はじめてのハワイ旅行

5歳児・1歳児とのハワイ旅行で羽田空港の出国前エリアをどう過ごしたか?

5歳児・1歳児とのハワイ旅行で羽田空港の出国前エリアをどう過ごしたか?

今回は、小さい子連れでのハワイ旅行にあたり、羽田空港を利用するのが初めての人に伝えたい情報です。

私は、2019年8月に5歳児・1歳児・妻の4人でしたハワイ島旅行で、ハワイに向かう時の空港として、羽田空港の国際線ターミナルを利用しました。

その時に羽田の出国前エリアをどのように過ごしたかをご紹介します。

利用した便のスケジュールと羽田到着時間

初めに、この時のハワイ島旅行で利用した便のスケジュールからご紹介します。それが、羽田空港での行動時間の基準になるからです。

この時利用したのは、ハワイアン航空 856 便ホノルル行きで、この当時は、23時43分に羽田空港を出発するスケジュールでした。

一方、私たち家族が羽田空港に到着したのは、20時ちょっと前でした。昨今、アメリカに向かう国際線は、空港に3時間前に到着すること(この時は20時43分頃)が推奨されていますが、それよりももうちょっと早めの羽田到着となりました。

これは小さい子連れと言う不測の事態に備えて、早めに行動した結果です。「遅れて慌てるよりも、空港に早めに着いて待った方がマシ」という考えから、早めに羽田に到着することにしました。

チェックインが予想より早く済む

羽田に到着した後、まずしたのは、出発ロビーにある空いている椅子に座って、機内持ち込み荷物の整理をしました。

具体的には、スーツケースから機内に必要な持ち物を取り出したり、逆に不要なものをスーツケースにしまう作業をしました。

この作業を終えて、ハワイアン航空のチェックインカウンターに向かいその手続きを始めたのが、20時5分頃。そして、荷物を預けて航空券の発券が終わったのが、20時15分頃となりました。

今回、ハワイアンのチェックインが10分程度とかなりすぐに終わりました。その理由は、ハワイアンのカウンター前に行列ができておらず、行ったらすぐにチェックインをしてもらえた事にありました。

私は、ここで行列ができている前提で、20分から30分はかかる想定でおったので、「早く済んでよかったな〜」と感じました。

4Fの展示エリアで記念撮影・5F展望エリアで飛行機観察

というわけで、ハワイアン航空のカウンターでチェックインを終えて20時15分となりました。

もともと私は、この時の羽田空港では、さっさと出国審査を済ませて、出国後エリアに向かう考えていました。というのも、出国後エリアのクレジットカードラウンジでゆっくりしようと考えていたからです。

ですが、だいぶ時間に余裕があるので、出国前のエリアもちょっと寄ることにしました。そして、まず訪れたのは出国前エリア4Fにある展示エリアです。

私が利用した2019年8月は、その4Fの展示エリアに次の写真の向日葵が展示されており、そこで記念写真が撮影できるスポットとなっていました。

2019年8月、羽田空港国際線ターミナル、出国前エリア4Fの展示エリアの向日葵の様子
2019年8月、羽田空港国際線ターミナル、出国前エリア4Fの展示エリアの向日葵の様子

他、このエリアには、パイロットやCAになり切れる顔出しパネルなどがありました。そのパネルで、上の子の5歳児が楽しそうに写真を撮られていました。ちなみに、下の子はこの時にはベビーカーの上ですでに眠ってしまっている状況でした。

その後5Fの展望エリアに進み、そこから飛行機の飛び立つ様子などを観察して楽しみました。展望エリアは、天井のないオープンエリアとなっており、つまり外気に触れる環境になっています。ですが、この時は夏と言うこともあり、20時台でも全く寒さは感じませんでした。

2019年8月、羽田空港国際線ターミナル5F、展望エリアの様子
2019年8月、羽田空港国際線ターミナル5F、展望エリアの様子

そして、この展望エリアには、タッチパネルで空港内で働く車を解説するボードがありました。5歳児がそれを夢中になって操作して楽しんでいました。

このように4Fと5Fを過ごし終えて、20時50分頃となりました。時間にして35分程度、出国前エリアで過ごしたことになります。たったこれだけの時間でしたが、小さい子連れでの過ごし方として、十分楽しめました。その後、出国審査に向かうことにしました。

スポンサーリンク




関連コンテンツ



スポンサーリンク




Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE