中には敷布団がないタイプとなっています。

短時間は入っていてくれるが結局出たがる

このワイキキアンで借りられた簡易的なBaby Cribを、実際に私の子供に利用させた感想をご紹介すると、短時間であれば入っていてくれました。

なので、ちょっと赤ちゃんから手を離して、自分が作業したい時間を作る目的では、便利に利用できました。

一方で、長時間、赤ちゃんを入れて放置できたかというと、私の子供の場合は、できませんでした。10分〜20分くらいすると、ぐずってしまいこのBaby Cribの中から出たがったからです。

おそらくですが、ぐずる原因として、このBaby Cribの側面がメッシュになっていることがあるようでした。中に入ると、親の姿が見えにくくなって不安を感じているように思われました。

いずれにせよ、ワイキキアンでBaby Cribをレンタルするにあたり、赤ちゃんの相性によっては、長時間入っていてくれない可能性がある点は、事前に想定しておいた方が良いです。

夜もベッド代わりに使えず結局添い寝になる

また、私の赤ちゃんの場合は、夜も、ベッド代わりにBaby Cribを使うことができませんでした。ご紹介した通り、ワイキキアンの簡易Baby Cribに長時間入りたがらなかったからです。

赤ちゃんを寝かしつけてから、こっそりこのBaby Cribの中に移動しても、途中で起きて泣き出す結果となりました。そのため、結局、親と一緒にベッドで添い寝することになりました。

これが、今回の赤ちゃん連れの旅行で、レンタルできるBaby Cribに期待していたことからすると、一番の誤算となりました。というのも、「ベッドで添い寝すると、赤ちゃんが落下する危険があって怖い」という考えがあったからこそ、Baby Cribをレンタルしたからです。

実際には、Baby Cribをレンタルしても、結局赤ちゃんと添い寝することになり、落下させないように気を使うことになりました。

スポンサーリンク




関連コンテンツ



スポンサーリンク




Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE