はじめてのハワイ旅行

コナコーストリゾートのクーラーの正しい鍵の回し方

コナコーストリゾートのクーラーの正しい鍵の回し方

今回は、ハワイ島旅行でカイルアコナのコナコーストリゾートに初めて宿泊する人に伝えたい情報です。

私は、2019年8月にこの施設に初めて宿泊し、滞在したのは2ベッドルームの部屋タイプの建物でした。

その際、部屋のクーラーの付け方が最初わからず戸惑う体験をしました。ポイントは鍵を回す時の位置にありました。




滞在した部屋タイプと建物の位置

初めに私がコナコーストリゾートで滞在した部屋タイプと建物の位置についてご紹介します。

と言うのも、コナコーストリゾートは、広い敷地に2〜3階建ての低層の建物が立ち並んだリゾートとなっており、宿泊する部屋タイプや建物によって、その設備が異なるかもしれないからです。

私が滞在したのは、寝室が2つある2ベッドルームの部屋タイプでした。この記事のトップの写真が、私が滞在した部屋の玄関を出たところから、隣の同じ部屋タイプの建物(写真、左手)の様子を撮影したものです。このような感じで、私が宿泊した建物は2階建でした。その2階側の部屋に滞在しました。

その建物の位置としては、コナコーストリゾートのチェックインカウンターがある建物のすぐ近く(徒歩2分くらい)でした。寝室とベランダは、お隣のゴルフ場側に面していて、その眺望は、ゴルフ場越しに海が見える部屋でした。

エアコンを動かすための鍵がある

コナコーストリゾートに初めて滞在し、私は、これまでのハワイ旅行で滞在した宿泊施設では、体験したことがないシステムを知りました。

それは、エアコンの利用料が1日あたりで別途取られることです。その費用は私が利用した2019年8月当時で、11.03ドル/1日(+税)となっていました。

エアコンを利用したい場合は、チェックイン時にその旨を伝えて、エアコンを動かすための鍵を預かることになります。逆に必要なければこのタイミングで断ることもできました。

ただ、私が滞在した8月は暑かったので、少なくとも日中部屋の中で過ごすには、エアコンなしでは辛かったです。冬場に訪れていれば、また違ったかもしれません。

鍵を回し過ぎずIの位置で留めるのがポイント

次の写真は、私が滞在した部屋にあった、そのエアコンを動かすための鍵穴の様子です。

コナコーストリゾートの2ベッドルームのエアコンの鍵穴
コナコーストリゾートの2ベッドルームのエアコンの鍵穴

この鍵穴にチェックイン時に預かった、エアコンの鍵を差し込まないとエアコンが利用できないわけですね。ただ、私は最初、次のように鍵を差し込んでしまって、一向にエアコンが作動しない結果となりました。

ダメな例: コナコーストリゾートのエアコンの鍵穴に鍵差し込んだ様子
ダメな例: コナコーストリゾートのエアコンの鍵穴に鍵差し込んだ様子

上の写真のように差し込んだ鍵を回し過ぎるとダメでエアコンが作動しませんでした。そうではなく、次の写真のように正面から見てアルファベットのIの形になる位置で留める必要がありました。

良い例: 正しくコナコーストリゾートのエアコンの鍵穴に鍵差し込んだ様子、Iの位置で留める
良い例: 正しくコナコーストリゾートのエアコンの鍵穴に鍵差し込んだ様子、Iの位置で留める

このエアコンの鍵穴ですが、何も考えずに普通に回すと、「ダメな例」で紹介した位置まで回し過ぎてしまいます。それでエアコンを付けた気になるのですが、実際には作動せず「あれっ?」となります。

鍵を正しい位置で回し、エアコンが正常に作動すると、玄関外にある室外機が動作音がします。それでちゃんと正しい位置で鍵を留められたかの判断がつきます。

スポンサーリンク




関連コンテンツ



スポンサーリンク




Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE